「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news068.jpg

ゲームオン、同社の人気タイトルが一堂に会する「ゲームオンフェスタ2008」を開催 (1/3)

ゲームオンは10月19日、同社の運営するオンラインゲームを集めたファンイベント「ゲームオンフェスタ2008」を、東京・池袋の池袋サンシャインシティにて開催した。

wk_081020go01.jpg ゲームオンとしては初の大規模オフラインイベント。来場者数はトータルで5000人以上にのぼった

 「RED STONE」や「Soul of the Ultimate Nation(SUN)」など、ゲームオンの運営タイトルを集めたオンラインゲームイベント「ゲームオンフェスタ2008」(入場無料)が、10月19日、東京・池袋の池袋サンシャインシティにて開催された。

 会場内はタイトル別にコーナーで区切られており、それぞれの世界観をモチーフにした展示やアトラクションが楽しめる構成。メインステージでは、「RED STONE」の世界大会出場権をかけた「WCG 2008 日本大会決勝戦」をはじめ、まだ正式サービス前の新作タイトル発表会なども行われ、こちらも大いに盛り上がっていた。ここではステージイベントの内容を中心に、会場内の様子をお伝えしていこう。

「RED STONE」ドイツ行きの切符をかけ、6チーム24人が激突

 当日のイベントの中でもっとも注目を集めたものといえば、やはり「RED STONE」の「WCG 2008 日本大会決勝戦」だろう。ステージ上では、オンライン予選を勝ち上がってきた強豪6チームが激突し、決勝トーナメントにふさわしい熱戦を繰り広げた。ちなみに本大会は、世界74カ国が参加するゲームイベント「World Cyber Games(WCG)2008」の一環として行われたもので、優勝チームは、11月にドイツ・ケルンで行われる世界大会への切符を手に入れることができる。自分たちの「代表」が誰になるのか――という期待も含め、参加者たちの注目度はかなり高かったようだ。

 結局、6チームによるトーナメントを制したのは、予選1位通過の「シーサイドコテージ」を、激戦の末見事決勝で破った「ハッピースイーツ」チーム。このチームは剣士+ウィザード+ビショップ+ネクロマンサーという防御重視の編成で、1回戦〜決勝までで取られたスコアはわずか6点(1人倒すと1点入り、20点先取または時間切れ時点でスコアの多かったチームの勝利)という、守りの固さがとにかく印象的だった。組み合わせの相性によってワンサイドゲームに陥りやすい本作において、この安定感はお見事というほかない。特に準決勝、決勝では、本作にしては珍しく時間切れまでもつれ込む長期戦となり、どちらかに1点入るだけでも観客から「おおー!」という歓声があがるほどの好勝負が展開された。世界大会でもその粘り腰の戦いで、存分に日本勢の強さを見せつけてきてほしいところだ。

wk_081020go02.jpg 根強い人気を誇る「RED STONE」。ステージ周辺は代表チーム決定の瞬間を見ようとするファンたちでいっぱいに
wk_081020go03.jpg レベルやアイテムなど、条件は互いに互角。あとはチームの戦略と、個々のプレイヤースキルが勝敗を分けた

wk_081020go04.jpg 優勝チームが決定した瞬間。敗れた「シーサイドコテージ」も、ここまで勝ち上がってきただけあってすばらしい戦いを見せてくれた
wk_081020go05.jpg 見事優勝した「ハッピースイーツ」のメンバーと、「RED STONE」開発元であるL&Kロジックコリア社長、ナム・テグォン氏(中央)

「FIFA ONLINE 2」本日からオープンサービス開始!

 事前の発表では「シークレット」として詳細が伏せられていた午後のステージでは、現在クローズドβテスト中の「EA SPORTS. FIFA Online 2」のサービスについて、スペシャルゲストも迎えつつ発表が行われた。これによると、なんとオープンサービス開始は10月20日、つまり本日から。発表の翌日からいきなりプレイ可能というサプライズに、会場は大きな拍手に包まれていた。

 ステージでは、本作のプロデューサーである村上満氏がゲーム内容について説明。村上氏によると、本作はオンラインゲームとしては初のFIFA公認サッカーゲームで、世界30リーグから合計1万人以上の選手を実名で収録。プレイヤーは好みの選手を獲得・強化しながら自分だけのチームを育て、オンラインで他のプレイヤーと戦っていくことが可能だという。またオープンサービスでは、新たに2対2の対戦形式や、4人まで参加可能なトーナメントモードなども実装されることも明らかにされた。

 また、ここでステージ上には、なんとスペシャルゲストとしてサッカーコメンテーターのトニー・クロスビーさんも登場。リバプール出身のトニーさんのために、村上氏がリバプールを使用して試合シーンを実演してみせると、「ナニヤッテンダー!」「ファールダヨー!」と、まるで本物の試合を見ているかのように大興奮。残念ながら村上氏のリバプールは、マーケティング部・舘竜太氏の操るマンチェスター・ユナイテッドに0-2で負けてしまったのだが、トニーさんは「ワタシガヤッタラ、リバプール勝ツヨー!」とプレイ意欲満々の様子だった。ちなみにトニーさんは今回、本作のテレビCMにもナレーションとして出演しているので、放送された際にはぜひチェックしてみてほしい。

wk_081020go06.jpg 突然のゲスト、トニー・クロスビーさんの登場に、会場からは大きな歓声と拍手が起こっていた
wk_081020go07.jpg トニーさんお気に入りのリバプールを選んだ村上プロデューサー。しかしいきなり先制点を決められてしまい大ピンチに

wk_081020go08.jpg 2人の試合を見ながら、大興奮のトニーさん。しかし応援もむなしく、村上氏のリバプールは敗北……
wk_081020go09.jpg 会場で初公開となったCM映像。キャッチコピーに合わせて、「マジカヨー!」といった、トニーさんのナレーションが入る
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping