「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news117.jpg

「祟りじゃ〜っ!」――ニンテンドーDSで横溝正史原作「八つ墓村」

それははたして本当に落ち武者達の祟りなのか? ご存じ、金田一耕助が活躍する「八つ墓村」が、ニンテンドーDSで蘇る。

wk_0901222yatsuhaka05.jpg

 フロム・ソフトウェアは、ニンテンドーDS用ソフトとして本格ミステリーシリーズ第2弾「八つ墓村」を2009年4月23日に発売する。価格は5040円(税込)。

 「八つ墓村」は、名探偵・金田一耕助が活躍する横溝正史著作の同作品(角川書店)の世界観をそのままに、ニンテンドーDSで再現した本格ミステリーアドベンチャーゲームシリーズの第2弾となる(第1弾の「犬神家の一族」は1月22日発売)。モノクロの墨絵タッチ風で描かれたビジュアル、そして多彩な登場人物との緊迫した本格的な心理戦をタッチペンでの軽快な操作が特徴だ。また、本作では小説にも登場する地下洞窟の探索を、3Dダンジョンの新たなゲームシステムとして搭載している。


wk_0901222yatsuhaka01.jpgwk_0901222yatsuhaka04.jpg

戦後の混乱がまだ続いていた昭和23年。

幼い頃から孤児として育った寺田辰弥は、ある日突然、自分が岡山と鳥取の県境にある八つ墓村の400年も続いた資産家・田治見要蔵の遺児であることを知らさる。真相が掴めぬまま次々と起こる謎の凄惨な殺人事件の数々。そして村中に広がる祟りの伝承。混乱と恐怖の末に恐るべき事件の真実の姿が浮かび上がる。

wk_0901222yatsuhaka02.jpgwk_0901222yatsuhaka03.jpg 重要語を相手に投げる心理戦や、新システム「洞窟探索」が楽しめる

 なお、1月24日〜25日、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaにおいて、店頭体験イベント「フロム・ソフトウェア ゲームフェスタ2009」を開催している。こちらでも「犬神家の一族」が出展されるとのこと。

「八つ墓村」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンル本格ミステリー
発売予定日2009年4月23日
価格(税込)5040円
プレイ人数1人
(C)横溝正史 (C)2009 FromSoftware, Inc.
※画面は開発中のものです。
※デザインは監修中のものです。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping