「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



東京ゲームショウ2008 アイレムソフトウェアエンジニアリングブース:東京ゲームショウに“起震車”現る

photo 思わず足を止めてしまう光景が広がる

 東京ゲームショウ2008の会場内で、ひときわ異彩を放っているのがアイレムソフトウェアエンジニアリングブースだ。起震車を軸にブースを構築しているのが理由で、PSP用ソフト「絶体絶命都市3 −壊れゆく街と彼女の歌−」のPRと、防災への意識を高めてもらうことを目的に、巨大地震体験イベントも実施している。

photophotophoto “震度4”“新潟県中越地震”“東海地震(今後想定される地震)”の3種類を体験できる。静止画なので分かりづらいが、東海地震では何かにつかまらないと座っていられないほどの揺れが起きていた

 プレイアブル出展されているのは、プレイステーション 3用ソフト「みんなでスペランカー」のみだが、“スペランカー”の知名度が高いこともあってか、常に人が絶えなかった。ちなみに、みんなでスペランカーには、デザインを一新した「リニューアルモード」と、昔懐かしい「クラシックモード」が用意されており、試遊台ではどちらかを選択して遊ぶことができた。

 このほか、PSP用ソフト「戦国絵札遊戯 不如帰−HOTOTOGISU−乱」「なりそこない英雄譚〜太陽と月の物語〜」の映像も出展されている。

photophoto 懐かしさも手伝ってか、みんなでスペランカーのコーナーには多くの人が集まっていた

関連キーワード

地震 | 東京ゲームショウ | PS3 | PSP | アイレム



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping