「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news111.jpg

週間ソフト販売ランキング:英国紳士としては当然です

シリーズ3作目の「レイトン教授」がトップに輝いた。さて、ここで問題です。新作は何本ランクインしているでしょうか?(10ピカラット)

週間ソフト・セルスルーランキング

2008年11月24日〜2008年11月30日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1NDSレイトン教授と最後の時間旅行レベルファイブ2008年11月27日5040円34万700034万7000
2PS3ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009(同梱版含む)KONAMI2008年11月27日7980円16万800016万8000
3Wii街へいこうよ どうぶつの森(同梱版含む)任天堂2008年11月20日5800円10万900041万4000
4NDSクロノ・トリガースクウェア・エニックス2008年11月20日5040円8万35万1000
5PSP遊戯王デュエルモンスターズGX タッグフォース3KONAMI2008年11月27日5250円6万40006万4000
6PSP機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム(同梱版含む)バンダイナムコゲームス2008年11月20日5040円5万700032万3000
7NDS星のカービィ ウルトラスーパーデラックス任天堂2008年11月6日4800円5万600047万5000
8PSP喧嘩番長3 〜全国制覇〜スパイク2008年11月27日5229円5万40005万4000
9PSP無双OROCHI 魔王再臨コーエー2008年11月27日5544円4万60004万6000
10PSPひぐらしデイブレイク Portable(限定版含む)アルケミスト2008年11月27日6090円3万30003万3000

メディアクリエイト調べ


 ご覧のとおり、ダブルスコアでレベルファイブの「レイトン教授と最後の時間旅行」がトップに輝いた。かねてから発表していたとおり、レイトン教授シリーズは3部作構成となっており、その第3部が本作にあたる(ただし、ケータイアプリとして「レイトン教授と死鏡の館」が配信中)。シリーズ最後のテーマは“時間”。レイトン教授とルーク少年が、未来のルークと名乗る人物からの呼びかけで未来へと旅立つ……。

 さて、「レイトン教授」といえばナゾトキである。登場人物はみんなナゾ好きで、ことあるごとに難問奇問をぶつけてくる。レイトン教授たちはそのナゾを答えながら、時には後まわしにながら物語を進めていく。ナゾは計算や図形など根気よく取り組めばなんとかなるものから、トンチか難癖としか思えないものまでそろっているのだが、どう考えても答えを導き出せないときのなんともいえない切ない気持ちを経験したプレイヤーも多いと思う。できることならコイン(ゲーム中、ヒントを解除するのに必要なポイント)を使わずにクリアしたいところだが、ピカラット(各ナゾに設定されている獲得ポイント)を減らすわけにもいかず……と悩みは尽きない。

 ナゾを残さずクリアするか、とりあえずストーリーを進めてしまうかはプレーヤーの判断に任せるとして、本作では字幕にふりがなをふってあるなど、より低学年層へアピール。幅広いユーザー層を獲得した後には、映画化も決まっている。「レイトン教授」3部作が終わっても、フランチャイズは継続していくのではないかと期待させる展開となっている。映画が成功すれば、それこそ第4作目発売決定! なんてニュースも早々に聞けるかもしれない。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping