「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



ネットワークゲームへのパスポート(第12回):カンタン入国案内 Vol.6――「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」編

先週に引き続き、MMORPG「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」をご紹介しよう。このゲームの肝は、やはりドルアーガの塔の攻略。極端な言い方をすれば、このゲームのすべての目的は塔の制覇にある。25年前に、ビデオゲーム黎明期のゲーマーたちを悩ませた謎に勝るとも劣らない謎の数々が、プレイヤーを待ち受けている。

塔へのチャレンジではレベルが重要

 天高くそびえるドルアーガの塔。この塔の最上階に登ることが、このゲームの最終目的だ。旧アーケード版では60階まであった塔だが、「the Recovery of BABYLIM」では何階まであるかは明らかにされていない。昨年12月17日のアップデートで25階までは開放されているが、はたして60階が最上階なのか、それとも……?

 さて、塔に登るためにはいくつか把握しておかなければいけないことがある。もっとも重要なのが、下記のレベルによる制限だ。

  • 1:塔に登れる階数は、プレイヤーのレベルの1/2である。
  • 2:塔の中にいるプレイヤーのレベルは、階数の2倍に揃えられる。

 ちょっと分かりにくいので、実際の例を挙げて説明しよう。レベル10のプレイヤーが塔に登ろうとしたとする。彼が登れる上限は、レベルの1/2、つまり5階まで。彼が3階にいるときのレベルは6になるわけだ。しかし、レベル制限はけっこう曲者。現在このゲームのレベルキャップは50だが、レベル50に達した最強のプレイヤーといえども、塔の1階ではレベル2にされてしまうのだ。さらに、武器や防具は適正なレベルでないと十分な効力を発揮しない。例えば塔の2階、レベル4の状態では、レベル10以上で装備できる鎧よりも、レベル1からで装備できる鎧のほうが防御力が高い、なんてこともある。大ベテランも初心者も、塔の中では同じ条件で冒険を楽しめるのは、このゲームの大きな特長の1つだ。

wk_090206pass01.jpg 塔内ではかなり厳しい戦いが要求される。生き残ることができるか?
wk_090206pass02.jpg 特定の階には、ボスキャラも登場。巨大スライムを倒せ!

仲間の絆が命をつなぐ! 塔内ではパーティプレイを

 前述のように、塔の中ではすべてのプレイヤーが同じレベルにされてしまう。登場するモンスターはそのレベルよりもちょっと強い程度に調整されているので、かなり腕に自信があるとしてもソロプレイはオススメできない。「たかがスライム……」などと思っていると、あっという間にお陀仏となってしまう。

 そこで重要になってくるのがパーティプレイだ。塔には最大5人のパーティで挑戦できるが、ぜひとも5人そろって冒険にでかけよう。前衛でダメージを引き受けるソルジャー、回復役のドルイドの存在は必須。さらに強力な攻撃力を誇るメイジとスカウトをどんな割合で加えるかで、塔内の戦闘バランスは一変するだろう。例えばソルジャー2人・ドルイド3だと、生存確率は大幅にアップするがダメージ効率は低くなる。そこでソルジャーとドルイドをそれぞれスカウト、メイジに一人ずつ入れ替えると、強力な打撃力を誇るパーティに早変わり。この編成だと、盾役のソルジャーが手持ち無沙汰に感じてしまうこともあるかもしれない。

 ソルジャーやスカウトのスキル、ドルイドやメイジの魔法も、塔内のレベル制限の影響を受けることも重要なポイントだ。上の階に登るごとに、使えるスキルや魔法が増え、塔外での実力を発揮できるようになるわけだ。自分たちのパーティがいる階によって、作戦を変えていくのも効率のよい戦闘の基本だ。

wk_090206pass03.jpg 戦闘には魔法での支援も欠かせない。ドルイドの魔法で体力回復!
wk_090206pass04.jpg 役割分担をきっちりやることが、塔内での戦闘の基本だ

伝説のゲームクリエイターも登場、そしてアニメ&ラジオとの連動も

 ゲームとしての面白さもさることながら、ゲーム外との連動を積極的に行っているのもこのゲームの特長の一つ。中でも、「ドルアーガの塔」の生みの親であり、「ゼビウス」など数多くの名作ゲームを送り出した伝説的ゲームクリエイター、遠藤雅伸氏がプレイヤーとして参加しているというのはオールドゲーマーには見逃せないポイントだろう。遠藤氏のキャラクターは実際の遠藤氏そっくりの外見をしている。ゲーム内で見かけたら気軽に話しかけてみよう。

wk_090206pass05.jpg ゲームの神様、遠藤雅伸氏と遭遇! メガネの男性キャラが遠藤氏です

 1月から第二期がスタートしたアニメ「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」との連動クエストも豊富に用意されている。「ドルアーガ」の世界はすべて共通の背景を持っている。25年前のアーケード版の数カ月後がMMO版、アニメ版はそこから80年後……というタイムラインとなっているのだ。

 アニメ第二期がスタートし、ハンゲームやネクソンからのプレイが可能になった現在、「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」には新規参入プレイヤーが急増している。悪魔ドルアーガの塔に挑むなら、今がチャンスだ。

バックナンバー

  • カンタン入国案内 Vol.1――「モンスターハンター フロンティア オンライン」編→part1part2
  • カンタン入国案内 Vol.2――「ラグナロクオンライン」編→part1part2
  • カンタン入国案内 Vol.3――「Heroes in the Sky」編→part1part2
  • カンタン入国案内 Vol.4――「ルーセントハート」編→part1part2
  • カンタン入国案内 Vol.5――「Alliance of Valiant Arms」編→part1part2
  • カンタン入国案内 Vol.6――「ドルアーガの塔 〜the Recovery of BABYLIM〜」編→part1
本連載は、不定期にタイトルを選んで紹介していきます。連載順は順不同となっております。

(C)NBGI / イズミプロジェクト
published by GONZO ROSSO K.K.
produced by Q Entertainment Inc.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping