「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



マクロスFに夏目友人帳――2008年の人気アニメが旋風を巻き起こした第3回声優アワード詳細リポート (2/3)

中盤戦に入り、誰もが聞いたことのある声を持つ大御所たちのご登壇!!

wk_090330sa09.jpg アトム君を優しい瞳で見つめる水垣さん(中央)と清水さん

 次に発表されたのはシナジー賞。こちらもピンと来ないかもしれないがシナジー賞は声優の魅力を最大限に発揮した作品に贈られる賞だ。今回シナジー賞に輝いたのは1963年、日本で最初の1話30分の連続テレビアニメーションとして制作され、現在に至る日本のアニメ文化隆盛の基礎を築いた「鉄腕アトム」だ。作品を代表して、放送開始当時の声優陣からアトム役を演じた清水マリさん、ウラン役を演じた水垣洋子さん、お茶の水博士を演じた勝田久さんが登壇、さらにアトム君がお祝いに駆け付けた。

 受賞にあたって清水さんは「最初にアトムの声を出したのは昭和37年の秋です。手塚先生のところでパイロット版の声を出しました。そのときに手塚先生が『アトムに魂が入ったよ』って言ってくださったのが始まりで、今までアトム君とずっと付き合わせていただいています」と、当時のエピソードを披露。その光景を想像するだけで目が潤まないだろうか……。

 一転して水垣さんは「ウランです」とウランの声を聴かせてくれた! 続けて「若いころに、このような素晴らしい作品に出会って、何十年もたった現在、こんな素敵な賞をもらえるのが夢のようです。手塚先生にお礼とスタッフのみなさまに感謝を言いたい気持ちでいっぱいです」(水垣さん)


wk_090330sa10.jpg 勝田さんの発言にはインタビュアーの遠藤さんも思わず笑ってしまう

 勝田さんも「わしゃ科学庁長官のお茶の水博士じゃ」と大サービス! 「正真正銘じじいでございまして、来月82歳でございます。声優生活も60年になりますから思い出もいっぱいあるんですが、まだまだ頑張っていきたいと思います。ここで手塚先生にお礼だけ申し上げておきたいですね。手塚先生、描いてらっしゃいますか? そうですか、僕もかいてます。恥ばっかり」この大舞台で冗談を言う余裕――さすがの貫録だ。会場から笑いが起こる。「こんな立派な賞をいただきました。すべて先生のおかげです。先生との出会いがこんな幸運をもたらしてくれたんだと思います。感激しております」(勝田さん)

 アトム君も舞台から下り、特別功労賞の発表へ。特別功労賞は外国映画を中心に、長年にわたって大きく貢献した作品および声優から選ばれる。今回選ばれたのは2006年10月29日に永眠なさった武藤礼子さん。「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュースなど、優しく包み込むような声で多くのファンを魅了した大女優だ。

wk_090330sa11.jpg 武藤礼子さん。武藤さんには司会の長谷川さんも楽しませていただいたという

 特別功労賞に引き続き、功労賞が発表される。功労賞も外国映画を中心に、長年にわたって多くのジャンルで貢献した声優および作品から選ばれる賞だ。功労賞には「夜の大捜査線」のロッド・スタイガー、「平成天才バカボン」のバカボンのパパなど、2枚目から3枚目まで数多くのキャラクターを演じた富田耕生さん、「北斗の拳」のラオウなど豊富なキャリアと深みのある声で幅広い役を演じた内海賢二さん、「ハリー・ポッター・シリーズ」のリチャード・ハリス、「サザエさん」の磯野波平など、幅広い分野で活躍した永井一郎さんが選ばれた。


wk_090330sa12.jpg 左から富田耕生さん、司会の遠藤さんを挟んで内海賢二さんと永井一郎さん

 皆さんそれぞれ「面映ゆいです。武藤礼子さんのお顔を見て懐かしく思っています。今日はありがとうございました」(富田さん)、「こんな私にこんな素晴らしい賞をくださるなんて、生きてて良かったですよ。私を育ててくれました業界の皆さん、良きパートナーでもある奥さん、本当に感謝しております。それからファンのみなさん! 我々受賞者だけではなく、声優業界これからも応援よろしくお願いいたします!」(内海さん)、「この年でこんな感激があるとは思いませんでした。私を支えてくださった方、声優の仲間たち、本当にありがとうございました。命ある限りやっていくつもりです」(永井さん)とコメント。皆さん年齢を全く感じさせない、素晴らしい美声の持ち主ばかりだ。本当に、どうか絶えることなくいつまでもその美声を聴かせていただきたいものだ。


wk_090330sa13.jpg 山寺宏一さん。今やおはスタに留まらず、様々な番組で見ることができるようになった

 次に発表されたのは話題賞とも言われる富山敬賞。声優という職業を、各メディアを通じて広めた人物に贈られる。今回富山敬賞に輝いたのはバラエティ番組「おはスタ」の司会を始め、映画、ドラマ、舞台、CMとその活躍の場を広げている、新世紀エヴァンゲリオンの加持リョウジ役などでも知られる山寺宏一さんだ。

 山寺さんは開口一番、「おっはー!」と元気にあいさつし、会場を沸かせた。「非常にうれしく思っております。富山敬さんの名前が付いている賞ということで、僕は子どものころから本当に大好きで憧れて、この業界に入ってからも何度も共演させていただきました。二人っきりでご飯を食べたことが一度あって、そのときに『山寺君はいいよ、これからも頑張って』って言われたことを思い出しました。感慨もひとしおです。いろんな番組にちょこちょこ出させていただいているんですけれども、毎日早起きして頑張った自分にありがとう! 冗談です(笑)。11年前におはスタに出させていただいたことにより、いろんなところに出させていただいているのかなと思いますので、おはスタのスタッフ、関係者にありがとうと言いたいです。これからも富山敬さんの名に恥じないように声優を頑張ります。最終的な目標はここで功労賞をいただくことです! 長くやるってことはとにかく大変だと思うので、長く、これからも一線で頑張っていきたいと思います」(山寺さん)

wk_090330sa14.jpgwk_090330sa15.jpg ころころと表情豊かな山寺さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.