「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news117.jpg

週間ソフト販売ランキング:あれ、デジャブ?

いいえ、マルチです。同じタイトルが並んでいるのは、対応機種が異なるから。

週間ソフト・セルスルーランキング

2009年01月26日〜2009年02月1日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PSPテイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2バンダイナムコゲームス2009年1月29日5200円21万300021万3000
2PSPワールドサッカー ウイニングイレブン 2009KONAMI2009年1月29日4980円10万900010万9000
3PS2ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009KONAMI2009年1月29日6980円10万800010万8000
4NDSファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム(同梱版含む)スクウェア・エニックス2009年1月29日5040円10万200010万2000
5PSPモンスターハンターポータブル 2nd G (PSP the Best)カプコン2008年10月30日3140円2万300038万
6Wii太鼓の達人Wiiバンダイナムコゲームス2008年12月11日7980円2万300033万9000
7Wiiファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイムスクウェア・エニックス2009年1月29日5040円2万20002万2000
8WiiWiiであそぶ マリオテニスGC任天堂2009年1月15日3800円2万10万9000
9NDSリズム天国ゴールド任天堂2008年7月31日3800円2万163万4000
10WiiWii Fit任天堂2007年12月1日8800円1万9000321万5000

メディアクリエイト調べ


 ご覧のとおり、KONAMIの「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009」と、スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム」が2つずつ仲良くランクインしております。「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009」は、PSPとプレイステーション 2で。「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム」はニンテンドーDSとWiiとで発売されています。ここで、注目なのは「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム」のニンテンドーDS版が約10万本に対して、Wii版が約2万にとどまっている点。この開きはやはり気になります。

 そんな中、先週発売となった「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」がぶっちぎっての1位となった。「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」は、「テイルズ オブ」シリーズの歴代キャラクターたちが、多数登場し共演するオリジナルシナリオ「テイルズ オブ ザ ワールド」の最新作として2006年12月に発売された「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー」の続編。確固とした世界観とキャラクターがその人気を支えているといってもいいでしょう。

 ちなみに「テイルズ オブ」シリーズは、第1作目の「Tales of PHANTASIA」を皮切りに、毎回異なるジャンル名を冠しているのは有名な話。「Tales of PHANTASIA」は当初は固有のジャンル名がありませんでしたが、後に「伝説のRPG」(PS/GBA版)もしくは「声が彩る、伝説のRPG」(PSP版)と呼称するようになりました。その後、「永遠と絆のRPG」や「運命を解き放つRPG」、「君と響きあうRPG」、「君が生まれ変わるRPG」、「絆が伝説を紡ぎだすRPG」、「生まれた意味を知るRPG」、「想いを繋ぐRPG」、「『正義』を貫き通すRPG」、「心と出会うRPG」と、ナンバリングタイトルだけでも、まぁーよくぞこれだけ命名したという感じで毎回違います。総じて見ると、なんとなくイメージは似ているのが分かるでしょう。

 さて、毎回なにかとどんなRPGなのか、ジャンル名が気になる「テイルズ オブ」シリーズですが、今作「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」は、「君のためのRPG」とのこと。なるほど、自分のためのRPGならばやらないわけにはいかないじゃないですか。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping