「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news129.jpg

新マリオネットや「飛空城」の構想も飛び出した――「エミル・クロニクル・オンライン」2008年ECO祭 (1/3)

「エミル・クロニクル・オンライン」のサービス3周年記念オフラインイベント「ECO祭」が12月13日に開催された。先行情報も満載のイベントの様子をリポートする。

wk_081215eco00.jpg

 最近では海外サービスの話題も印象的な、ガンホーの国産MMORPG「エミル・クロニクル・オンライン」のサービス3周年記念オフラインイベント「ECO祭」が、12月13日の土曜日に秋葉原で開催された。新しいマリオネットや、次元間飛行も可能な「飛空城」、またかねて構想のあった第四種族DEMでのプレイについても先行情報が明かされたこのイベントについて、リポートをお届けする。

ゲーマーズ本店前には朝4時から並ぶ人も

wk_081215eco01.jpg

 現在クリスマスイベントと3rd アニバーサリーイベントをゲーム内で開催中の「エミル・クロニクル・オンライン」だが、毎年恒例のオフラインイベント「ECO祭」が12月13日(土)の午後、秋葉原駅前の「ゲーマーズ本店」で開催され、100人ほどのファンが詰めかけた。

 今年はWeb上での抽選ではなく、当日朝から整理券を配布する方式で、会場規模に合わせて募集人数はやや少なめ。午前11時からの整理券配布には、午前7時の時点で60人以上のファンが集まっており、中には午前4時から来ている人もいたとか。ファンの熱気が窺える一コマだ。

 開場に当たって入場者には、ECOのメインイラストレーターの1人である加曾利りあら氏が手がけたオリジナルすごろくや、タイニーせんべい、インターネットカフェ無料チケットなどの入った袋が手渡された。

インターネット放送「ECO☆スタジオ」のメンバー集結

wk_081215eco02.jpg 原田ひとみさん(右)と安部みおさん(左)

 イベント運営スタッフであるローパーまっつんこと松田正紀氏と、シナモンしおじーこと塩島百合氏による簡単な説明に続き、いよいよ開幕。今回のキャストは2008年6月までWeb上で放送されていた「ECO☆スタジオ」でおなじみの声優陣がフィーチャーされ、司会の竹内幸輔氏とゲストの原田ひとみ氏、安部美央氏が、開発側からはネコマタマニアで知られる浅間教授こと浅間達雄氏と先の松田氏が登場、それぞれの近況を語った。

 サービスの初期からECOのイベントに参加しており、“廃人”を自称する原田ひとみさんは「ジニアサーバーで、最近、竹内氏と一緒にキャラクターを作り、ダウンタウンの掲示板に2人で書き込んだので、みなさん、大富豪のミニゲームで一緒に遊んでください」と発言。

 「初心者応援団長」の安部美央さんは「メルマガ見てくれた〜?」と手を振る一方、司会の竹内氏は、先日「Saga9」が実装された本作へ毎日遊びに行っていると明かし、「実はプレ箱(プレゼント箱。クリスマスイベントの一環で、モンスターを倒すと入手できることがあり、さまざまなアイテムが入っている)が欲しくて」とファンらしいコメントで会場を沸かせてみせた。

wk_081215eco03.jpgwk_081215eco04.jpg

wk_081215eco05.jpgwk_081215eco06.jpg

 一同の紹介の後は、本作のマスコットキャラクター、くまのぬいぐるみのタイニーも登場。帽子の先端が天井にひっかかって登壇に苦労するといった一幕をめぐる、出演者とのコミカルなやり取りに続いては、「HAPPY BIRTHDAY ECO」と称して、恒例になった誕生祝いのケーキが披露され、会場にはバースデイソングが流れた。

開発陣とキャストが、ECOの歴史を振り返る

 12月4日には最新の大型アップデート「Saga9」も導入されたタイミングということもあり、本イベントではβテストからそこまでの道のりを振り返りつつ、開発サイドやプレイヤーサイドのエピソードや思い出話が語られた。例えば、「東アクロニア平原」というマップは、βテスト時代に人が集中した名残りで現在も混みあっているといった、ベテランプレイヤーには懐かしい話題である。

wk_081215eco07.jpgwk_081215eco08.jpgwk_081215eco09.jpg

wk_081215eco10.jpgwk_081215eco11.jpgwk_081215eco12.jpg

 この秋に新しく導入され、毎週土曜に開催されているPvE Co-opシステム「都市攻防戦」については、司会の竹内さんから「今夜も俺はどこかのサーバーを守りに行くぜ」といった熱い発言が飛び出す。

 ネコマタの話題で安部みほさんが「今は双子ちゃんのネコマタを育ててるんですよ〜」と切り出すと、ハイテンションの竹内さんはすかさず「それならタイニーアイランドへ行け! 泣くから!」と、現在開催中のECOアニバーサリーイベントの1つ、思い出星(ネコマタ達に関わる切ない物語も含め、ECOのゲーム内イベントやクエストの想い出が語られる特別イベント)と返す。原田ひとみさんのコアな発言も含め、会場はゲームの話題でひとしきり盛り上がった。

wk_081215eco13.jpgwk_081215eco14.jpgwk_081215eco15.jpg

 また、ECO恒例のオフラインイベントについても語られ、「イベントには確か最初から参加していたと思うんです」と言う原田ひとみさんの姿を、イベント全体の様子と一緒に振り返るという展開に。来場者の中にも「札幌での『お出かけECO』にも参加しました」という豪の者がいて、壇上のスタッフからは感嘆と感謝の声が。

wk_081215eco16.jpgwk_081215eco17.jpgwk_081215eco18.jpg

wk_081215eco19.jpgwk_081215eco20.jpgwk_081215eco21.jpg

wk_081215eco22.jpg

 また、ネットカフェイベントについて触れられた時には、司会の竹内氏が「PCを持っていないので、ECOにハマって以来11か月間実はずっとネットカフェからログインしている」と告白。高レベルキャラクターを育てており、最近導入された期間限定ネットカフェクエストの賞品を狙って、クエスト賞品の宝箱も100個開いた……などという裏話も飛び出して「自宅にPC買ったら廃人コースなんで買わないんです」としみじみ告げるシーンも見られた。

 いっぽう原田氏は、同じくネットカフェで現在キャンペーン中の「サンタドロボウインス」の画面が映し出されると「強くて可愛いんですよ」と力説。「ECO世界では神社の奥に祀られていたりしますが、インスマウスは古くからECO世界にいる少数民族なんです」と説明する浅間氏に向けて、「これからもどんどん彼らを増殖させてほしいです」と要望(?)を述べていた。

wk_081215eco23.jpgwk_081215eco24.jpgwk_081215eco25.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping