「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news031.jpg

東京ゲームショウ2008 SCEJブース:PS3とPSP、いずれも充実のラインアップ――SCEJブースリポート

今月はPS3もPSPも新型が発売されるとあって、おそらく土日に盛況を見せるのではないかと思われるSCEJブース。PS3、PSPともになかなか魅力的な新作がそろってきた感がある。期待の新作をいち早くチェックしてみよう。

HALLで上映される映像は、今後の注目タイトルが目白押し:PS3エリア

 PS3コーナーでは多くのタイトルがプレイアブル出展されている。また、PS3エリアとPSPエリアにはさまれる形で、中央にPlaystation HALLがあり、最新タイトルのトレーラー映像が流れていた。

wk_081009sce01.jpgwk_081009sce02.jpg Playstation HALLではPS3タイトルの最新映像が流れるほか、時間によってはイベントも行われる

 HALLでの映像を確認したところ、こちらで映像を観ることができたタイトルは以下の通り。

 「白騎士物語」、「亡念のザムド」(アニメ作品)、「QUANTUM THEORY(仮)」、「のびのびBOY」、「ダービータイムオンライン」、「SILENT HILL HOME COMING」、「TOMB RADER UNDERWORLD」、「dress」、「鉄拳6」、「FAllout3」「真・三國無双 Empires」、「バイオニックコマンドー」、「FINAL FANTASY XIII」、「FINAL FANTASY Versus XIII」、「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」、「BAYONETTA」、「龍が如く3」。

 個人的には「亡念のザムド」の躍動感、「のびのびBOY」の謎さ加減、「BAYONETTA」の圧倒的な表現力が気になった。今回の東京ゲームショウを訪れるなら一見の価値ありな映像だと言える。

wk_081009sce03.jpg 「グランツーリスモ5プロローグ Spec III」は、本格的なドライブシミュレーター環境が整った運転席でプレイできる。車好きにはたまらない試遊台だ
wk_081009sce04.jpg 期待の新作タイトル「リトルビッグプラネット」の試遊コーナーは大盛況だった。かわいいリビッツの効果か、女性プレイヤーが多く見受けられたという印象
wk_081009sce05.jpg 「WWE 2009 Smack Down vs RAW」

wk_081009sce06.jpg 「ガンダム無双2」
wk_081009sce07.jpg 「FIFA09 WORLD CLASS SOCCER」
wk_081009sce08.jpg 「STREET FIGHTER IV」

wk_081009sce09.jpg 「SONIC WORLD ADVENTURE」
wk_081009sce10.jpg 「MOTOR STORM II」
wk_081009sce11.jpg 「NARUTO ナルティメットストーム」

wk_081009sce12.jpg 「ギターヒーローIII レジェンド オブ ロック」
wk_081009sce13.jpg KONAMIブースとの連動で「METAL GEAR ONLINE」がプレイできる! 興味はあるけどやったことがない、という人はこの機会にぜひ
wk_081009sce14.jpg 要身分証、17歳以上限定という“大人のゲームコーナー”。こちらでは「侍道3」「BIOHAZARD5」「SOCOM:CONFRONTATION」「KILLZONE2」「Demon's Souls」「RESISTANCE2」が遊べる。身分証を持参して挑もう

wk_081009sce15.jpg 17歳以上しか入れないエリアの前には、重装備の人が……。勝手に入ったら撃たれちゃう?
wk_081009sce16.jpg 「白騎士物語」は残念ながら映像のみの出展。SCEJブースではクローズドなエリアが作られ、トレーラー映像が上映されていた。映像を見たくて並ぶ人が後を絶たず、関心の高さがうかがえた
wk_081009sce17.jpg 配信専用タイトルがプレイできるプレイステーションストアコーナー

wk_081009sce18.jpg こちらでは「みんなでスペランカー」「ゴミ箱」「MR.PAIN」「flower」「linger in shadows」「ラグドールカンフー」「WipEout HD」「LUMINES Supernova」という8つの配信専用タイトルから1つだけ選んで試遊できる
wk_081009sce19.jpg ブースの一角にはPS3で配信中の「まいにちいっしょ」と、10月15日に配信予定の「まいにちいっしょポータブル」がプレイできるコーナーがあった

wk_081009sce20.jpg Playstation Home体験コーナーも設置されていた
wk_081009sce21.jpg こちらはブルーレイディスク展示コーナー

バラエティ豊かなタイトルを取り揃え、美・画面で魅せる 〜PSPエリア

 PSPタイトルの試遊コーナーも大勢の来場者で賑わっていた。当然のごとく(?)試遊機のPSPは、すべてPSP-3000。その発色のよい画面にまず驚かされることだろう。こちらで遊べるタイトルは以下の通り。

  • 「パタポン2 ドンチャカ♪」
  • 「LocoRoco2」
  • 「勇者のくせになまいきだor2」
  • 「クランク&ラチェット マル秘ミッション☆イグニッション!」
  • 「RESISTANCE:Retribution」
  • 「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」
  • 「アイドルマスターSP」
  • 「無双OROCHI 魔王再臨」
  • 「キングダムハーツ バース バイ スリープ」
  • 「戦国BASARA バトルヒーローズ」
  • 「サルゲッチュ ピポサル戦記」
  • 「真・三國無双 MULTI LAID」
  • 「遠隔捜査 −真実への23日間−」
  • 「銃声とダイヤモンド(仮)」
  • 「BLEACH〜ソウル・カーニバル〜」
  • 「起動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム」
  • 「DISSIDIA FINAL FANTASY」
wk_081009sce22.jpgwk_081009sce23.jpg 「パタポン2 ドンチャカ♪」「LocoRoco2」「勇者のくせになまいきだor2」「クランク&ラチェット マル秘ミッション☆イグニッション!」「RESISTANCE:Retribution」は、それぞれ試遊機が4つずつ用意され、パネルで仕切られたエリアでプレイすることができた
wk_081009sce24.jpg その他のタイトルはズラリと並んで試遊機2つずつ。タイトルによっては並んでいるものもあったが、比較的すぐにプレイすることができた

wk_081009sce25.jpgwk_081009sce26.jpg ブース向かって左奥には、発表されたばかりの新型PS3と10月16日に発売を控えた新型PSPが展示されていた。PSPは実際にアニメやゲーム画面を再生し、その美・画面っぷりをアピールしていた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping