「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



今後のセガを担う注目タイトルお披露目――「セガ コンシューマ新作発表会 2009」

セガは4月14日、今夏以降に発売を予定している注目タイトルを一挙に紹介する発表会を、秋葉原UDXで開催。「ぷよぷよ7」、「BAYONETTA(ベヨネッタ)」、そして「End of Eternity(エンド オブ エタニティ)」が紹介された。

wk_090414sega00.jpg

 セガは4月14日、今夏以降に発売を予定している注目タイトルを一挙に紹介する「セガ コンシューマ新作発表会 2009」を秋葉原UDXで開催した。「ぷよぷよ」新作のプロモーションキャラクター発表会も行われた。


wk_090414sega01.jpg

 発表会では、セガの執行役員 国内CS事業部 事業部長にこの4月に就任した川越隆幸氏が登壇。周知の通りと前置きし、国内のゲーム市場が5年ぶりに減少に転じたことを報告し、ハードが成熟期を迎えた売れ行きが落ち着いたためと分析する。その中でもセガは、PSP「ファンタシースターポータブル」やPS3「龍が如く3」といったハーフミリオンタイトルを世に送り出しながらも、年末商戦では振るわず苦戦を強いられ、セガとしても苦しい1年だったと振り返った。

 川越氏はそれを踏まえてもなお、悲観的ではなく、ソフトは堅調に推移するとの見通しの元、今期はハードの特性に合わせた質の高いものを提供すると誓う。そして、感動と元気を与えたいとの意気込みを語った。

 このあと発表会では、「ぷよぷよ7」、「BAYONETTA(ベヨネッタ)」、そして「End of Eternity(エンド オブ エタニティ)」について開発陣が登壇し説明。ゲームの内容や開発するに至った経緯などを紹介した。

wk_090414sega02.jpg

 まず最初は、“へんしん”と“あんしん”というコンセプトの元、新ルールの「だいへんしん」を加えた「ぷよぷよ」シリーズ最新作「ぷよぷよ7」のプレゼン。「ぷよぷよ7」は、ニンテンドーDS版が7月30日に発売、PSP版とWii版が今冬発売予定となっている(紹介記事、DSでぷよぷよシリーズ最新作発売決定――Wii&PSP版も「ぷよぷよ7(セブン)」を参照)。登壇した第二CS研究開発部の細山田水紀プロデューサーは、誰でも楽しめるぷよぷよという部分を大切にしたいと、初心者でも安心のチュートリアルモード「あんしん」を収録。DS版では、「Wi-Fi対戦」や「ワイヤレス対戦」など、みんなで楽しめるモードも収録されると語った。


wk_090414sega03.jpgwk_090414sega04.jpg 新ルール「だいへんしん」では、キャラクターが大人の姿や子供の姿に変身。それに伴い、ぷよも大きくなったり小さくなったりする。プレイ感は変わらずに、直感で楽しめるようになっている

 また、初心者へのフォローとしてチュートリアルモード“あんしん”を収録。ルール説明や対戦で勝つための連鎖の組み方を学べるため、まだプレイしたことがない人でも安心して遊べると説明した。さらにDS版では、知らない人とも対戦できる“Wi-Fi対戦”や、人数分のDSがあればすぐに対戦できるダウンロードプレイも可能な“ワイヤレス対戦”などの各種モードも楽しめる。

 また、プロモーションキャラクターに、女優の戸田恵梨香さんが起用されることも報告。こちらについては別記事(「ぷよぷよ」がなくなると困ります――セガ「ぷよぷよ7」プロモーションキャラクターに戸田恵梨香さん起用)を参照してもらいたい。

wk_090414sega06.jpg

 次に登場したのはプラチナゲームズの橋本祐介プロデューサー。常にクライマックスの興奮と映像美を提案するプレイステーション 3/Xbox 360用クライマックス・アクション「BAYONETTA(ベヨネッタ)」を紹介した(紹介記事は魔女は、その微笑みと美しい黒髪で天使を堕とす――「BAYONETTA(ベヨネッタ)」を参照のこと)。

 橋本プロデューサーは、ダークヒロインの活躍こそがコンセプトのひとつと掲げる。物語的には“ルーメンの賢者”と“アンブラの魔女”という太古から続く2種族がなぜ滅びたのかがカギとなるとのこと。唯一生き残った魔女・ベヨネッタの失われた記憶を探るというのがストーリーの主軸となる。また、クライマックス・アクションを標ぼうする理由として、どんな場面でもクライマックスシーンが用意されており、テンションを高く維持してくれることを挙げた。

 なんといっても多彩な攻撃ができることが特徴で、しかもそれが簡単に使用できると橋本氏。敵の攻撃を寸前で避けると、魔力によって敵の動きがスローになるなど、メリハリも効いている。実際にデモプレイが披露されたが、流れるように周囲の敵を殲滅していた。ちなみにベヨネッタは髪の毛を触媒にして、魔人や魔獣を召喚するのだが、そもそも身体を覆う衣服も髪の毛で作られているため、大物を召喚しようとすると衣服の面積が減少するという設定だ。

wk_090414sega07.jpgwk_090414sega08.jpgwk_090414sega09.jpg 手と足に武器を装備して戦うスタイルのベヨネッタは、時には敵から武器を奪い使用することもできるほか、さまざまな戦闘スタイルを持つ。攻撃するとたまるゲージを開放して拷問技をかけたり、自らの髪の毛を触媒にして召喚する魔人や魔獣で敵を砕く

 ステージによっては、ベヨネッタの何倍もの大きさを誇るボスも登場する。時にはステージそのものではないかと疑う超巨大なボスも登場するとのこと。デモプレイでは、ベヨネッタの戦闘のほか、舞台設定についても触れられた。それによると、ベヨネッタが天使と戦う世界は、現実世界とは異層にあり、姿は見えなくても、なんらかのアクションによっては、現実世界の人間が超常現象(モノが壊れる、音がするなど)と勘違いし、逃げまどうのだそうだ。

wk_090414sega10.jpg

 最後に登壇したのは、CS編成室室長の宮崎浩幸氏とトライエースの五反田義治代表取締役。宮崎氏と五反田氏が紹介するのは、トライエースとセガが2009年冬に世に送り出すPS3/Xbox 360用RPG「エンド オブ エタニティ」だ(紹介記事はセガ×トライエースの新作RPGプロジェクト始動――「End of Eternity(エンド オブ エタニティ)」を参照)。

 宮崎氏が、「臆面もなく言わせてもらえば、超大作と名付けたいくらいの作品」と評するように、今後セガの代表作となりうるほどの期待作とのこと。国内のファンが多いRPGというジャンルにあえて直球勝負で挑むべく、トライエースの開発力をもって、これまでのRPGのイメージを打ち破りたいと語る。

 「一切無駄のない映像」と宮崎氏が自負するほど、ストーリーも世界観も意欲的な作品に仕上がっているとのこと。「キャラクターが大勢登場するだけのものではなく、世界観、ストーリー、キャラクターとすべてに渡って練り込んでいる」と、本作では世界観と戦闘システムを徹底的に洗い出した。

wk_090414sega11.jpgwk_090414sega12.jpgwk_090414sega13.jpg 五反田氏

 最後に宮崎氏が、「現在、完全新作で大型のタイトルを国内で立ち上げるのは難しい状況にあります。しかし、それを勇気と信念を持って日本のメーカーがやることが必要です」と語り、それがトライエースがくれたと締めたのが印象的だった。

(C)SEGA



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping