「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news070.jpg

週間ソフト販売ランキング:選ぶのも大変

96人のプレイアブルキャラクターを用意する、人気シリーズ最新作が1位を獲得した。

週間ソフト・セルスルーランキング

2009年3月9日〜2009年3月15日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PS3無双OROCHI Zコーエー2009年3月12日7560円11万200011万2000
2PS3バイオハザード5(同梱版含む)カプコン2009年3月5日8800円6万100038万1000
3NDS立体ピクロス任天堂2009年3月12日3800円3万80003万8000
4NDSマリオ&ルイージRPG3!!!任天堂2009年2月11日4800円3万800038万9000
5PSP真・三國無双 MULTI RAID(同梱版含む)コーエー2009年2月26日5040円3万300031万6000
6WiiWiiであそぶ ピクミン2任天堂2009年3月12日3800円2万90002万9000
7PS3龍が如く3(同梱版含む)セガ2009年2月26日7980円2万400044万9000
8NDSセブンスドラゴンセガ2009年3月5日5040円2万200010万2000
9PSPモンスターハンターポータブル 2nd G (PSP the Best)カプコン2008年10月30日3140円1万600048万4000
10PSPRESISTANCE 〜報復の刻〜SCE2009年3月12日4980円1万60001万6000

メディアクリエイト調べ


 今週は3月12日発売の新作4本――「無双OROCHI Z」「立体ピクロス」「Wiiであそぶ ピクミン2」「RESISTANCE 〜報復の刻〜」がトップ10にランクイン。1位を獲得した無双OROCHI Zは、「無双OROCHI」と「無双OROCHI 魔王再臨」の世界を1本のソフトにまとめたタクティカルアクション。源義経の家臣「弁慶」や仙界のアイドル「三蔵法師」を新たに加え、総勢96人のキャラクターでプレイできるようになった。次回作では100人の大台を超えているかもしれない。

 「無双」シリーズでいえば、ITmedia +D Gamesとのコラボレーションクエスト「藍亭の戦い」「藍亭砦攻防戦」がPlayStation Storeにて配信中の「真・三國無双 MULTI RAID」も5位に入っている。藍亭砦攻防戦で入手できる報酬のひとつ「IT武幻」は、覚醒状態でいる間、周囲の敵を気絶させる波動を放ちつづける(時々敵が気絶する)武幻「気絶波動改」とほぼ同じ(効果値がIT武幻のほうが若干強い)効果を持っている。レベル1から装備可能なので、ぜひとも入手してもらいたい。

 そのほかに目を移すと、先週の販売ランキングでトップを獲得したプレイステーション 3版「バイオハザード5」が2位となっている。順位はひとつ下がってしまったものの、3月16日には全世界での出荷本数が400万本を突破したことが発表されるなど、売れ行きは好調のようだ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping