「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news012.jpg

東京ゲームショウ2008 フロム・ソフトウェアブース:こだわり抜いて作られた「天誅」最新作 ――天誅4クリエイターセッション (1/2)

「天誅」シリーズは今年10周年! 発売を間近に控えた「天誅4」は初代「天誅」を作ったアクワイアが久々に開発に携わった。今回のステージでは、アクワイアのクリエイターたちと作曲の朝倉氏から、開発の裏話を聞くことができた。

猫がアイテム? アクワイアの3人に聞く「天誅4」開発秘話

imageimage

 「天誅4」は「天誅」シリーズ5年ぶりのナンバリングタイトル。初代「天誅」を手がけたアクワイアが開発に携わった忍者アクションゲームだ。アクワイアの開発ディレクター・金山圭輔氏、メインプランナー・阿部康弘氏、メインプログラマー・籾山伸弘氏に、司会者が質問をする形でステージが進行した。

imageimageimage 開発ディレクター・金山圭輔氏(左)メインプランナー・阿部康弘氏(中)メインプログラマー・籾山伸弘氏

――「天誅」がアクワイアの元に10年ぶりに戻ってきたわけですが、いかがですか。

籾山氏 多くの「天誅」ファンがそうだと思うんですが、私は初代「天誅」の大ファンなんです。それがきっかけでアクワイアに入りまして。ただ、入社した時にはすでに諸事情により「天誅」が作れない状態でしたので、天誅を作ることは、諦めていたというか考えてすらいなかったんですけども、今回「天誅4」を作るということで、かなり気合が入りました。

――「天誅4」のテーマは何なのでしょうか。

金山氏 やっぱり久しぶりの「天誅」ですので、一新したいという話が社内からもフロム・ソフトウェアさんからもありました。じゃあ何を一新したらいいのかというところで、すごく迷いました。やはり昔の「天誅」のいいところはベースに残して、Wiiのインタフェースを取り入れて、昔よりワンランクアップした「天誅」にしようと思って取り組みました。残した部分については賛否両論あるかもしれませんが、楽しんでいただけると思ってます。

――プラットフォームをWiiに移して、見所は変わりましたか。

金山氏 Wiiなんで、リモコンを使って何かできないか、その上でみなさんに忍者を体感してほしいというテーマがありました。基本部分は今までと同様なので、気持ちいい部分、暗殺したり、素早く動いたり、敵の攻撃をガードしたりという忍者独特のアクションをリモコンで体感してほしいですね。

――今回の開発で苦労したところはありますか。

籾山氏 一番大変だったのは、「Wii」という初めてのハードで、パフォーマンスがどのくらい出るのか、どこまでできるのかというのが不明だったところですね。リモコンにはかなり苦労しました。右利きだと左に振るのと右に振るので振りの強さが違います。左利きなら逆ですよね。そのへんの落とし所は苦労しました。

――見てほしいところ、こだわって開発したところはありますか。

阿部氏 アクワイアは和物のゲームを多く扱っているので、和のテイストのビジュアルは得意分野です。「天誅4」も非常にアクワイアらしいゲームになりました。あと、必殺の種類が増えて、25種類もあります。敵の背中からリモコンを振った方向に切りつけたり、隠れる場所によって敵の殺し方が変わったりするんです。

――特に気に入った必殺はありますか。

阿部氏 全部ですね。リモコンを振って、振った対象に対して直感的に必殺ができるようになってます。モーションキャプチャーでリモコンの振りに合わせて必殺を作るという苦労がありました。そのあたりの苦労は報われたんじゃないかな。すべての必殺が気に入ってます。ぜひすべての必殺を見てほしいですね。

――アクワイアならではの特殊情報がある、と聞いてますが。

阿部氏 あまり大きな声では言えないんですが、「天誅」おなじみの“あのキャラ”が、もしかしたらプレイヤーキャラとして使える、かもしれないですね。

――プレイで先に進むためのテクニックを教えてください。

阿部氏 練習です。ウソです(笑)。今回は、シチュエーションに合わせて同じアイテムでも複数の使い方があります。たとえば手裏剣はろうそくを消すためにも使えます。各アイテムのさまざまな使い方を探っていけば、攻略できるんじゃないかと思います。

――3部作だと聞いているんですが。

金山氏 “4”がまだ発売されていないので、あまり大きな声では言えないんですが、次回作は予定しています。“4”のシナリオは意外な結末で、これは“5”につながります。“4”のラストは力丸、彩女の行く末をうかがえる面白いものになっていますよ。

――アクワイアならではのおもしろネタはありますか。

籾山氏 アイテムで猫を使うことができます。猫を使って探索ができるんです。敵の配置を事前にチェックしたり、アイテムを拾わせたりとかですね。ただ、乱暴に扱うと怒ります。使う時にリモコンをガチャガチャ振ったりすると怒って、言うことを聞いてくれなくなります。

金山氏 マニュアルには書かれていない動作があります。火を消すための水が入った水筒があるんですが、その水を使うときに、リモコンを飲むような動きをすると、水を飲めるんです。飲んだ時の効果はご自分で確かめてください。

――ファンにメッセージをください。

籾山氏 「天誅4」という正式なナンバリングタイトルではあるんですが、「天誅」というゲームはこうあるべきだという先入観を捨てて、新しい「天誅」としてプレイしていただければ幸いです。

阿部氏 シナリオを担当したんですが、大きい枠での勧善懲悪とか権力の争いなどはありつつ、力丸あやめの個人をフィーチャーしたので、そのあたりを注目してほしいですね。

金山氏 リモコンを使った操作をはじめとして、いろんなところが新しくなってます。Wiiを持っている方も持っていない方も、ぜひ体験版をプレイして独特の体験を味わってほしい。ファン以外の方にもぜひプレイしていただきたいですね。

imageimageimage Wiiリモコンで忍者を体感できる
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping