「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news116.jpg

「KOF XII」や「タツノコVS.CAPCOM」が遊べる――第46回アミューズメントマシンショー (1/2)

千葉・幕張メッセで第46回アミューズメントマシンショーが開幕した。2月のAOU2008に引き続き、格闘ゲームが多い印象を受けた今回のアミューズメントマシンショー。主要メーカーのブースを中心に、注目タイトルを紹介していく。

photo

 日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)と全日本遊戯施設協会(JAPEA)が主催する「第46回アミューズメントマシンショー(AMショー)」が、千葉・幕張メッセにて開幕した。開催期間は9月18日から9月20日(一般公開日は20日のみ)。

 “遊びの未来へようこそ!”から“未来を遊ぶ!!”にテーマを変更した今回のAMショーは、セガやバンダイナムコゲームスなど54社が出展して開催されている。例年通り、出展各社の最新ゲームや展示機器をいち早くプレイすることができるほか、ゲームなどで獲得した景品は持ち帰ることも可能だ。

 ここ数年の流れに逆らわず、ネットワーク対応のビデオゲームの出展台数が堅調で、2月に開催された「AOU2008アミューズメント・エキスポ」と同様に、格闘ゲームを出展しているメーカーも多かった。また、女性層やファミリー層を意識したメダルゲーム機やプライズゲーム機も、ますます充実している印象を受けた。では、ビデオゲームを中心に、主要なメーカーブースの様子をお伝えしていこう。

タッチペンで操作するサッカーゲームなど――セガブース

 ステージ近くの目立つ位置には、2009年春に稼動予定の「タッチストライカー」、今冬に稼動予定の「ハーレーダビッドソン キングオブザロード」が設置されていた。

 タッチストライカーは、“タッチペン”のみですべての操作が行えるサッカーゲームで、選手をドラッグさせての“移動”、パスしたい場所をすばやく2回タッチしての“パス”など、「ドラッグ」「Wタッチ(すばやく2回タッチ)」だけで、ほぼすべての動作が行えるのが特徴となっている。ALL.Net対応で日本全国のプレイヤーたちとリアルタイム対戦が可能なほか、専用ICカードを使用して遊べば、段位や戦績の記録はもちろん、自分のチームをカスタマイズすることもできる。

photophoto

 ハーレーダビッドソン キングオブザロードは、ハーレーダビッドソンの全面協力を受けたバイクレースゲームで、プレイヤーはライバルたちと争いながら、制限時間内に各コースのゴール地点を目指すこととなる。ゲームに登場するハーレーには「FLSTF FAT BOY」「XL1200L SPORTSTER 1200 LOW」「1948 FL PANHEAD」などが用意されているほか、ゲーム中に流れるBGMには、Deep Purpleの「HIGHWAY STAR」を始めとした、70年代ロックの名曲を数多く使用している。

photophoto

 ブースの中に足を踏み入れると、まず目に付くのが「ネットワーク対戦クイズ アンサー×アンサー2」。テレビ番組のような演出と、全国のプレイヤーとオンライン対戦できることを特徴としたクイズゲームの続編で、本作では4人同時対戦を実現しているほか、自分のキャラクターをカスタマイズできるようになっている。稼動時期は今冬を予定。

 このほかの注目タイトルとしては、「ザ ハウス オブ ザ デッド」シリーズの番外編で、ゾンビカップルが悪の研究所から大脱走する愛の物語を描いたバラエティガンシューティング「愛されるより愛シタイ〜THE HOUSE OF THE DEAD EX〜」、起伏に富んだコースをタフなHUMMERが障害物を蹴散らしながらガンガン突き進むオフロードレースゲーム「HUMMER」が挙げられる。

photophotophoto (左から)ネットワーク対戦クイズ アンサー×アンサー2、愛されるより愛シタイ〜THE HOUSE OF THE DEAD EX〜、HUMMER

photo 現在稼働中の「バーチャファイター5 R」も出展されていた

改造バージョンの「戦場の絆」がお目見え――バンダイナムコゲームスブース

 今冬稼動予定の「機動戦士ガンダム 戦場の絆」のハードウェア改造バージョンに多くの注目が集まっていた。ハードウェア改造バージョンでは新たに、インカム機能を内蔵した「新型デラックスシート」、シンボルチャット機能を内蔵した「新型デラックスレバー」を導入したほか、ゲーム中に他店の仲間と連携をとるために必要な言葉を発声することで、シンボルチャットが自動発信される「ボイスシンボルチャット」を追加。仲間とのコミュニケーションを向上させるための改良が加えられている。

photophoto 機動戦士ガンダム 戦場の絆のハードウェア改造バージョン。改良後の筐体の展示も行われていた

 機動戦士ガンダム 戦場の絆のハードウェア改造バージョンに隣接する形で設置されていたのは「鉄拳6 BLOODLINE REBELLION」と「レイジング ストーム」の2タイトル。鉄拳6 BLOODLINE REBELLIONでは、「アリサ・ボスコノビッチ」「ラース・アレクサンダーソン」という新キャラクター2体の追加に伴い、既存キャラクターのリニューアルを実施しており、「鉄拳6」からゲームバランスを一新している。

 レイジング ストームは、非公式特殊部隊SCAR(Strategic Combat And Rescue)の隊員となって、大量の敵を一掃する大量破壊マシンガンゲーム。敵兵はAI処理により状況に応じて適切な行動を選択し襲い掛かってくるため、プレイするごとに変化する新鮮さ、緊張感あふれるバトルが展開するという。

photophoto (左から)鉄拳6 BLOODLINE REBELLION、レイジング ストーム

 このほかバンダイナムコブースには、真夜中の公道を舞台としたハイスピード公道バトル バイクレースゲーム「NIRIN」、新コースとして“名古屋高速環状”が登場する「湾岸ミッドナイト マキシマムチューン3 デラックス(仮称)」、「ガンダムVS.」シリーズの最新作「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT」、全112曲をラインアップする「太鼓の達人12」などがプレイアブル出展されていた。

photophotophoto (左から)NIRIN、湾岸ミッドナイト マキシマムチューン3 デラックス(仮称)、ガンダムVS.ガンダム NEXT

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping