「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news022.jpg

CDとゲームの相互直通を実現!? 「鉄道ゼミナール -大手私鉄編-」発売記念イベント@秋葉原

1月22日、「鉄道ゼミナール -大手私鉄編-」発売記念イベントを秋葉原で開催。向谷実さんをはじめ、SUPER BELL”Z、豊岡真澄さんらがトークショーとミニライブを行った。

「鉄道ゼミナール -音楽編-」も同時発売

wk_090122tetsu01.jpg

 タイトーは、1月22日に発売した「鉄道ゼミナール -大手私鉄編-」の発売記念イベント@秋葉原を、秋葉原アソビットゲームシティG 6Fイベントホールで開催した。ここでは先駆けて行われたプレス&関係者向けに開催されたトークイベントではなく、一般ユーザー向けのイベント&ミニライブの様子をお伝えする。

 イベントには、ゲーム監修と音楽制作を担当した向谷実さんをはじめ、同じく音楽制作を担当したSUPER BELL”Zの野月貴弘さんと土屋基さん、そしてセールスプロモーション担当の元鉄道アイドルの豊岡真澄さんがゲストとして登場した。

 「鉄道ゼミナール -大手私鉄編-」は、前作の「鉄道ゼミナール -JR編-」のシステムをベースに開発が行われた業界初の全国の大手私鉄全16社のデータを収録したゲームソフト。向谷さんも見どころとして挙げる、ゲーム起動時に羅列する大手私鉄16社の社名が指すように、各社の許諾を取るのに苦労したのだとか。その調整は難航を極め、その苦労の成果として膨大なデータが収録された自信作となったとアピールした。特に大手私鉄16社のデータ収集はかゆいところにまで手が届く内容で、開発陣が色違いや改造した車両を撮影するために1日張り付いたりと苦労したのだとか。こうして収集したデータは私鉄各社でも持っておらず、図鑑としての価値も高い。向谷さんは特に95種類にも及ぶ車両がある近鉄の車両がすべてそろっていると会場を盛り上げた。

 ちなみに、大手私鉄16社と名前が羅列されているが、これはなにも本作製作時に勝手に決めたわけではなく、日本民営鉄道協会(民鉄協)の定める順番に準拠しているそうだ。内容は各社かたよりなく収録されており、これ1本で大手私鉄16社のすべてが分かるようになっているとアピールした。

wk_090122tetsu03.jpgwk_090122tetsu04.jpgwk_090122tetsu05.jpg

wk_090122tetsu06.jpg

 イベントは冒頭のゲーム紹介にたっぷりかけ、自慢の検定モードをデモンストレーションすることに。会場に集まったいずれも“鉄分”豊富なファンを解答者に、馴染みが薄いと目論んだ西鉄の検定をしてみるも、なんと全問正解という向谷さんも驚愕の結果になった。鉄道検定モードには、SUPER BELL”Zさんと向谷実さんによる各私鉄をイメージしたオリジナル曲をBGMに、各私鉄の代表的路線を始発駅から終着駅までクイズに答えながら進む「各社検定」と、私鉄16社から総合的な出題が行われる「総合検定」(3段階の難易度あり)、そして100問、1000問、3000問の3つのコースを用意した「サバイバル検定」がある。サバイバル検定について向谷さんは、「ニンテンドーDSのバッテリーが切れるか、全問解くのが先か。ぜひアダプターをつないで挑戦してみてください」と、その内容に自信をのぞかせた。なお、サバイバル検定は当初5回間違ってもいいようになっている。

 本作では向谷さんとSUPER BELL”Zの2人がかわいらしいイラストで、ナビゲーターとして登場する。向谷さんは微妙にメタボぎみな造形に不満なのだとか。ちなみに、SUPER BELL”Zの2人は普段から使用しているイラストで、現実よりやけにすっきりしていると、これまた向谷さんは不満そうだった。また、“ママ鉄”となった豊岡さんも交えて選りすぐりの問題を解いてみたが、こちらもさすがに全問正解に。でも、ゲームはなかなか歯が立たなかったのだそうだ。ちなみに、クイズに出てきた相鉄について向谷さんは、私鉄としてはじめて専用の撮影車を走らせてもらい、トレインシュミレーターを作れたことを振り返り、それが今日の開発につながっていると語ってくれた。

wk_090122tetsu02.jpg 向谷さんはミニライブ中、SUPER BELL”Zがマスコンを演奏に使用しているのを見て、キーボードにもマスコンをつけて、改造したいとこれまたジャストアイディアで盛り上がる

 ゲーム紹介のあとは、「鉄道ゼミナール -音楽編-」に収録されている、本作のために製作された楽曲を披露するミニライブが行われた。各社検定モードでは短時間しか収録されていないが、「鉄道ゼミナール -音楽編-」ではたっぷりと聞くことができる。向谷さんは「せっかくだから『鉄道ゼミナール -音楽編-』と『鉄道ゼミナール -大手私鉄編-』を並べたら線路がつながっているなどの“相互直通”もしておくべきだった」とジャストアイディアを今さらながら思いついたことを後悔。次回あればぜひ実現したいと豊富を述べた。しかし、その次回作がいわゆる中小私鉄各社を扱うことになるかもということに関しては、ちょっと腰が引けると話していた。

「鉄道ゼミナール -大手私鉄編-」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンル教養
発売日2009年1月22日
価格(税込)5040円
「鉄道ゼミナール -音楽編-」は、2009年1月22日発売。価格は2800円(税込)
(C)TAITO CORP.2008
東武鉄道株式会社・西武鉄道株式会社・小田急電鉄株式会社・東京急行電鉄株式会社・東京地下鉄株式会社・名古屋鉄道株式会社・南海電気鉄道株式会社・阪急電鉄株式会社・西日本鉄道株式会社 商品化許諾済
京成電鉄株式会社・京王電鉄株式会社・京浜急行電鉄株式会社・相模鉄道株式会社・近畿日本鉄道株式会社・京阪電気鉄道株式会社・阪神電気鉄道株式会社 許諾済



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping