「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



都市を鉄道を中心に考える――「A列車で行こうDS」

wk_090220A01.jpg

 アートディンクは、ニンテンドーDS用ソフト「A列車で行こうDS」を4月23日に発売する。価格は5500円(税込)。

 「A列車で行こうDS」は、都市開発鉄道シミュレーションゲーム「A列車で行こう」シリーズの最新作。“鉄道会社のオーナーとして、レールを敷き、列車を走らせて、街を育てていく”という、本シリーズが持つ基本要素はそのままに、ニンテンドーDS向けに内容を一新したもの。プレイヤーは、前述したとおり鉄道会社のオーナーとなり、レールや駅、列車といった鉄道インフラを整えて街を育てていくほかに、レジャー施設やデパートといった子会社の経営、株式投資といった多角的な会社経営を楽しむことができる。

 すべての操作をタッチペンで行い、線路の敷設や撤去などの作業ができる簡単仕様で、初めての人でも楽しめるように、チュートリアル用のマップを搭載。操作の仕方や遊び方のヒントを聞きながら、悩むことなく安心して遊ぶことができる。

 なお、クリア条件や時間制限が違うマップ(シナリオ)を12種(チュートリアルつき3種、通常9種)用意。災害都市の復興や、観光都市の創設など、さまざまな都市が抱える課題を鉄道で解決することになる。また、3Dカメラモードを搭載しており、車窓からの風景はもちろん、自由な視点で街を眺めることができる。

 2月20日よりティーザーサイトもオープンする。

「A列車で行こうDS」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンル都市開発鉄道シミュレーション
発売予定日2009年4月23日
価格(税込)5500円
(C) 2009 ARTDINK. All Rights Reserved.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping