「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news078.jpg

馬主、調教師、騎手の3職種を体験――「Winning Post World」

コーエーは、Windows/PS3/PS2/Wii用競馬シミュレーションゲーム「Winning Post World」を発表。本作では「馬主」「調教師」「騎手」をプレイすることができる。

photo

 コーエーは、Windows/プレイステーション 3(PS3)/プレイステーション2(PS2)/Wii用競馬シミュレーションゲーム「Winning Post World」(ウイニングポストワールド)を発表。Windows版を2月20日、PS3、PS2、Wii版を4月2日に発売する。価格はWindows版が1万290円、PS3版が7560円、PS2、Wii版が7140円。

 本作は、血統により無限の個性をもつサラブレッドを生産・所有できる「馬主」、預かった馬を思うままに鍛え上げられる「調教師」、その背にまたがり勝利へと導く「騎手」の3職種でプレイすることができる。

photo レースシーン

 馬主プレイは、競走馬を生産し、調教師に預け、騎手を乗せ、レースに勝たせることで賞金を獲得し、リーディングオーナーを目指す。本作では馬主が入厩前の子馬を育成可能となっており、配合理論とあわせて、より個性的な競走馬を所有できるようになる。調教師プレイは、馬主から競走馬を預かり、調教で鍛え上げ、レースに勝たせることで勝利数を増やし、最終的にはリーディングトレーナーを目指す。調教により競走馬を思うままに成長させることができる。騎手プレイは、調教師から騎乗依頼を受け、競走馬に騎乗。レースに勝っていくことで、リーディングジョッキーを目指す。レースはテレビ中継カメラ視点のほか2職種と異なる一人称視点で展開し、道中の節目節目でコマンドを選択する形で進む。戦法からその場に応じた仕掛けのタイミングまで、熱い駆け引きが楽しめる。

 このほかリアリティーを追求したレース映像や音声実況、従来のシリーズから一新されたキャラクターやシステムなどさまざまな新要素を盛り込んでいる。

photo 名馬辞典

馬とともに成長するシナリオモード

 「シナリオモード」は、プレイヤーは2年間という限られた期間内で自分の分身となるキャラクターを育成するモード。職種、名前、性別、能力などをカスタマイズし、シナリオに沿ってゲームのシステムを学びながら自分のキャラクターを成長させていく。シナリオモードのプレイでは、プレイヤーは自分のキャラクターを思い思いの個性を持たせるよう成長させることができるほか、500を超えるイベントが楽しめる。また、プレイ終了後に起こるシナリオクリアエンディングでは、プレイ成果をボーナスポイントに換算し、2回目以降のシナリオモードプレイおよびワールドモードプレイを有利に進められる。

photophotophoto シナリオモード。左から馬主、調教師、騎手

自分だけの箱庭競馬世界を構築するワールドモード

 もう1つのモード、「ワールドモード」では、シナリオモードで作成したキャラクターを用いて、より大きな目標に挑む。馬主であれば、生産馬の血統を繋いでいく、調教師や騎手ならば現役時代に関わった競走馬の仔でGIを勝つ、といった、従来の「Winning Post」シリーズのような長期的なプレイが可能。

©KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping