「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news007.jpg

「バイオハザード」シリーズの次回作について考えてみた

「バイオハザード5」の発売から2週間も経っていませんが……この後の展開が気になって仕方ありません。

 先週の1位を獲得したのは、連載「日々是遊戯」の記事「合計12万枚、重さ144キロもの「遊戯王カード」コレクションがヤフオクに」。KONAMIのトレーディングカードゲーム(TCG)「遊☆戯☆王 5D's オフィシャルカードゲーム」からの引退に伴い、集めたカードをYahoo!オークションでまとめて処分した猛者の話でした。総重量144.2キロって……“スゴいしか言葉が思いつかない”とは、まさにこのことですね。

 その後も2位が「ユニクロから素敵すぎるゲームTシャツが登場」、3位が「待ち、当て投げ、連コイン――格闘ゲームでのマナー、どこまでOK?」、4位が「「総額2兆円」でゲーム業界にも追い風? ゲームショップでも「定額給付金セット」販売がスタート」と、日々是遊戯が圧倒的な強さを見せつけております。

 私が取材に行った「「モンスターハンター3(トライ)」の操作タイプは3種類――シリーズ5周年パーティーで明かされたこと」は5位にランクイン。モンスターハンター3(トライ)のネタは久々ということで、もうちょっと上にいくかと思ったのですが、日々是遊戯の牙城を崩すには至りませんでした。

 ちなみに、モンスターハンター3(トライ)には、3種類の操作タイプが用意されるようですが、私はボタンを押して攻撃を行う「クラシック操作1(PSP向けのシリーズタイトルと同じ)」ではなく、アナログスティックを倒して攻撃を行う「クラシック操作2(プレイステーション 2向けシリーズタイトルと同じ)」になる可能性が高いです。PSP用ソフト「モンスターハンター ポータブル」からPS2用ソフト「モンスターハンター2(dos)」に移った時がそうでしたが、コントローラの右にアナログスティックがあると、自然とそちらを使ってしまいます。フリースタイル操作は……たぶん最初に数回試す程度になるんだろうなぁ〜(クラシックコントローラを購入済なのでと言い訳しておきます)。

 6位に「「バイオハザード5」クリア後のお楽しみ――ザ・マーセナリーズを動画で紹介」、9位に「最大4人で戦うオンライン専用モードを投入――「バイオハザード5」」が入ってますので、「バイオハザード5」にも少し触れておきます。個人的にもプレイしている本作ですが、現在、4周目に突入しております。1周目はチキンプレイに徹してましたが、2周目、3周目になるにつれ、恐怖心が薄れていきました。アイテム持ち越しですので、弾薬切れでオロオロすることがなくなったとも言えますが……。

 ネタバレになってしまうので詳しくは触れませんが、発売記念インタビューでプロデューサーの竹内潤氏が、バイオハザード5について「ストーリーとしては、起承転結の“転”にあたるものが展開します」と語っていました。クリア後に感じたことは、“これ、どうやって終わるんだろうか?”というものです。3月13日に「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」が発表されましたが、「バイオハザード コード:ベロニカ」や「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」のように、シリーズの空白を埋めるタイトルが出るということなんでしょうか。

 さらに一歩踏み込んで考えると、“次は誰を主人公にするんだろうか?”という疑問もあります。クリス・レッドフィールドでもう1回? エイダ・ウォンとの因縁(と言っていいんですかね?)が残るレオン・S・ケネディ? 意表をついて、すでに20歳を超えているはずのシェリー・バーキンとか? よくよく考えてみると、生き残っているキャラクターで、その後がどうなったのか不明なキャラクターって結構いますね。バイオハザード5が発売されたばかりで考えることではありませんが、個人的にはバリー・バートンを出してほしいと思っています。いかがでしょうか? カプコンさん。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping