「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news003.jpg

東京ゲームショウ2008 セガブース:奥村初音さんの主題歌お披露目ライブ&我が家の体験プレイ――「ファンタシースターZERO」ステージイベント

セガブースで行われた「ファンタシースターZERO」のステージイベント。お笑い芸人の我が家がいち早くプレイしたいと会場に駆けつければ、主題歌を担当するのが歌手の奥村初音さんとなることが明らかになるなど、大盛り上がりの内容となった。

 東京ゲームショウ2008のセガブース内で「ファンタシースターZERO」(以下、PSZ)のステージイベントが行われた。

photo 酒井智史氏

 開発スタッフを代表して登壇したプロデューサーの酒井智史氏は、PSZについて「2006年に発売した『ファンタシースターユニバース』以来の完全新作で、今回は原点に戻るという意味でZEROと名づけた」と説明。その後、ゲームの舞台やシステムなどを紹介した。

 酒井氏が一番に取り上げたのは、ニンテンドーDSの下画面を利用し、書いた文字や絵をゲーム中の画面に表示できる“ビジュアルチャット”で、絵が苦手な人向けにログから他人の発言をショートカットに登録できる機能を搭載していることや、街中や戦闘中など、場所を選ばずどこでも利用できる点などが語られた。

 また、ゲームの舞台は“地球”と“月”になることが判明したほか、戦闘ではシリーズおなじみの3段攻撃やアクションパレットシステムといった要素に加え、新たにBボタンによる“回避”や、一定時間Aボタンを押しっぱなしにすることで発動する“チャージ攻撃”を導入したとの説明も行われた。なお、チャージ攻撃はセイバーやハンドガンといった武器だけでなく、テクニック(魔法)でも利用できる。


photophotophoto

photophotophoto (C)SEGA

photo 我が家。左から坪倉由幸さん、杉山裕之さん、谷田部俊さん

 酒井氏によるゲーム説明がひと段落したところで、ゲストとして“笑いの3LDK”ことお笑い芸人の「我が家」が登場。「ファンタシースターポータブル」(以下、PSP)発売記念イベント(関連記事参照)にも参加した我が家は今回、いち早くシリーズ最新作をプレイしたいとの思いから会場に駆けつけたのだという。

 坪倉由幸さんの下ネタに対し、杉山裕之さんの“言わせねぇよ”で締めるおなじみのネタで会場の空気を暖めた後、我が家と酒井氏による4人での協力プレイがスタート。やはりこれまでになかった要素が気になるのか、ビジュアルチャットやチャージ攻撃などを興奮しながら使用しているのが印象深かった。


photophotophoto 体験プレイ中の様子

 プレイ後には、「PSPも十分に面白かったが、PSZはさらにパワーアップしていると感じた」(坪倉さん)、「くだらないことも表現できるビジュアルチャットが楽しかった」(杉山さん)、「『ファンタシースターオンライン』からプレイしている身としては、どんなアイテムがあるのかも気になる」(谷田部俊さん)との感想を述べた我が家の3人。酒井氏から発売日が12月25日、価格が5040円(税込)であることを聞き、「安い! 絶対に買います」と即答していた。

photo 奥村初音さん

 我が家がステージから去った後、さらなるゲストとして歌手の奥村初音さんが登場。奥村さんの歌う「負けないココロ」が、PSZの主題歌に決定したことが明かされるとともに、お披露目ライブが行われた。

 なお、負けないココロは、ソフトの発売に先駆け、総合着信コンテンツサイト「セガカラMelody♪」(http://segakara.jp/、iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ共通URL)にて、ラストサビver.の着うた先行配信が開始されている。気になるファンは、こちらも合わせてチェックしてもらいたい。


photophotophoto ライブの様子。負けないココロを歌い終えた後、奥村さんは「(TGSの会場で歌うのは)ちょっと不思議な感じでしたが、温かく迎えてもらってうれしかったです」とコメントしていた


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping