「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



「Halo 3」の追加マップ配信――シルバーメンバーシップの方に朗報

 マイクロソフトは、Xbox 360用ソフト「Halo 3」の新しい追加マップが4月9日に配信した。この配信を記念して、期間限定で「Halo 3」のマルチプレイをシルバーメンバーシップのユーザーにも無料で開放することが決定した。

 今回配信されたのは「Halo 3 Mythic マップパック」(800マイクロソフトポイント)。

  • Sandbox:砂の下には地下エリアが隠されている広大な荒地。無限にカスタマイズ可能な “Forge (フォージ)” 機能を使って、大型の乗り物での対戦を楽しめる。Forgeマップエディターを使用すれば、階層構造の開放的なレイアウトで自分だけのオリジナルゲームをプレイできる
  • Assembly:スカラベが製造されていたコヴナントの兵器工場。適度な広さを持つマップ上には2つのまったく同じ基地が存在し、「Slayer」だけでなく「Capture the Flag」や「Assault」のようなオブジェクトゲームをプレイするのに最適なマップ。
  • Orbital:人類の科学技術の粋をこらした宇宙ステーション。比較的小さめの左右非対称なマップで、Quito Space Tetherのドッキングステーションの中にある。「One Flag」、「One Bomb」、「Slayer」など、どんな対戦も十分楽しめるマップ。
※本マップパックは「Halo Wars リミテッドエディション」に含まれる「Halo 3」用ゲーム追加コンテンツ「Halo 3 Mythic マップパック」と同じもの。

 前述したとおり、「Halo 3 Mythic マップパック」の配信開始を記念して、Xbox LIVEゴールドメンバーシップの特典であるオンラインマルチプレイを「Halo 3」において期間限定でシルバーメンバーシップの方にも解放される。

  • 実施期間:4月11日午前2時〜4月14日午前2時

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping