「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news129.jpg

週間ソフト販売ランキング:龍さん大暴れ

要は東京や沖縄で暴れたり、遊んだりします。

週間ソフト・セルスルーランキング

2009年2月23日〜2009年3月1日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PS3龍が如く3(同梱版含む)セガ2009年2月26日7980円37万200037万2000
2PSP真・三國無双 MULTI RAID(同梱版含む)コーエー2009年2月26日5040円21万900021万9000
3NDSマリオ&ルイージRPG3!!!任天堂2009年2月11日4800円5万200030万7000
4Wiiワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード2 目覚める勇者バンダイナムコゲームス2009年2月26日6090円4万50004万5000
5NDSゲームセンターCX 有野の挑戦状2(限定版含む)バンダイナムコゲームス2009年2月26日5040円4万40004万4000
6NDSサンデー×マガジン 熱闘!ドリームナインKONAMI2009年2月26日5250円2万30002万3000
7PS2ザ・キング・オブ・ファイターズ2002 アンリミテッドマッチSNKプレイモア2009年2月26日5040円1万90001万9000
8360スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-(同梱版含む)スクウェア・エニックス2009年2月19日8925円1万700017万9000
9Wii太鼓の達人Wiiバンダイナムコゲームス2008年12月11日7980円1万700040万
10WiiWii Fit任天堂2007年12月1日8800円1万6000327万7000

メディアクリエイト調べ


wk_090305top01.jpg 「ありがとうございましたー!」と一馬さんがお礼(本当は詫びているスクリーンショットです)

 セガより発売されたプレイステーション 3「龍が如く3」が売れています。1万台用意されていた同梱版も予約の段階ですべて売れており、まだまだ勢いは止まらないといった感じだ。さて、この「龍が如く3」。筆者的に泉谷しげるさんがアテレコしている沖縄・琉道一家の名嘉原茂が、どうしても俳優の渡辺哲さんに見えて仕方がありません。

 さて、記事にもなりましたが、コーエーのPSP「真・三國無双 MULTI RAID」では、ITmedia +D Gamesとのタイアップクエストとして「藍亭の戦い」が配信されています。基本的には官渡の戦いをベースにした中級向けのクエストで、けっこう骨の折れる内容となっている。勝利すると報酬として、雷属性のオリジナルアイテム「IT武幻」が入手できるほか(ITだけに電気)、特殊報酬としてこれまたランク高めの軍師の書、巨大狼の像、紫水晶、瑠璃などが入手できます。

 「IT武幻」の効果は、武幻の「気絶波動改」とほぼ同じ(効果値がIT武幻のほうが若干強い)覚醒状態でいる間、周囲の敵を気絶させる波動を放ちつづけるというもの(ときどき敵が気絶する)。ゲーム内で作成できる「気絶波動」がLv20、「気絶波動改」がLv35のレベル制限があるのに比べて、「IT武幻」はレベル制限なし(Lv1から装備可能)というのが大きなメリットです。

 ちなみに、藍亭の戦い。読み方は“あいてぃのたたかい”なのですが、一瞬街亭の戦いみたいで、本当にありそうな感じなのがミソです。

(C) SEGA



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping