「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news051.jpg

ゲームヤロウ、秋葉原で「サドンアタック祭り」を開催

ゲームヤロウは同社が運営するオンラインFPS「サドンアタック」のユーザー向けイベント、「サドンアタック祭り2008 in AKIBA」を10月20日、21日の2日間にわたり、秋葉原・UDXギャラリーにて開催した。

2009年実装予定の新武器&マップを公開

wk_081222sadon21.jpg また、2日目にサドンアタック公式全国大会SACT L2008決勝リーグを開催。全出場クランを征したのは、「iZoNe」の5人に。おめでとうございます。この盛り上がりに主催者側は、次回は武道館で開催したいなんて発言も飛び出していた

 本イベントは1日目がメイドさんの参戦するサドンアタック大会やトランスピー大会など、どちらかと言えばお楽しみ要素が中心となり、2日目にサドンアタック公式全国大会SACT L2008決勝リーグというスケジュールで構成されていた。まずは1日目、グラビアアイドルの橘 麗美さん、秋葉原に店舗を構えるメイド・コスプレショップの店員さんが登場する華やかなステージ……の前に、「サドンアタック」の次期アップデートで実装が予定されている新武器・新マップに関する情報をお伝えしよう。

 新武器はメインにアサルトライフル「SIG556」、サブにショットガンの「Double Barrel」の2つ、近接武器にはロシアの特殊部隊が開発した「Russian Machet」の1種が実装される。これ以外にも武器の開発は進行中なので、順次ゲーム内に登場する予定という話だ。

 新マップはサブミッションにナイフのみで戦う「モンキーガーデン」、スナイパーライフル専用の「クロスカウンター」の2種類を用意。モンキーガーデンはナイフ戦にもかかわらず、中央の祭壇を占領するとハンドガンが渡される。爆破ミッションには日本風の建物が特徴の「シティーキャット」と「クロスポート」、占領戦に運河がマップ中央を貫く「アクアバレット」が追加される。


  • 新武器
wk_081222sadon01.jpgwk_081222sadon02.jpgwk_081222sadon03.jpg

  • 新マップ
wk_081222sadon04.jpgwk_081222sadon05.jpgwk_081222sadon06.jpg

wk_081222sadon07.jpgwk_081222sadon08.jpgwk_081222sadon09.jpg

 サドンアタック プロデューサーのバン・ヒジュン氏に実装時期をたずねてみたところ、2009年春〜夏にかけてというかなり曖昧な回答にとどまった。ただし、新マップは既に韓国で実装済みということもあり、それほど遅いタイミングにはならないとのこと。今後は日本独自のマップなども開発していきたいが、現時点では実現の可能性は50%程度と低め。まずはサドンアタックのというより、日本におけるFPS人口を増やすことに注力したいとの話であった。

アキバ名物メイドさんも戦う、サドンアタックイベント

wk_081222sadon10.jpg

 この日ステージ上では正午から午後8時近くまで、さまざまなプログラムが行われ、来場者を楽しませてくれた。エヌ・シー・ジャパン、ガマニアデジタルエンターテインメント、ダレット、ゲームヤロウによる「ガチンコ! ポータルサイトSA対決」はエヌ・シー・ジャパンチームとゲームヤロウチームが決勝戦へ。27:27といういい戦いを見せてくれたのだが、最後はジャンケンで1位を決定というオチに……。ましてやイベント主催者として、この場は勝ってはならないゲームヤロウが接待プレイを忘れ、見事1位となった。

 「メイド・コスプレショップ対抗SA対決!」には、秋葉原にあるメイド喫茶、メイドリフレなどの各お店からメイドさんが登場。3人一組のチームで戦い、リーダーのデス数が少ないチームが勝利というルールで、トーナメント戦が行われた。メイドさんがFPSでバリバリKillを稼ぐ姿はイメージできないなぁと思っていたところ、案の定助っ人を連れてきたり、その場で募集ということに。来場者の中にはサドンアタックファンというより、お目当てのメイドさんの出場を知って駆けつけた人も多かったようで、観客席の最前列ではなかなか熱い自己アピールが見られた。しかし、ご主人様がメイドに指名されるという逆転現象って……。

 ちなみに出場したのは「メイドカフェ ぴなふぉあ」、「ROYAL MILK」、「NAGOMI」、「メイド喫茶 ジャム 秋葉原」など8店舗のメイドさん達である。中には助っ人として、サドンアタックの有名クラン出身メンバーあるいは、国内大会の上位入賞者などを読んでいるチームもあった。何しろ賞品が1位、2位のチームの店舗でのみ使用できるクーポン券がそれぞれ3万円、1万円分ということもあり、本気で勝負しにいったということなのか。いざトーナメントが始まってみると、リーダーであるメイドさんはマップ「ウェアハウス」の倉庫のすみっこで木箱の陰にひたすら隠れ、制限時間5分をデス数ゼロで済まそうとする始末。解説者としておなじみのバーサクさんも「動きが非常に初々しい」「出会わないゲームですね」と笑いながら実況していた。「Mai:lish」 vs 「メイドステーション・カフェ」による決勝戦は急遽、リーダーのデス数でなくキル数で競うルールに変更され、ルール改変にも動揺せず攻めに回ったメイドステーション・カフェが優勝した。見事3万円分のクーポンをゲットしたメイドさん達は、助っ人のプレイヤー2人に1万円ずつプレゼント。「あとの1万円は自分達がお店でご飯を食べます!」という回答で、サービス精神に欠ける素敵な偽メイドっぷりを見せてくれた。

wk_081222sadon11.jpgwk_081222sadon12.jpgwk_081222sadon13.jpg

wk_081222sadon14.jpgwk_081222sadon15.jpgwk_081222sadon16.jpg

wk_081222sadon20.jpg

 この他にも、ゲームヤロウが運営するレースゲーム、「トランスピー」の名誉会員にしてグラビアアイドル橘 麗美も来てくれた「トランスピー大会 in AKIBA」や、2008年のサドンアタックを振り返りつつ、プレイヤーの好きな武器やキャラといった傾向をまとめた「サドンアタック全国一斉国勢調査」の発表など、さまざまなイベントが実施された。

wk_081222sadon17.jpg トランスピー大会には、SA公認インストラクターでFPS好きなら知らぬ者はいない、あのKeNNy氏も参加。ゲームセンスに秀でる人は何をやらせてもうまいのか、トランスピーでも1位でゴールし賞品を獲得していた
wk_081222sadon18.jpg 1回350円のリアルガチャ。中にはゲーム内で使える100万ポイント、7日間〜90日間の使用期限つき武器などがあたるカプセルが入っている
wk_081222sadon19.jpg 「メイド・コスプレショップ対抗SA対決に出場した各店舗もブースを構え、ショップオリジナルのグッズ販売や、15分1000円のハンドマッサージなどを行っていた


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping