「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news066.jpg

「XenepicOnline」が大規模アップデート――新システムでXenepic大陸はどう生まれ変わるのか? (1/3)

キューエンタテインメントが運営するMMORPG「XenepicOnline」が3年ぶりの大規模アップデート「Epic2:天空の回廊」を実施する。そこで、開発元である韓国のDNC エンタテインメントを訪問し、アップデート内容の詳細や開発状況などを聞いてきた。

wk_081219xo01.jpg DNC エンタテインメントのオフィス前で、左から同社取締役のJae-Cheol Choi氏、アップデート内容の解説を担当してくれたキューエンタテインメントの諸星富展氏と君塚靖征氏

 キューエンタテインメントが運営するMMORPG「XenepicOnline」がサービスを開始したのは、2005年10月のこと。柔らかい色調で描かれるほのぼのしたファンタジー世界、可愛い2Dキャラクターとそれを彩るさまざまな衣装アイテムに加え、MMORPGのビジネスモデルとしてはスタンダートになりつつあった基本プレイ無料というスタイルを採用することで、「XenepicOnline」はライトゲーマー層からの注目度も高かったタイトルである。

 しかし、正式サービスがスタートした同年11月の二次職業実装以来この3年というもの、一部の新マップやダンジョン、スキルの追加、四次までの職業の追加などのアップデートは行われていたが、新たなゲームシステムなどが拡張される大型アップデートと呼べるものは実施されていないこと。さらに、国内での運営元がゲームガーデンからソリッドネットワークス、そして2008年1月よりキューエンタテインメントが担当と二転三転したこともプレイヤーにとっては混乱を招き、残念ながらプレイヤーの多くが「XenepicOnline」から離れていってしまった。

 その「XenepicOnline」に、いよいよ待望の大型アップデート「Epic2:天空の回廊」(以下、天空の回廊)の実装が決定した。マップ追加、パーティ&ギルドインスタンスダンジョン、ハウジング、ペットシステムという5つの新要素が2009年2月下旬〜4月にかけて、順次導入される予定だ。今回、編集部では開発元である韓国のDNC エンタテインメントを訪問し、アップデート内容の詳細や開発状況などを聞いてきた。「XenepicOnline」をしばらくお休みしている人も、ついついエスネやブリンヒルドの町に帰りたくなる最新情報をお届けしよう。

wk_081219xo02.jpgwk_081219xo03.jpgwk_081219xo04.jpg

雪に覆われた新フィールド「天空の回廊」

 天空の回廊では新エリアと2種のインスタンスダンジョンが実装され、合計11個のマップが追加される予定だ。まずは、本アップデートのタイトルと同じ「天空の回廊」と名づけられた新エリアから説明しよう。天空の回廊はXenepic大陸の北部に位置し、「ストレンジケイブ」「ノクタン分地」「レキエム分地」「べラジウム分地」「パーマメント分地」の5つのマップが用意されている。

 万年雪がXenepic大陸を襲う異常気象によって溶け出し、天空へと続く回廊の入り口が発見されたという設定だけあり、エリア全体が雪に覆われているのが特徴だ。出現するモンスターは比較的高レベルなので、レベル120以上のパーティプレイ推奨とのこと。回廊の終着地点となるパーマメント分地には、さらにどこかへ続くと思われる大きな門がそびえ立っているのだが、Epic2ではこの先は進行不可能。具体的な実装時期は未定だが、今後のアップデートで、門の向こう側には全10マップで構成される「神々の大空中庭園」が続く予定だ。こちらはレベル140以上のパーティプレイ推奨という、かなり上級プレイヤー向けの遊び場になりそうである。

wk_081219xo05.jpgwk_081219xo06.jpg 新マップはアートワークのみで、実際のスクリーンショットはまだ公開できない。天空の回廊入り口となる「ストレンジケイブ」には、既存の「雪山エリア」がつながっている

ランキング上位で報酬も変わる、PTインスタンスダンジョン

wk_081219xo07.jpg

 「XenepicOnline」初の導入となる2つのインスタンスダンジョン。1つ目は「次元の狭間」と呼ばれるパーティダンジョンで、3名〜最大8名のパーティでしか挑戦できない。全5階層からなるこのパーティダンジョンは、各フロアごとにミッションが課せられ、これを制限時間内にクリアしないと次のフロアには進めない仕組みになっている。ミッション内容は主に「モンスターを何匹以上倒せ」「BOSSモンスターを討伐しろ」といったシンプルなものだが、狭い円形状のマップゆえに出現したモンスターの中から目的の相手だけを選んで倒すのは難しい。

 また、ダンジョン入場時には10ランクに分けてのレベル制限が設定されているため、飛びぬけて強いプレイヤーが1人でモンスターを一掃! というやり方はできない。パーティを組むメンバーの職業構成を事前に考えることはもちろん、お互いの協力プレイなしにクリアは難しいというわけだ。なお、ダンジョンの難易度は入場したランク依存で参加した人数には影響されないので、できれば最大の8名で挑戦するのがよいだろう。

 無事に5つのフロアでミッションをクリアすれば報酬を入手できるのだが、その他にも挑戦したランク区分と残り制限時間などを加算した週間ランキングが用意されており、ランキング上位に入ればクリア報酬とは別に、使用期限付きのレア装備品などがもらえるようだ。現時点では、参加したパーティメンバー全員にクリア報酬が分配されるのか、あるいはボスモンスターからのドロップという形になるのかは調整中とのこと。

 何かと美味しいことづくめに見えるパーティインスタンスダンジョンだが、実は入場条件が結構厳しい。次元の狭間へ移動するためには、参加するパーティメンバー全員がランクに合ったアイテム「マナクオーツ」を持った状態で、決められた受付時間内にNPCに話かける必要があり、さらに1つのランク区分に対して2パーティしか同時に挑戦できないのだ。定員に達したランクは、2つのパーティが次元の狭間をクリアするか、途中で終了するまで待たねばならない。開発側の本音としては、そうそうレアアイテムや素材アイテムを入手されては困るのだろうが、実装直後に新コンテンツを楽しみたいプレイヤーにとって、この制限はいささか厳しい。せめて実装から一定の期間は、もう少し数多くのパーティにダンジョンを解放してほしいところだ。

wk_081219xo08.jpgwk_081219xo09.jpg

wk_081219xo11.jpg パーティインスタンスダンジョンの受付時間が、どの程度に設定されているのかは現時点では未定だが、やはり1ランクにつき2パーティというのは少なすぎる気がする
wk_081219xo12.jpg とうもろこしや芋などの初期回復アイテムが床に散らばっているが、これはあくまでテストサーバの状況だ。実際にはレアアイテムや生産素材などがドロップされる予定
wk_081219xo13.jpg こちらが週間ランキングの画面サンプル。1週間ごとに記録はリセットされ、成績に応じて、期限付きのレアアイテムがもらえる。
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping