「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news039.jpg

東京ゲームショウ2008 カプコンブース:新キャラ発表――「Fate/Unlimited Codes」スペシャルトークステージ

カプコンブースで12月発売予定のPS2用格闘アクション「Fate/Unlimited Codes」のスペシャルトークステージを開催。新キャラ発表、デモプレイ、声優さん同士のガチンコバトルなど盛りだくさんのイベントだ。

3人目のPS2用オリジナルキャラはリーゼリット

 カプコンブースでは、10日13時より「Fate/Unlimited Codes」スペシャルトークステージが開かれた。まずは、プロデューサーの土屋和弘氏が登場した。

imageimage 土屋和弘プロデューサー

 冒頭、土屋氏は「PS2の新キャラとしてセイバーオルタ、セイバーリリィをすでに発表していて、今回体験版ではすでにさわっていただけます。体験版をさわった方なら分かるかと思うんですが、キャラクターの選択画面になぜか1つ空欄がありまして。実は新しいキャラがまだいるんです。今からここで観ていただく映像の中で、それが誰かわかります」と新キャラ発表を宣言した。

 そして既存キャラも登場するプロモーション映像が流れた。映像の終盤に登場したのが……今回発表となったリーゼリットだ。

imageimageimage 既存キャラの紹介映像が次々と流れていく
imageimage そして満を持して、新キャラ・リーゼリットの登場

 ここで壇上に現れたのが、開発スタッフの1人である井上ディレクター。土屋氏に代わってリーゼリットのデモプレイをする、とのこと。「みなさんに熱いプレイを見せます」と言う井上氏に「恥ずかしいプレイをしたら休暇をカットするよ(笑)」と土屋氏がハッパをかける。

imageimageimage リーゼリットを操りセイバーリリィに戦いを挑む、井上ディレクター(左)、左上の戦闘画面は、実際に井上氏とコンピュータが戦っている画面だ。コンピュータの操るキャラを新キャラであるセイバーリリィに決定し、井上氏の休暇を賭けた(?)熱いデモバトルが始まった(中)、フェイト/アンリミテッドコード スティックの発売も明らかにされた。ソフトと同時発売だ(右)

 デモンストレーション中に土屋氏からの解説が入る。「リーゼリットはかわいいんですが、ホムンクルスという人造人間です。かぼそいんですが実はパワーファイター。ダメージをくらってもひるまないアーマーの特性があります。アーマーを持つバーサーカーとはアーマーの特性が違います。あと、バーサーカーとの一番の違いは、かわいい(笑)ってところですね。プレイ後におじぎをしたりして礼儀正しいんです。魅力的なキャラクターです」

 と、土屋氏が説明をしている間に、なんと井上氏、コンピュータが操るセイバーリリィに敗北してしまった。「休暇返上だね(笑)。上司に言っておくよ」と言う土屋氏に対して、がっくり肩を落とす井上氏は「リーゼリットはホントはもっと強いんで、ぜひ使ってください」と来場者に言葉を残しステージを降りた。

2人の声優によるガチンコバトル 勝つのは士郎かバーサーカーか

 ステージの後半では、衛宮士郎役の杉山紀彰さんとイリヤスフィール・フォン・アインツベルン役の門脇舞以さんが登場した。

imageimage 衛宮士郎役の杉山紀彰さん
imageimage イリヤスフィール・フォン・アインツベルン役の門脇舞以さん
image 左がイリヤスフィール・フォン・アインツベルン/右が衛宮士郎

 司会者から自分の演じたキャラについて聞かれ、杉山さんは「作品自体が奥が深いですよね。士郎はセイバーの力を借りて戦っています。セイバー役の声優さんが今日はいないんですが、士郎なりにがんばります」とコメントした。続いて門脇さんは、アンリミテッドコードで久々に本編の雰囲気を思い出しました。最近はタイガーコロシアムなどでハイテンションなイリヤを多く演じていたので、この雰囲気がすばらしいと改めて思いました」と答えた。

 ここで夢の対戦カード、杉山さん操る士郎と門脇さん操るバーサーカーによるプレイが始まった。冒頭から士郎を圧倒する門脇さんのバーサーカー。2人とも思わず声が出てしまったり、悔しいミスをするとコメントするなどして、大いに盛り上がった。プレイしながら「連続で入力するのが、なかなかっ、出しづらいっ」と言う杉山さんに対して「下のゲージがたまるのが難しい〜」とコメントする門脇さん。2人とも操作やシステムに苦闘しながらも、お互いのライフを削っていく。

imageimageimage 2人とも大きなリアクションをとりながら、楽しそうにプレイしていた(左)、士郎をパワーで追い詰めるバーサーカー(中)、バーサーカーの猛攻を抑えきれず、力尽きてしまう士郎(右)

 結果としては、優勢だったバーサーカーがそのまま押し切り、2本先取で門脇さんの勝利。杉山さんは「パワーのバーサーカーに対して手数でいかなきゃいけなかったのに、コマンド入力がうまくできなかったですねぇ」と反省の弁を述べた。門脇さんは「やっぱり技がいいですね。受けちゃおうかなと思っちゃうんです、士郎、光った!みたいな」と、技描写のカッコよさがお気に入りの様子だった。

 戦いを終えた杉山さんは「12月18日発売なので、ちょうど年末に買っていただいて、年末年始に友人やご家族と遊んでいただければ、と思います。体験版をぜひ体験して、製品版を楽しみにしてください」と述べた。門脇さんは「本編をやったときのことを思い出しました。本編の力が入ったシーンはシナリオで収録されていたりしてます。絡んだことのないキャラとのシーンも楽しかったです。本編ではふれられなかった部分もたくさん楽しんでいただければ、と思います」とのコメント。土屋氏が「イベントシーンがフルボイス化してるんですよ」と付け加えた。

 最後に土屋氏。「『Fate/Unlimited Codes』は、原作は好きだけど格闘はちょっと……という方も遊べるように、初心者も存分に楽しんでいただけるようにしてます。上級者の方は、コンボ研究をしたり、やり込めるようにもなってます。いろいろな要素を可能な限りつめこんでます。開発スタッフ一同、ホントにみなさんに楽しんでもらえるものになると確かな手ごたえを感じてます。ぜひとも12月18日の発売日に手に入れていただきたいと思ってます」と本作へかける熱い意気込みを語った。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping