「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news099.jpg

一番の苦労は“ぷるん”――「タクティクスレイヤー」メイド喫茶とタイアップ

ディースリー・パブリッシャーより発売されたニンテンドーDS用コスプレ戦略シュミレーション「タクティクスレイヤー 〜リティナガード戦記〜」とコラボした期間限定メニューが提供されている。

ぷるんは正義

wk_090528tact01.jpg 発表会は、ぴなふぉあ2号店で開催。「ぷるんっ! は正義です!」と熱く語るのはプロデューサーの杉崎祐一氏

 ディースリー・パブリッシャーより5月28日に発売されたニンテンドーDS用コスプレ戦略シュミレーション「タクティクスレイヤー 〜リティナガード戦記〜」が、秋葉原のメイドカフェ「ぴなふぉあ」とタイアップ。限定メニューの提供を伝える発表会を行った。

 「タクティクスレイヤー 〜リティナガード戦記〜」は、セーラー服やメイド服、体操着やスク水といったコスチュームを変更・組み合わせることで、コスチューム特有の能力を引き出し戦闘を有利に進めていくシミュレーションゲーム。発表会では杉崎祐一プロデューサーが登壇し、ファンタジーでありながら現代のコスプレを取り入れたゲームシステムについて紹介した。開発はまさに苦労の連続だったと振り返る杉崎氏がもっともこだわったのは、いわゆる“ぷるん”の部分。本作は衣装を着替える際に、そのキャラごとに胸が違った“ぷるん”をする。プログラムで演算処理して揺らしており、その表現にはかなり苦労させられたらしく、キャラクターデザインを手掛けた吉田音さんとも熱い議論を交わしたとエピソードを披露した。なお、吉田音さんが描くイベントシーンは30くらいになるとのこと。

wk_090528tact04.jpgwk_090528tact05.jpgwk_090528tact06.jpg

 キモとなるコスチュームについても研究に研究を重ねたものが収録されており、70セットを用意。サブキャラクター合わせて15人以上のキャラクターへの着せ替えが楽しめる。恋愛要素も取り入れた意欲作であり、その意欲が今回のメイド喫茶とのタイアップにつながったともいえる。次回作があれば、会場となった「ぴなふぉあ」のメイド服も収録したいと杉崎氏は語った。

 ちなみに、コスチュームは2週目以降も引き継がれる。図鑑で確認もできるので、収集していないコスチュームは2週目で獲得していこう。また、Wi-Fi通信を使って、新たなコスチュームをダウンロードすることも可能。2週間の周期で内容が変更されるそうだ。

 肝心のタイアップについてだが、5月28日〜5月31日、6月6日〜7日の期間、「ぴなふぉあ 2号店」で本作をイメージした限定メニューが提供される(営業時間は正午〜午後10時、ラストオーダーは午後9時)。以下5品が用意され、すべて1200円、表面にキャラクターが裏面にぴなふぉあのメイドさんの写真が添えられている限定ラミカード付きとなる(限定ラミカードを全種集めると、隠しカードを獲得できる)。数量限定でゲームのポストカードも贈られる。

  • リサの夢色リティナガー丼
  • 結花のどきどきサラスガー丼
  • 由宇のクールにおまかせパフェ
  • エリコの元気いっパインかくてる(ノンアルコール)
  • 霧子の魅惑のパープルかくてる(アルコール)
wk_090528tact02.jpgwk_090528tact03.jpg タイアップメニューを発表。左から、由宇のクールにおまかせパフェ、リサの夢色リティナガー丼、結花のどきどきサラスガー丼、エリコの元気いっパインかくてる、霧子の魅惑のパープルかくてる

wk_090528tact07.jpgwk_090528tact08.jpg タイアップ期間中は、ゲームのコスプレをしたメイドさんが接客予定。スク水姿もあり?

「タクティクスレイヤー 〜リティナガード戦記〜」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルコスプレ戦略シュミレーション
発売日2009年5月28日
価格(税込)5040円
(C)2008 NINJA STUDIO (C)2008 D3 PUBLISHER



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping