「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news073.jpg

東京ゲームショウ2008 テクモブース:木下優樹菜さんも興奮! テクモ、PS3「QUANTUM THEORY(仮)」など新作3タイトルを発表 (1/3)

テクモブースで行われたプレスカンファレンスでは、PS3用TPS「QUANTUM THEORY(仮)」など、3つの完全新作が発表に。また「BASTARD!! -ONLINE-」および「DOA ONLINE」についても久々に新スクリーンショットが公開された。

image 冒頭、挨拶を行ったテクモ代表取締役会長兼社長・柿原康晴氏

 テクモが初日に開催した新作発表会では、独特の世界観を持ったPS3用TPS「QUANTUM THEORY(仮)」をはじめ、DS「AGAIN FBI超心理捜査官」、PSP「アンデッドナイツ(仮)」の3タイトルが新たに公開された。

 まず1本目、PS3で2009年発売予定の「QUANTUM THEORY(クウォンタム セオリー/仮)」は、謎に包まれた“生きている塔”が舞台のサード・パーソン・シューティング。プレイヤーは黒き破壊者・シドとなり、銃や拳などさまざまな武器を駆使しながら、異形の者たちが闊歩する塔の中を最上階目指して進んでいくことになるという。無機物とも有機物ともつかない、独特の造形と色彩に彩られつつも、どこか中世ヨーロッパふうの雰囲気をたたえた塔内のデザインが印象的だ。なおこの作品は、同社の「グローバル戦略タイトル」として、特に世界展開を重視した展開を行っていくとのことだった。

imageimage 最初は「TPSって何?」とお約束のボケをかましてくれた木下さんも、映像が紹介されると「超キレー! ヤバイ!」と大興奮
image 「AGAIN FBI超心理捜査官」のプロデューサーを務める、テクモの山口浩一氏と、開発を担当するシングの宮川卓也氏

 続いて発表された「AGAIN FBI超心理捜査官」は、海外ドラマ風の演出が特徴的なDS用アドベンチャーゲーム。主人公・ジェイは「プロヴィデンス連続殺人事件」と呼ばれる未解決猟奇事件のただひとりの生存者で、物語は事件から18年後、FBIの特別捜査官となった彼を中心に展開されていくという。ジェイには、過去をのぞき見ることができる「パストビジョン」という能力があり、これをいかに活用するかが謎解きのポイントとなるようだ。こちらは2009年春ごろ発売予定とのこと。

「AGAIN FBI超心理捜査官」スクリーンショット

imageimageimage
imageimage
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping