「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news025.jpg

読者プレゼントを手に入れろ――「タツノコ VS. CAPCOM」先行体験会で戦ってきた

カプコンから「タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」先行体験会の招待状が届いた。読者プレゼントもあるとのことで、ITmedia +D Gamesも参加したのだが……思わぬ結果となりました。

photo 先行体験会には、タツカプのプロデューサーである新妻良太氏も参加。「VS.シリーズはお祭りのようなゲームです。オリジナルゲームと対戦、2つの要素を体験し、楽しさを感じてください」とあいさつした

 12月3日、カプコンは12月11日に発売を予定しているWii用ソフト「タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES(以下、タツカプ)」を使った“クリスマスプレゼント争奪 メディアVS.カプコン先行体験会”を開催した。

 タツカプは、「ストリートファイター」シリーズの“リュウ”や“春麗”といったカプコンを代表するキャラクターたちが、さまざまなヒーローたちと戦うドリームタッグマッチバトル「VS.シリーズ」の最新作。タイトルからも分かる通り、今回の対戦相手は、「科学忍者隊ガッチャマン」の“大鷲の健”、「新造人間キャシャーン」の“キャシャーン”、タイムボカンシリーズ「ヤッターマン」の“ヤッターマン一号”などを擁するタツノコプロのヒーローたちとなっている。また、アーケード版にはなかった要素として、Wii版には各キャラクターごとのオリジナルゲーム(ミニゲーム)が用意されている。

 先行体験会は“対戦格闘”と“オリジナルゲーム”、両方の魅力を知ってもらいたいとのことから、「オリジナルカレンダー争奪 オリジナルゲーム大会」「オリジナルTシャツ争奪 対戦格闘大会」の2つに分けて実施。また、オリジナルゲーム大会で総得点が一番高かったメディアには、タツカプと同日に発売されるエクサーの「タツノコ VS. CAPCOM ドリームバトルスティック」が贈られることも明かされた。

そして戦いの幕が上がる

 まずは大モニター前に集合し、オリジナルカレンダー争奪 オリジナルゲーム大会が行われた。大会前にフリープレイの時間が設けられたものの、どのキャラクターのオリジナルゲームで競うのかは発表されず。すべてのオリジナルゲームを体験する時間はなかったため、いくつかに絞って練習していたのだが、指定されたオリジナルゲームは、大鷲の健の「ギャラクター基地・強襲作戦」、ゴールドライタンの「輝け!ゴールドライタン」、春麗の「春麗的彫刻製造術」の3つで、このうちフリープレイ中に体験したのはギャラクター基地・強襲作戦のみという状況だった。

 ひとつ目のギャラクター基地・強襲作戦は、4人同時参加が可能なガンシューティング。Wiiリモコンで画面上のポインターを動かし、悪の組織ギャラクター一味を狙い撃つ。ギャラクター一味以外に、減点キャラクターとしてヤッターマン一号や春麗が登場するため、正確な射撃能力も要求される。

 また、ヤッターマンのおだてブタが現れる時があり、これを撃つと後ろのシャッターが開いてボスが登場する。ボスは高得点だがすばやく、一度撃つとしばらくは無敵となるなどの特徴を持つ。記者はボスにこだわり過ぎてしまったため、良いスコアを取れず。唯一体験していたオリジナルゲームだったが、1位に倍近いスコアをつけられての3位となってしまった。

photophoto ギャラクター基地・強襲作戦

 2つ目の輝け!ゴールドライタンは、ゴールドライタンの身体を各部位ごとに掃除し、ピカピカにしていくというもの。操作はひたすらWiiリモコンを振るだけだ。あまりスコアに差が出なそうなゲームだが、ここで記者はダントツの1位を獲得することができた。各部位ごとに掃除=掃除する部位が変わると画面も切り替わるのだが、この時にWiiリモコンを振る手を休めてはいけないと気づいたからだ。

 画面が切り替わるまでの間は休みたくなるが、再度動き出そうとすると、どうしても反応は遅くなる。これに気づいた記者は、途中から休まずにWiiリモコンを振り続けた。結果、2位に1.5倍以上の差をつけて1位となることに成功した。

photophoto 輝け!ゴールドライタン

 最後の3つ目は、制限時間内に百裂脚で彫刻を何体作れるかを競う春麗的彫刻制造術。WiiリモコンのA/B/1/2ボタンを連打するだけと、こちらもシンプルなゲームだ。ただし、BボタンはWiiリモコンの裏側にあるため、これまでに経験した連打対決とは異なる印象を受けた。先の輝け!ゴールドライタンで無理をしたためか、記者は終盤に息切れしてしまい、こちらは4位という結果で終わった。

photophoto 春麗的彫刻制造術

 3位、1位、4位というのは、とても優勝が狙える順位ではない。しかも、タツカプのミニゲームは最大4人プレイのため、グループは2つに分けられていた。つまり、グループで見れば、ビリから2番目、1位、ビリなのである。輝け!ゴールドライタンは、3つのオリジナルゲームの中で、一番高得点が出るものとはいえ、もうひとつのグループでは、記者よりも良いスコアを出している人がいた。

 計算上では総合3位、良くて2位という考えだったのだが……。随分と回りくどい言い方になってしまったが、ITmedia +D Gamesの最終成績は優勝だった。ギャラクター基地・強襲作戦は3位、春麗的彫刻製造術は4位だったものの、平均スコアは上回っていたとのこと。予想もしていなかった事態に、一番びっくりしたのは記者だったが、見事にタツノコ VS. CAPCOM ドリームバトルスティックを入手することに成功した。

photophoto オリジナルゲーム大会の様子。頭にあるのは……クリスマスプレゼント争奪ということで、気分を盛り上げるために渡されたものです

 オリジナルゲーム大会終了後には、対戦格闘大会が行われた。こちらは各媒体ごとにカプコンの担当者と対戦し、勝利することができればオリジナルTシャツをもらえるというもの。ITmedia +D Gamesの担当は女性の方なので、正直こちらは余裕だと思っていた。しかし、あえなく2連敗。2戦目はかなり本気を出したのだが、キレイに決まっていくコンボに呆然とするばかりだった。記者がちょっと涙目になっていたのが効いたのか、動きが鈍くなった3戦目で、ようやく勝利を手にした。

 実はタツカプを触ったのは今回が初めてだったのだが、個人的にはビューティフル ジョーがかなり気にいった。シリーズではおなじみの爆弾を出すことができるのだが、爆発を避けようと敵は前方に飛んでくるので、攻撃がしやすいのだ。爆弾はキックで押し戻すこともできるが、その場合は負けじと蹴り返す。どちらのタイミングで爆発するのか? ロシアンルーレットのようなスリルもたまらなかった。


 というわけで、ITmedia +D Gamesをご覧の読者の方に、今回の先行体験会で手に入れた商品をプレゼントします。以下のフォームにメールアドレスと、ITmedia +D Gamesへのご意見・ご感想(必須)をご記入のうえご応募ください。締切は12月11日午後11時59分まで。なお、当選の発表は、当選された方のメールアドレスへのご連絡をもって代えさせていただきます。

photophoto タツノコVS. CAPCOM ドリームバトルスティックは1名様、オリジナルTシャツは1名様、オリジナルカレンダーは10名様となります


※こちらの応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

(C)タツノコプロ(C)2005 タツノコプロ/鴉-KARAS-製作委員会
(C)CAPCOM CO., LTD. 2008, (C)CAPCOM U.S.A., INC. 2008 ALL RIGHTS RESERVED.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping