「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news079.jpg

週間ソフト販売ランキング:ドラクエ祭

圧倒的な強さです。

週間ソフト販売ランキング

2009年7月6日〜2009年7月12日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1NDSドラゴンクエストIX 星空の守り人スクウェア・エニックス2009年7月11日5980円231万9000231万9000
2WiiWiiスポーツ リゾート任天堂2009年6月25日4800円10万300061万7000
3NDSトモダチコレクション任天堂2009年6月18日3800円5万700029万4000
4PSPぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図SCE2009年7月2日4980円2万40007万3000
5PSP初音ミク -Project DIVA-セガ2009年7月2日6090円1万400011万6000
6PSPモンスターハンターポータブル 2nd G (PSP the Best)カプコン2008年10月30日3140円1万300078万9000
7NDSキングダム ハーツ 358/2 Days(同梱版含む)スクウェア・エニックス2009年5月30日5980円900050万1000
8WiiWii Fit任天堂2007年12月1日8800円9000349万
9NDSポケットモンスター プラチナポケモン2008年9月13日4800円8000247万2000
10NDSスローンとマクヘールの謎の物語レベルファイブ2009年5月21日3500円700017万6000

メディアクリエイト調べ


 すでに記事として取り扱っていますが(「ドラクエIX」週末だけで230万本以上を販売)、7月11日に発売されたニンテンドーDS向けソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が王者の貫禄を見せつけてトップに輝いております。先日、スクウェア・エニックスからは、出荷本数が300万本を突破したとの報告もあり(「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」出荷本数300万本突破)、今後どれだけ販売本数を伸ばせるか注目が集まっております。

 本作は2006年12月に発表。ドラクエシリーズは、もっとも販売台数を伸ばしているハードに供給されるべきとスクウェア・エニックス代表取締役社長・和田洋一氏が言及しているように、国内だけでも2600万台以上を販売しているニンテンドーDS(DSi含む)での開発が進んでいました。当初は2007年中の発売を目標にしていましたが、2007年8月には2008年中予定に変更すると発表。2008年3月期の決算発表会では、前作「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」がプレイステーション 2で発売した際に450万本販売したので、それ以上のセールスを期待しているとの発言もありました。

 しかし、2008年10月には再度延期を発表。2009年3月発売予定とし、同年12月には具体的に2009年3月28日に発売するとリリースしていました。予約も始まり、誰しもがやっと発売されると疑わなかったのですが……。今年2月12日、当初予定していた3月28日から7月11日へと発売を延期する旨が報じられたのでした。

 ドラクエ恒例(?)ともいえる、発売延期騒動は、ドラクエだから許されるのか? 2008年アイシェアの調べでは、9割以上のユーザーが発売延期も許せるというアンケート結果を報告しています。事実、新作を期待し購入したユーザーは、300万人近くいたことになります。ドラクエ休暇なども話題になっている昨今、しばらくは寝不足が続きそうです。

wk_090716rank03.jpgwk_090716rank02.jpgwk_090716rank21.jpg


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping