「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news136.jpg

フェイスのコスプレで加藤夏希さん登場――「ミラーズエッジ」発表会

エレクトロニック・アーツが12月11日に発売する「ミラーズエッジ」(PS3/Xbox 360)のプレス向けイベントを開催。加藤夏希さんが空を舞う?

wk_081210me01.jpg 主人公・フェイスのコスプレで登場した加藤夏希さん

 エレクトロニック・アーツは12月11日、渋谷WOMBにおいて「ミラーズエッジ」の発売を記念した、プレス向けの発表会を開催した。

 「ミラーズエッジ」はアジアと欧米の文化を融合したような近未来都市を舞台に、スピーディーかつスリリングな逃走劇を一人称視点で体験できるアクションアドベンチャーゲーム。主人公(フェイス)になりきり、ビルの屋上を跳び回る、疾走しながら壁を登るなど、アクロバティックな動きを駆使し、大都市を縦横無尽に駆け抜ける。なお、PC版については、2009年1月22日に発売すると発表されている。

 解説に立ったプロダクトマネージャーの中嶋三恵子氏によると本作は、「1人称視点のアクションアドベンチャーという新たなジャンルへの挑戦であり、新たな主人公の概念を提唱したものであり、無駄のない動きをトレースする過程の面白さを提唱する新たなゲーム性の提案であり、ひと目みて『ミラーズエッジ』と分かるアートスタイルを実現したタイトル」とのこと。事実、本作を遊ぶと限られた視野の中で次に行くべきところが一目瞭然で判別でき、きれいに移動やジャンプが決まった時の爽快感はたまらないものがある。


wk_081210me15.jpg プロダクトマネージャーの中嶋三恵子氏

 「ミラーズエッジ」は、「パルクール」と呼ばれる特定の道具を使用することなく効率よく障害物を越えることを目的としたスポーツを参考にしている。発表会ではパルクールのトレーサーとして有名なセバスチャン・フォーカンさんによる実際の動きと、ミラーズエッジの動きをシンクロさせた障害物を軽々と越えていく姿が収められた映像を上映したほか、音楽にLisa Miskovskyの「Still Alive」が採用されていることにも触れる。

 中嶋氏は、都市部を舞台としており東京に似た場面も見受けられると、2年前に開発陣が取材に訪れていたことを明かす。代々木近辺や首都圏外郭方水路などでの取材の成果は、ゲームにしっかりと反映されており、酷似した舞台も随所に見受けられるのだとか。また、魅力的な主人公を作るために何度もリテイクし、西洋と東洋の特徴を持つ顔立ちにしたのだとか。


wk_081210me02.jpgwk_081210me03.jpg 左が代々木付近。これが右のような感じに
wk_081210me04.jpg 東京のビルではよく見るこうした張り出したパイプも、外国では珍しいのだとか

wk_081210me05.jpgwk_081210me06.jpgwk_081210me07.jpg 埼玉にある首都圏外郭方水路を見学した開発陣は、見たままのステージをデザイン

wk_081210me08.jpgwk_081210me09.jpgwk_081210me10.jpg 主人公フェイスのデザインの変遷。1人称視点ゆえ、ゲーム中彼女の姿を容易には確認できないわけだが……

wk_081210me11.jpg 質問に答えながら、本作の魅力を語る

 発表会にはフェイスの写真を持って今朝方美容院に行き、しっかりセットしてきたという加藤夏希さんがゲストとして招かれた。加藤さんは、自分も女性として好感が持てる魅力的でかっこいい主人公であり、勝手に裏設定を妄想して遊んでいるのだとか。

 実際に試遊してみることになったのだが、冒頭のビルからビルへと飛び移るところで何度も踏み外して落ちるという事態に。見かねて中嶋氏が手助けしようとするも、これまた何度も落ちまくりうまくいかない。何度も繰り返し諦めかけたころ、何かを悟ったのかいきなり加藤さんが成功してみせる。以後、フェンスを跳び越え、パイプを昇り、ビルを飛び越えていけると、加藤さんはすっかりやみつきになった様子。

wk_081210me12.jpgwk_081210me13.jpg 緊張してしまったのか、何度も落ちてしまったと加藤さん。チュートリアルで何度も練習していたのにと悔しそうだったが……
wk_081210me14.jpg タトゥーも再現して、気分はすっかりフェイス気分

 また、12月2日〜12月19日の期間中、「ミラーズエッジ」の主人公・フェイスが都内某所に出現。その出現場所を突きとめ、クイズに答えると抽選でPS3本体かXbox 360本体、もしくはフェイスのように走れる(?)K・SWISSフリーランニングシューズARIAKEが当たる「ミラーズエッジ発売記念プレゼントキャンペーン」を実施している。応募方法など詳細はこちらを参照。

wk_081210me16.jpgwk_081210me17.jpgwk_081210me18.jpg 政府機関の情報規制が厳しい社会の中で、政府の目をかいくぐりながら情報のやり取りを行っている人々のために、影の運び屋「ランナーズ」の一員として働く主人公フェイス。フェイスは、めまいがしそうな高さのビル群を縦横無尽に駆けめぐり、激しい戦闘やハイスピードな逃走劇を繰り広げることになる。変わって行く世の中に反対し亡くなった母親のため、謎の組織の罠にはめられた妹のケイトのため……。フェイスは、生き抜くために、駆け抜ける

wk_081210me19.jpgwk_081210me20.jpgwk_081210me21.jpg 発売後には、ダウンロードコンテンツの配信も準備。海外では2009年1月末の配信を予定している。Xbox360、PS3向けの追加ダウンロードコンテンツは、9種類のレースが楽しめる7つの新しくデザインされたタイムトライアルマップとなる。これは、さまざまなマップで目的地点までの最速タイムを競うというもの。プレイヤーはベストタイムをミラーズエッジのリーダーボードにアップロードすることができ、他のプレイヤーのタイムをダウンロードして競うことも可能。ダウンロードした他のプレイヤーの「ゴースト」を追って、リーダーボードのトップを目指す。なお、日本での追加ダウンロードコンテンツ配信は後日発表するとしている
「ミラーズエッジ」
対応機種プレイステーション 3/Xbox 360/PC
ジャンルファーストパーソン・アクションアドベンチャー
発売日2008年12月11日(PC版2009年1月22日)
価格(税込)7665円(PS3、Xbox 360)
(C)2008 EA Digital Illusions CE AB. Mirror’s Edge and the DICE logo are trademarks or registered trademarks of EA Digital Illusions CE AB. All Rights Reserved. EA and the EA logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping