「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news089.jpg

冬の北海道、「リネージュII」ファンは温かかった――「エヌ・シー・ジャパンが行く!」札幌編 (1/2)

全国6都市を縦断して行われる、MMORPG「リネージュII」のオフラインイベント「エヌ・シー・ジャパンが行く!」が、ついに札幌へやってきた。気温は0度を下回ったが、ファンの熱気はすごかった。

photo

 11月22日、MMORPG「リネージュII 〜The Chaotic Throne〜」オフラインミーティング&ユーザーカンファレンス「エヌ・シー・ジャパンが行く!〜日本縦断ユーザーカンファレンス 2008」(以下、エヌ・シー・ジャパンが行く!)の第5弾が、「リネ―ジュII」公認ネットカフェ「やすらぎくらぶ清田2条店」で開催された。

 エヌ・シー・ジャパンが行く!は、これまでに福岡、広島、大阪、名古屋と全国各地を回っており、今回ついに最北の地、北海道・札幌までやってきた。この日の札幌の最低気温は−1.8度。凍える記者やスタッフを尻目に、大勢の「リネージュII」ファンが開場前に集まった。

難易度が高くなった「アデン大陸SSクイズ」 しかしまたもサービスチーム撃沈?

photo GTになったサーバ対抗「アデン大陸SSクイズ」

 第5弾プログラムは、これまで同様特別サーバを利用したゲーム大会や「リネージュII」の開発コーディネーターを交えた意見交換会など、約5時間に及ぶ盛りだくさんの内容となっている。

 まず本イベントで恒例となっているサーバ対抗「アデン大陸SSクイズ」からイベントがスタートした。アデン大陸の各所に広がる風景のスクリーンショットから、その風景がどの場所なのかを当てるこのクイズは、事前に配られたサーバカードで、参加者が4チーム(ABCD)に分けられチーム対抗で戦う。大阪、名古屋では出題したサービスチームを困らせるほどの正解率だったということで、札幌では名前の最後に「GT」と付けられ、さらに難易度の高い問題が出題された。

photophoto 難しすぎたのか……。Dチームはコイントスで答えを決める場面も……

 問題のハードルが高くなったためか、会場からはため息が聞こえてくる。しかしCチームが奮闘。他チームが苦戦する中、正解を重ねていく。サービスチームが「このままでは、おもしろくない展開に……」と危ぶむ。そこでサービスチームは、最終問題にボーナスポイント(通常1ポイントのところ2ポイント)を提示し、無理やり接戦に持ち込むことになった。

 これまでの苦労が水の泡になりかねないところだが、Cチームはこの条件をのみクイズが再開した。ところが、2問続けて全チームが外れるハプニングが起こり、“最終問題”とされる問題が3問にもふくらむという異常事態となった。「これが本当に最後」とサービスチームが、Cチームにお願いをする。

 最後の“最終問題”は、なんと全チーム同じ答え。しかも答えが正解だったため、結局Cチームの圧勝でクイズは終了となった。Cチームには賞品として「アガシオンのリトルエンジェル」のぬいぐるみが贈られた。サービスチームは札幌でもユーザーに惨敗の格好。「うちのチームにぜひスカウトしたい。まったくリベンジになりませんでした」(サービスチーム)。

playncの新たな展開

 続いて、「月刊 plaync STATION」ではパク・チャン氏が登壇し、前日に発表されたplayncポータルの新サービス「チャネリングサービス」の詳細を説明した。

 本サービスは、playncのアカウントで他社コンテンツがプレイできるサービスのこと。まず第1弾として、11月25日からゲームヤロウが運営するFPSゲーム「サドンアタック」を展開することを明らかにしている。playncでは現在「リネ−ジュ」や「リネ−ジュII」などMMORPGを中心としたタイトルを提供しているが、「旬のゲームをプレイできるように、他社サービスも提供していきます」とパク氏。ここで「サドンアタック」を運営するゲームヤロウの岩間達也氏が、ゲストとして登場した。

photo パク・チャン氏
photo 「I LOVE(ハート)FPS」と書かれたTシャツを身につけて、「サドンアタック」を猛烈にアピールする岩間氏

 会場では、12月10日に「サドンアタック」を配信しているポータル(ガマニア、ダレット、レッドバナナ、plaync)4社対抗戦が開催されることが発表された。対抗戦は単なる社員同士の戦いではなく、勝利チームが賞品を総取りし、それを優勝したポータルのユーザーへ配布するという代理戦となるとのこと。パク氏は絶対に負けないと力強く宣言。「負けたらどうするのか」という参加者の声に、「頭を丸める、ボウズにする」とパク氏は覚悟の一言を口にした。岩間氏も「全然ボウズでいいです」と余裕の表情で挑戦を受けていた。

 サービスチームの長瀬健裕氏による「アデン大陸まるみえ情報局」では、アデン大陸のボスモンスターが紹介された。ただの紹介ではなく、各ボスモンスターのステータスを比べて、一番どのボスモンスターが強いのかを発表するというもの。普段見られないものとあって、参加者はくぎ付けとなっていた。HPや攻撃力、移動の速度を比較し、最強ボスモンスターがヴァラカスであることが明かされた。

photophoto

photophoto 最強ボスモンスターはヴァラカスに決定。ちなみに会場にはボスモンスターを全制覇したというつわものもいた。長瀬氏(右)も驚きの表情

 さらに長瀬氏はボスアクセサリー出現状況、ボスモンスター変身ワールド出現状況も提示した。全ワールドを見て、アナキムは1人、ベノンに関してはまだ1人も出現していない状態であることが分かり、会場からは驚きの声が上がった。またベノンの変身を動画で紹介されると、参加者から大きな拍手が起こった。

photophoto ボスアクセサリー出現状況、ボスモンスター変身ワールド出現状況

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping