「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news094.jpg

300人以上が集結――「エヌ・シー・ジャパンが行く!〜日本縦断ユーザーカンファレンス 2008」名古屋編

MMORPG「リネージュII」オフラインイベント「エヌ・シー・ジャパンが行く!」の第4弾が、愛知県内にあるリネージュII公認ネットカフェにて行われた。

 10月25日、MMORPG「リネージュII」オフラインイベント「エヌ・シー・ジャパンが行く!」の第4弾が愛知県内にあるリネージュII公認ネットカフェ「プラスカフェ 東郷店」にて開催された。今回も第3弾までと同様に、特別サーバーを利用したユニークなアトラクションやリネージュII開発コーディネーターを交えた意見交換会などが行われた。

photophotophoto 前日をプラスカフェ 東郷店で過ごす徹夜組(?)も出たという「エヌ・シー・ジャパンが行く!」第4弾。来場者数は過去最高となる320人を記録した

ペナルティがあるからこそゲームは楽しい? 「クリエイティブ コミュニケーション」

photo 申敏秀氏

 入場時に配られるアンケート用紙に記入されたリネージュIIへの要望・意見に、開発コーディネーターの申敏秀(シンミンス)氏が答える「クリエイティブ コミュニケーション」では、今回も興味深い意見・要望が寄せられた。いくつかピックアップして紹介していく。

Q ひとつのアカウントに2キャラクターいますが、アカウントを別に作って移動させたい。

A 技術的には問題ないはずですが、課金が2倍になります。大丈夫でしょうか? (課金が2倍にならないように)各チームと相談して付加サービスとして企画してみます。別の考え方として、自分のアカウントの中にあるほかのキャラクターを召喚するシステムはどうでしょうか。これはかなり難しいですけど……。

Q メインとサブのクラスを入れ替えるイベント(の予定)はありますか?

A 韓国で1回行いましたが、開発側の意見としては最初に選んだものを変えたりするのは正しくないと考えている部分があります。ただ、それを望んでいるユーザーが多いのであればやるしかない。必要であればやるべきことだとは思っているので検討します。

Q アカウントの作成時期などにより、長く遊んでいるユーザーへの優遇措置を設けてほしい。社会人で週末にしか遊べないため、ヘビーユーザーに追いつかれる一方でいいことがない。

A クロノ武器の数でいつからやっているかが分かると思うので、例えばクロノ武器を5つ持っていれば入れるダンジョンとかはどうでしょう? (クロノ武器は売買できたので問題があるとの意見を受けて)長くプレイしている意味を付与するのは必ずやりたいことなので何とかします。それが何になるかは今後を楽しみにしてください。

Q 狩場を広げるという意味で水中戦を導入してほしい。

A 水中戦はあるといえばありますが、普通のフィールドと同じ感じになっているので、もっと楽しくできるようにしたいと思います。ただ、水中戦よりも空中戦が先に実装されるので、その後に。

Q ネットカフェのポイントをもらえるタイミングをもう少し早くしてほしい。もしくはポイントをアップしてほしい。

A ネットカフェの新しいイベントを企画しています。それがポイントとつながるかどうかはまだ決まっていませんが、短い間でも十分に楽しめるものを追加して、ネットカフェをもっと活性化させていきたい。

Q ソーシャルを細かく作成できるエディタを追加してほしい。

A リネージュIIのようなMMORPGでは、その人の行動を回りに見せなければなりません。具体的には回りの人がその行動に関するデータを受け取るということで、データ量が膨大になることによる危険がある。ただ、検討できる部分としては、部分的にソーシャルアクションを入れて、それを組み合わせるシステムは可能かもしれません。かなり時間はかかるのでしょうが……。

Q ポモナイベントはいつも桃ですが、レアなものを作ってはいかがでしょうか。夏はスイカとか。

A すごく楽しい意見だと思います。ポモナイベントをやるたびに、掲示板に“ポモナはもうやるなよ”と書かれていて悩んでいたんですが、そういったイメージ的な部分を変えるのは検討したい。ポモナが割れたら食べ物がたくさん出てくるとかも面白そうですね。来年のポモナに期待してください。

Q ウォースミス(ドワーフ)は名前の通り鍛冶屋で、リネージュIIのキャラクター紹介の中にも“製作などでお金を稼いでレベルアップできる”といったことが書いてあった。単純に狩りだけでなく、職業の目的別にキャラクターの性能を伸ばせるようにしてほしい。

A 待ってましたという意見ですね。こういう意見は(個人的に)好きです。製作の職業なら製作の専門家にならなければいけないと思うので、そういうスキルを企画して追加するようにします。

Q 各種族の職業を増やしてほしい。特にオーク、ドワーフ、カマエル。

A 開発側としては一番難しいところです。カマエルを追加した時に、すべてのバランスを見直さなければならなかった。ひとつ追加して終わりではなく、全体のバランスを見直さなければならず、かなり大きなアップデートになってしまいます。約束まではできませんが、カマエルが追加された時のように、新しい種族や職業というのは常に検討している部分なので、いつかは出てくるはずです。

Q 製作ペナルティをなくしてください。せめて素材を半分返してください。

A (気持ちは)分かります。ただ、それがないと楽しくないんじゃないですかね。どのゲームでも全部が全部できるでは面白くない。ペナルティがあるからこそゲームは面白いと考えます。ただ、それが嫌でゲームを止められてしまっても困るので検討します。

ベテランプレイヤーも答えられない難問が登場――「アデン大陸SSクイズ」

 所属サーバーごとにA〜Dのチームに分かれて行われた「サーバー対抗 アデン大陸SSクイズ」では、これまであまりにアッサリと正解されてしまっていたせいか、スクリーンショット1枚だけではとても分からないような問題もいくつか用意されていた。

 最終的には「オーク村にいるNPCの組み合わせで正しいものはどれ?」という難問を解いたDチームが勝利し、賞品のぬいぐるみ「アガシオンのリトルエンジェル」を手に入れた。ベテランプレイヤーたちを悩ませた問題を以下にお届けするので、自信のある方はぜひとも挑戦してもらいたい(正解は本ページ“関連記事の上”を参照)。

photophotophoto 第2問。多くのヒントが出されたものの、正解チームのなかった唯一の問題だ

photophotophoto (写真左、中央)第6問、(写真右)第7問

 来場者の中から選ばれた50名が「黄昏の革命軍」「黎明の君主達」に分かれ、エヌ・シー・ジャパン軍が占拠している城の攻略を目指す「エヌ・シー・ジャパンからの挑戦状!」は、舞台をディオン城からオーレン城に移して実施。「レン」「カール」「アヴェント」が英雄としてエヌ・シー・ジャパン軍の助っ人として登場するなど、見どころの多い戦いとなった。

 勝利血盟は黎明の君主達。最初に城主の座を手にしたのは黄昏の革命軍だったが、エヌ・シー・ジャパン軍と共闘することで刻印部屋までスムーズに進攻した黎明の君主達が、終了2分前というタイミングで刻印に成功し、そのまま終了となった。

photophotophoto エヌ・シー・ジャパンからの挑戦状!の様子。途中、誰にでも攻撃できるというアカマナフの特性を生かし、血盟主の刻印を邪魔するというファインプレーも飛び出した

photophoto イベントの最後には、こちらもすっかり恒例となったじゃんけん大会「じゃんけんポモナ」が行われた

アデン大陸SSクイズの正解はQ2が(1)、Q6が(2)、Q7が(2)



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping