「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



「裁判員」を疑似体験――「もしも!?裁判員に選ばれたら…」11月27日に発売

photo

 タカラトミーは、ニンテンドーDS用ソフト「もしも!?裁判員に選ばれたら…」を、11月27日に発売する。価格は5040円。

 本作は、2009年5月21日の「裁判員制度」施行に先駆け、ゲームソフトの世界の中で「裁判員」を疑似体験することで、制度を理解してもらうことを目的に開発した、裁判員制度体験シミュレーションソフト。

 物語はプレイヤーに裁判所から、ある日1通の封筒が届くところから始まる。選任手続きを経て裁判員となり、事件の説明があり「公判」に入る。人定質問、起訴状の朗読に始まり、2日目以降の「評議」、それに続く「判決」を出すまでのプロセスのシミュレーションが行える。ゲームの中では実際の裁判をリアルに再現しており、プレイをしながら実際の裁判の流れや裁判員制度について自然に理解を深めることができる。

 同ソフトは、「裁判員制度」の設計段階から関与している、早稲田大学法科大学院の教授で弁護士の四宮啓氏が監修。制度をわかりやすく解説した「裁判員制度辞典」や、裁判の専門用語が分かる「用語集」も収録されている。

 なお、生活の中で体験するテーマやチャレンジ課題を疑似体験できる「もしも!?シリーズ」の第1弾として、禁煙を目指す人に向けた支援ソフト「もしも!?禁煙するなら…」も同日発売される。

商品名 もしも!?裁判員に選ばれたら…
価格 5040円
発売日 11月27日
対応機種 ニンテンドーDS
ジャンル 体験シミュレーション
プレイ人数 1人
(C)2008 TOMY

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping