「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



東京ゲームショウ2008 テクモブース:お天気お姉さんは「アルゴス!」とプロデューサーにビンタ――蝶野選手でなくてよかったね

wk_081010tecmo01.jpg

 テクモから12月11日に発売予定のWii用ソフト「アルゴスの戦士 マッスルインパクト」のステージイベントに、日本テレビ「ラジかるッ」のお天気お姉さん・さとう里香さんと、新日本プロレスリングのプロレスラー蝶野正洋さんがゲストで登場した。

 本作プロデューサー高橋康明氏の指導のもと、2人はそれぞれ「アルゴスの戦士 マッスルインパクト」をプレイ。2人ともWiiリモコンとヌンチャクをぶんぶんと振り回し、さとうさんは「難しい」と慌てながらもステージ4まで進出。それに焦る蝶野選手だったが、迫力ある振りで次々と敵を撃破していく。どうやら、Wiiリモコンの振りが大きいほど、攻撃が強力になるらしく、大振りの蝶野選手はさとうさんよりも早いタイムをたたきだした。これは記録更新の期待も高まったが、ステージ4が開始してすぐに、Wiiリモコンとヌンチャクをつなぐコードがピンマイクにからまり、それを取り外そうとしているうちに立て直すことができずに負けてしまった。

 もっと面白いゲームにしてもらいたいとの期待を込めて、なぜか蝶野選手が高橋プロデュサーに気合を注入(ビンタ)するという流れになると、さすがに「オレがビンタするとケガするから」と、代わりにさとうさんがビンタすることになった。蝶野選手に羽交い締めされる高橋プロデューサーは、さすが逃げることもできず、あえなくさとうさんの平手打ちの音が会場に鳴り響いた。


wk_081010tecmo02.jpgwk_081010tecmo03.jpgwk_081010tecmo04.jpg はじめてビンタしたとさとうさん。これがアルゴスの開発もさらに向上することだろう

関連キーワード

テクモ | 東京ゲームショウ



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping