「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news111.jpg

箱庭ならぬ箱森で暮らす――「シムアニマル」

エレクトロニック・アーツは、プレイヤーが神となり森を整備していく新たな「シム」シリーズをWiiとニンテンドーDSで発売する。

 大自然の中に、動物や植物たちが快適に暮らせる森を作る。プレイヤーは、おなかがすいたクマにご飯をあげたり、ウサギやヤマアラシをつかんで友達のところに連れて行ってあげたりと、森に住むいろいろな動物たちの要求にこたえなくてはならない。

 本作は、森で暮らす動物や植物に触れることができ、つかんでほかの場所に置いたり、なでたりすることができるというもの。森の生物がハッピーでいられるように森をきれいに保ち、彼らの繁栄を助けることが使命となる。プレイヤーの想像力次第で森が育っていくことになる。

wk_081211sim01.jpg リスやキツネにシカやオオカミなど、さまざまな動物に出会うことができる
wk_081211sim02.jpg 植物も花や木にさまざまな種類が存在

「シムアニマル」の特徴

 プレイヤーは「神」のような存在。ゲーム画面上の手がプレイヤーであり、その手を通して動物とふれあい、植物を助け、森を動物や植物に適した環境にする。森には30種類以上の動物と30種類以上の植物が用意されており、木に水を与え、花や野菜を育て、移動させるなど、きれいに整備することで森はその姿を変えていく。

 動物たちの中には、フレンドリーな性格のものもいれば、ちょっとトラブルメーカー的な存在も登場する。動物は子供も産むし、食物連鎖で動物が動物を食べてしまうこともある。食糧となる植物を育て、食物連鎖を管理することもプレイヤーの仕事といえる。

 ゲームを進めていくと、森の秘密を見つけることがある。与えられたイベントを完遂すると、隠された動物やオブジェクトを見つけることができるとのこと。また、動物たちとの信頼関係を築き上げ、メダルをもらうこともある。


wk_081211sim03.jpgwk_081211sim04.jpgwk_081211sim05.jpg Wii版では、同じ森を4人で仲良く世話をすることができる

wk_081211sim06.jpgwk_081211sim07.jpgwk_081211sim08.jpg ニンテンドーDS版では、タッチペンで動物と触れ合う。マイクで息を吹きかければ森に風が吹く仕様も

wk_081211sim09.jpgwk_081211sim10.jpg マイクを利用すれば、木になったフルーツを風を吹かせることで落とすことも可能だ

「シムアニマル」
対応機種Wii/ニンテンドーDS
ジャンル森シミュレーション
発売予定日2009年2月19日
価格(税込)6090円(Wii版)/4980円(DS版)
(C) 2008 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo, SimAnimals, and the SimAnimals logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping