「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news068.jpg

週間ソフト販売ランキング:ギネス記録ホルダーです

マルチで展開した「グランド・セフト・オートIV」ですが、初週はPS3に軍配があがったようです。

週間ソフト・セルスルーランキング

2008年10月27日〜2008年11月2日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PS3グランド・セフト・オートIVカプコン2008年10月30日8390円13万300013万3000
2NDSヴァルキリープロファイル -咎を背負う者-スクウェア・エニックス2008年11月1日5040円8万8万
3PS3リトルビッグプラネット(同梱版含む)SCE2008年10月30日5980円5万20005万2000
4NDSポケットモンスター プラチナポケモン2008年9月13日4800円4万7000185万4000
5NDSわがままファッション ガールズモード任天堂2008年10月23日4800円4万11万6000
6NDSリズム天国ゴールド任天堂2008年7月31日3800円3万9000108万9000
7PS3グランツーリスモ5 プロローグ Spec III(同梱版含む)SCE2008年10月30日4980円3万50003万5000
8360グランド・セフト・オートIVカプコン2008年10月30日8390円3万40003万4000
9NDS歩いてわかる 生活リズムDS任天堂2008年11月1日5800円2万60002万6000
10NDSシドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+スクウェア・エニックス2008年10月30日5040円2万60002万6000

メディアクリエイト調べ


 秋の豊作とばかりに、初登場タイトルが続々と名を連ねております。ランキング外でも新作が並んでおり、いよいよ年末商戦も近くなってきたといった印象です。

 さて、ご覧のとおり販売ランキングトップは「グランド・セフト・オートIV」のプレイステーション 3版がさくっともぎ取っております。しばらくぶりのナンバリングタイトル(シリーズ第11作目)として北米・欧州で発売されるや、初週だけで販売本数が600万本を突破したケタ違いのお化けタイトルが、ようやく日本でもPS3版とXbox 360版のマルチで発売されたのです(PC版も発売予定)。

 ちなみに、発売初日だけで3億1万ドルを売ったといわれる本作は、エンターテインメント業界において「ハリー・ポッターと死の秘宝」が持つ、初日2億2000万ドルの売上記録をあっさり更新したことも追記しておきます。「グランド・セフト・オートIV」の総開発費は1億ドルとも言われていますが、余裕で回収したことになります。

 オープンワールド型クライムアクションゲームとして認知されている「グランド・セフト・オート」(以下、GTA)シリーズですが、本作ではゲーム中、ケータイを駆使したり、運転がよりシビアになったり(車両の破壊やハイウェイの料金所など)、犯罪行為に対しても相当のリスクを背負うなど、より現実的になっています(当然、暴力表現などを理由にCEROのZ指定を受けています)。

 すでに待ちきれないファンは、海外版でプレイしているとのことですが、今後どれだけ日本語版が販売本数を伸ばせるか注目したいものです。それにしても、日本ではPS3版の方が多く買い求められたんですね。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping