「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news114.jpg

カプコンの最新格闘ゲームが集結――「カプコン大格闘祭〜俺より強い奴に会いに行く2008〜」 (1/2)

カプコンの最新対戦格闘ゲームのイベント「カプコン大格闘祭〜俺より強い奴に会いに行く2008〜」が開催。「ストリートファイターIV」「タツノコVS. CAPCOM」のステージイベントには、それぞれの作品に出演する声優陣も登場した。

 カプコンは11月3日、同社の最新対戦格闘ゲームのイベント「カプコン大格闘祭〜俺より強い奴に会いに行く2008〜」を開催した。本イベントでは、プレイステーション 3/Xbox 360用ソフト「ストリートファイターIV」、Wii用ソフト「タツノコVS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES(以下、タツノコVS. CAPCOM)」、プレイステーション 2用ソフト「Fate/unlimited codes」などが遊べたほか、ストリートファイターIV、タツノコVS. CAPCOMの声優陣を招いてのステージイベントを実施。また、アーケード版ストリートファイターIVの全国大会予選 in 大格闘祭なども行われた。

長編アニメーションは先着購入特典に――ストリートファイターIV スーパーステージ

photo

 ストリートファイターIV スーパーステージでは、まずプロデューサーの小野義徳氏が登場。「さくら」「豪鬼」「剛拳」「ダン」「フェイロン」といったプレイステーション 3/Xbox 360版で追加されるキャラクターなどに加え、東京ゲームショウ2008のステージイベントでも発表された実写映画「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」や、STUDIO4℃が制作する長編アニメーション、男性ダンスボーカルグループ「EXILE」とのコラボレーション企画などを改めて紹介した。

 なお、長編アニメーションは、先着購入特典のDVDに収録されることが判明。会場で流された5分程度のダイジェスト版では、クリムゾン・ヴァイパーとリュウの戦闘シーンや、さくらと春麗が共闘するシーンなどを確認できた。小野氏曰く「今回お見せしたのは10分の1ぐらい」とのことで、1時間近くのアニメーションとなることが予想される。


photophotophoto 映画の紹介などに合わせて、「中國家常菜 紅虎餃子房」と「中国面飯店 万豚記」とのコラボレーションメニューも公開された

photophotophoto

photophotophoto 会場で放映された長編アニメーションのスクリーンショット

photo

 小野氏の話がひと段落したところで、リュウ役の高橋広樹さん、ケン役の岸祐二さん、サクラ役の福圓美里さんを迎えてのトークショーが行われた。

photo (左から)福圓美里さん、岸祐二さん、高橋広樹さん

 ストリートファイターIVのオーディションは、タイトル名や役名などをいっさい教えずに実施したとのことで、高橋さんは当時を「事務所からは“某格闘ゲームのオーディションに行ってくれ”と言われました。何だろう? と思っていたら、オーディション用台本に“波動拳”“昇龍拳”“竜巻旋風脚”と書いてあったんです(笑)」と振り返る。

 リュウ役に選ばれたと知った時は「ものすごい責任を感じた」そうだが、「同時に、意外な結果できょとんとしてしまいました」ともコメント。実は高橋さん、別のキャラクターの候補としてオーディションに行っていたらしく、リュウ役のオーディションは“ついで”だったとのこと。これに反応したのは小野氏で「リュウ役の声優さんが難航していて、高橋さんに演じてもらったらピタッとハマったんです。(高橋さんに)受けてもらって本当に良かったです」と説明していた。

 「ストリートファイターIII 3rd STRIKE ‐Fight for the Future‐」でケンを演じている岸さんにも、やはりタイトル名や役名などは明かされなかったという。「“某格闘家”と書いてありました。まさかリュウ? とも思いましたが、やっぱりケンでしたね」振り返ってくれた。

 「ストリートファイターと言えば、ゲーム音痴の私ですら知っているタイトルなので、本当にびっくりしました」とコメントしていたのは福圓さん。サクラは“永遠の女子高生”ということで、演じるのが難しかったのでは? との質問には、「“永遠の”というフレーズが付いていたので、むしろやりやすかったです(笑)」と答えていた。

 また、小野氏から「収録時に何回もリテイクを出してしまい、すみませんでした」と話を振られた高橋さんは、「僕自身、『ストリートファイターII』からシリーズをプレイしていますし、そういった歴史を無視できないんです。でも、ストリートファイターIVのリュウというものを出さなければならない。そういった中でディスカッションをさせていただき、役作りができたのは幸せなことでした」とコメント。ただし、続けて「収録の翌日は声が枯れていましたけどね(笑)」と付け加えるのも忘れなかった。

 初めて演じる役ではないだけに、ほかの2人よりも余裕があったと思われる岸さんだが、ある難問が立ちはだかったという。曰く「約10年ぶりにケンを演じたのに、ストリートファイターIVは前作よりも3年前という設定なんです。声と性格はおっさんになってしまったので、非常に難しかったです」とのことだった。

 福圓さんはサクラを演じるうえで気をつけたことに“バランス”を挙げる。「かわいすぎず、野太くなりすぎずといったことを意識しました。ただ、サクラはちょっと浮いているというか、ほかのキャラクターが低音で格好良いので、(ほかに比べて高音のサクラが)嫌味になりすぎないように気をつけました」(福圓さん)。ちなみにここでは、小野氏から福圓さんに対し「良い意味でKYな感じで演じていただけました(笑)」との賛辞(?)が贈られた。

 最後には、それぞれが「ストリートファイターIVのリュウとして、初めて皆さんの前であいさつができたことをうれしく思います。末永くよろしくお願いします」(高橋さん)、「ケンと付き合って10年が経ちますが、皆さんがケンを愛するよりも、私はケンを愛していこうと思っています。これからもずっとやっていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いします」(岸さん)、「サクラはアーケード版には登場しないので、しばらくは演じていることを言えなかったんですが、皆さんの前で“私がサクラだよ”と言えることをうれしく思います。この仕事をやっていて、初めて普通の友人から尊敬されました(笑)。それぐらい認知度の高い、愛されている作品に出れたことをうれしく思っています。これからもサクラともどもよろしくお願いします」(福圓さん)とあいさつを行い、スーパーステージは幕を閉じた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping