「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news067.jpg

週間ソフト販売ランキング:魂の叫び

気持ちは分かります。

週間ソフト販売ランキング

2009年6月8日〜2009年6月14日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1NDS無限航路セガ2009年6月11日5500円3万80003万8000
2NDSキングダム ハーツ 358/2 Days(スリー ファイブ エイト デイズ オーバー ツー)(同梱版含む)スクウェア・エニックス2009年5月30日5980円2万800042万9000
3NDSスローンとマクヘールの謎の物語レベルファイブ2009年5月21日3500円2万600012万8000
4NDS逆転検事(同梱版含む)カプコン2009年5月28日5040円1万800023万3000
5PS3真・三國無双5 Empiresコーエー2009年5月28日5040円1万400011万7000
6PSPモンスターハンターポータブル 2nd G (PSP the Best)カプコン2008年10月30日3140円1万300073万5000
7WiiWiiであそぶ ちびロボ!任天堂2009年6月11日3800円1万10001万1000
8WiiWii Fit任天堂2007年12月1日8800円1万345万4000
9PSPヱヴァンゲリヲン:序バンダイナムコゲームス2009年6月4日6090円80002万3000
10Wiiアークライズファンタジアマーベラスエンターテイメント2009年6月4日7140円80003万4000

メディアクリエイト調べ


 新規タイトルは、セガのDS「無限航路」と任天堂のWii「Wiiであそぶ ちびロボ!」の2本のみとなった6月8日〜6月14日までのソフト販売ランキング。市場的にはいまいち動きが鈍いように見えます。大作待ちといったところでしょうか? 気になるのはマーベラスエンターテイメントの「アークライズファンタジア」が10位に入ったこと……。

wk_090618mugen01.jpgwk_090618mugen02.jpgwk_090618mugen03.jpg 「無限航路」

 マーベラスエンターテイメントといえば、先日ニュースにもなった「まだ死にたくない」という魂の叫びが記憶に新しい。これは「王様物語」の開発者ブログからの引用です。マーベラスエンターテイメントが昨今世に送り出した「NO MORE HEROES」や「牧場物語 わくわくアニマルマーチ」「朧村正(おぼろむらまさ)」などがある程度の評価を受けながらも、どれも販売本数が頭打ちとなっている現状を嘆き反省しての発言で、「王様物語」を購入してほしいという本音をブログで吐露したものです。

 発売されたタイトルはどれも開発者の魂を削ったものでしょう。かわいいし売れてほしいと思うのは痛いほど分かります。できればどれも売れてほしいのですが、なかなか難しいのも現状です。たくさんの良作があるのと同様に、いまいち響かないタイトルがあるのは常ですから。消費者だってお金を出したからには、相応の面白さを提供してもらいたいものですからサイフのヒモだって固くなります。

 ゲームソフトが昔よりも売れなくなり、かつ開発費にコストがかかると、ある程度本数が読める続編が多くなります。会社ですからそれほど冒険もできません。となると野心的なものや実験的なものは、おいそれと作り出せません。そういう意味でもダウンロードコンテンツのような比較的安価で開発が可能で、在庫を抱えなくて済むゲームタイトルに移行せばるを得ないのも分かります。以前のように、この機種で出しておけば絶対売れるといったプラットフォームがない中、メーカーも模索しているのです。

 さて、もしダウンロードコンテンツばかりになるとどうなるのか……。このコーナーがなくなります……。なんせダウンロード数を公表しているところが少なくて、どれほどの市場規模なのか詳細には分からないからです。母数が多くなれば開示してくれるとは思いますが、さて、その日は来るのでしょうか……。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping