「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news123.jpg

七尾奈留氏が原画・デザインを担当――「魔女になる。」発売決定

2009年春、トライファーストからニンテンドーDS用ソフト「魔女になる。」が登場。本作の原画・デザインには、イラストレーターの七尾奈留氏が起用されている。

 トライファーストは2009年春に、ニンテンドーDS用ソフト「魔女になる。」を発売する。魔女になる。は、イラストレーターの七尾奈留氏が原画・デザインを担当しており、魔女に憧れる主人公の少女・ビッテや、すべての魔法を封印しようと企む謎の少女・ダーニャといった個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる、ちょっぴり切ないアドベンチャーゲームとなっている。

魔女になる。〜ストーリー〜

photo

 まほうがつかえたら、どんなにステキ?
 空を自由にとびまわったり、冒険の旅に出かけたり、楽しいことがたくさんおこりそう!!
 まほうがつかえたら、いいのにな……。

 世界のどこかにある町「エウリの街」。ここでは魔法は生活に便利な道具として必需品です。でも魔法を使えるようになるには「魔法学校」に通わなければいけません。魔法が使えるのは一部のお金持ちだけ。
 いつしか町には大きな壁ができ、魔法が使えるお金持ちの人々と魔法が使えない貧乏な人々との生活圏を分けてしまいました。

 この町の貧乏長屋に住むビッテは両親と離れておばあちゃんと2人暮らし。生活は豊かじゃないけど毎日楽しく暮らしています。
 そんなビッテの憧れは「まじょ」になること。ホウキに乗って自由に空を飛び回ったり、冒険の旅にでたり……でもビッテの家にはそんなにお金があるわけじゃないから、魔法学校には通えません。
 ベッドの中で夢で見るのが精一杯…。
 「それでもいいんだ、おばあちゃんと楽しく暮らしているし。まほうは夢のままで…、いいんだ。」

 ある日、ビッテが強面の男たちに追われる謎の少女「ダーニャ」と出会うことで、物語が始まります…。



 プレイヤーは、ダーニャとの出会いにより魔法を覚えたビッテを操作し、町の人々の困っていることを解決していくことになる。全13章のシナリオで構成されており、それぞれの章ごとに、エウリの町を舞台としたハートフルなストーリーが展開する。

photophotophotophoto

 ゲーム中は、小型の黒板「マホイタ」にシンボルを描くことで魔法が発動。プレイヤーが魔法を選択すると、ニンテンドーDSの下画面がマホイタとなるので、タッチペンで直接魔法のシンボル(魔法陣)を描く。制限時間内にうまく描くことができれば魔法が発動し、うまく描けなかったり制限時間をオーバーすると失敗となる。

photophoto ビッテが一番最初に覚えるのは火花の魔法。ストーリーが進行すると、色々な魔法を覚えていく

魔女になる。
発売予定日 2009年春
価格(税込) 5040円
対応機種 ニンテンドーDS
ジャンル 見習い魔女アドベンチャー
CERO 審査予定
発売元 トライファースト
※使用している画像はすべて開発中のものです。
(C)TRYFIRST

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping