「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news081.jpg

週間ソフト販売ランキング:トモダチいっぱい

とりあえず100人まで大丈夫。

週間ソフト販売ランキング

2009年6月15日〜2009年6月21日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1NDSトモダチコレクション任天堂2009年6月18日3800円10万200010万2000
2PSPフェイト/アンリミテッドコード ポータブルカプコン2009年6月18日5240円3万40003万4000
3NDSキングダム ハーツ 358/2 Days(スリー ファイブ エイト デイズ オーバー ツー)(同梱版含む)スクウェア・エニックス2009年5月30日5980円2万700045万7000
4NDSスローンとマクヘールの謎の物語レベルファイブ2009年5月21日3500円1万500014万4000
5PSPモンスターハンターポータブル 2nd G(PSP the Best)カプコン2008年10月30日3140円1万400074万9000
6NDS逆転検事(同梱版含む)カプコン2009年5月28日5040円1万100024万4000
7NDS多湖輝の頭の体操 第1集 謎解き世界一周旅行レベルファイブ2009年6月18日3200円1万1万
8WiiWii Fit任天堂2007年12月1日8800円1万346万3000
9PS3真・三國無双5 Empiresコーエー2009年5月28日5040円900012万5000
10NDSポケットモンスター プラチナポケモン2008年9月13日4800円7000244万70000

メディアクリエイト調べ


 6月15日〜6月21日のソフト販売ランキングでは「トモダチコレクション」が10万本近くを売り上げて、堂々のトップに輝いております。いわば身近な人を箱庭の中で生活させるお人形遊びのような本作は、Miiとして登録したキャラクターとの生活を楽しむ実にスローライフなタイトルです。「どうぶつの森」に近いテイストですが、トモダチの行動が思惑どおりに進まなかったりと、なかなかどうして歯ごたえがあります。

 楽しみ方としては、周囲の友人や血縁者、好きな芸能人などをマンションに放り込んで、その行動を眺めながら、意図しない行動につっこみつつ、あり得ないカップリングや関係性にほくそ笑むいった感じです。そのキャラクターの元の人を知っていれば知っているほどその“意外性”で笑わせてくれるに違いありません。そのへんの雰囲気はテレビCMで感じ取っていただけるものと思います。

 ちなみに本作は企画当初「大人のオンナの占い手帳」というタイトルだったと任天堂の公式サイトで明かされています(社長が訊く「トモダチコレクション」)。「社長が訊く『トモダチコレクション』」ではほかにも開発に至る経緯や企画意図、どう変化していったかなど語られています。興味ある方はのぞいてみてください。

wk_090625soft01.jpgwk_090625soft02.jpgwk_090625soft03.jpg

(C)2009 Nintendo



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping