「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news083.jpg

日々是遊戯:すぎやま先生のパーティ編成は? 「ドラクエIX」コンサートですぎやま先生と「すれ違い」してきました!

今回で23回目を迎えた、作曲家・すぎやまこういち先生による「ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」が8月5日、池袋の東京芸術劇場にて開催されました。

アンコールではあの名曲が!

wk_090807hibikore01.jpg もはや恒例となった、コンサート前の囲み取材。今回は「ドラクエIX」発売後ということもあり、心なしかいつもよりすぎやま先生も饒舌でした

 去る8月5日に、池袋の東京芸術劇場にて行われた「第23回 ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」。いつものように、開演前には「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽を手がける作曲家・すぎやまこういち先生の囲み取材が楽屋で行われました。

 今回の公演プログラムはもちろん、発売されたばかりの最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」から「交響組曲『ドラゴンクエストIX』星空の守り人」。オーケストラ版は今回が初披露ということもあり、当日券を求めてなんと前日から並ぶ人もいたとか。また、ちょうど「すれ違い通信」が各所で流行っていることもあり、会場でも待ち時間や休憩時間などに、ニンテンドーDSを広げて「すれ違い通信」を楽しんでいる人が多く見られたのも印象的でした。

 公演前の囲み取材ですぎやま先生は、「ドラクエIX」の楽曲制作について「すべての楽曲を書き上げるのに4年以上かかった」と振り返りながら、「開発期間が長いのは、ユーザーは困るかもしれないけれど、僕にとってはありがたい(笑)。戦闘の曲や『序曲』なんかは5回くらい書き直していて、最終的に納得できるものを選んだ」とコメント。また実際にテストROMでプレイしてから手を加えることも多いそうで、特に冒頭で流れる天使界の曲は、当初の予定ではたった1コーラスのみのごく短いものだったが、天使界の滞在時間が意外に長かったため急きょ2コーラス目を追加したり、さらに転調を加えたりしてようやく今の長さになったのだとか。しかし、おかげでこの「天の祈り」という曲は、「本作全体のテーマ曲とも言える、大切な曲」に仕上がったそうです。

 また本作の売上が好調なことについても触れると、すぎやま先生は「今はすれ違い通信が流行ってるんだってね!」と切り出し、自分自身も先ほど楽団メンバーとはじめての「すれ違い通信」を行い、「すれ違いデビュー」を果たしたことを明らかに。「こういう面白さは今までになかった。冒険の書が一箇所しかないことで話題にもなったけれど、もしもセーブ領域を増やそうとしたら、こういういろんな部分を削らなきゃならなかった。だけどこうして盛り上がっているのを見ると、結果的にはやっぱり良かったんじゃないかな」と、セーブ領域を一つに絞ってでも(実際は中断データも含め2カ所分)、新しい要素を取り入れたことに納得している様子でした。

 またセーブデータと並んで、発売前からファンの間では賛否両論だった妖精のサンディについては、「ボクはけっこう好きですよ(笑)。あの子だけ現代っぽいしゃべり方で、ほかのキャラとの落差が面白いよね」と“賛成派”であることを表明。またテストROMでプレイした際、「サンディのテーマがあまりに登場シーンの雰囲気とぴったりで、思わず笑っちゃいました(笑)」と、曲と雰囲気がマッチしていたこともお気に入りの理由のひとつとして挙げてくれました。

wk_090807hibikore02.jpg インタビュー終了後は、すぎやま先生の「みんなもすれ違いやってるの?」という質問をきっかけに、なんとそのまま「すれ違い通信会」に突入。記者たちもこのときばかりは、仕事を忘れてすぎやま先生との「すれ違い通信」に夢中になっていました

 ちなみにテストROMでも相当やり込んでいたというすぎやま先生ですが、現在は製品版で再び遊んでいるところで、「レベルは50くらいかな。主人公は旅芸人のままで、仲間は武闘家が2人と、僧侶が1人」だそう。4人中2人が武闘家というのは相当に偏った編成ですが、これは「敵に先に殴られるのが大嫌いだから」という理由からだとか。「戦士だと遅いから。殴られる前に先制攻撃作戦。ほしふる腕輪も装備させたりしてね(笑)」など、独自の戦術について熱く語る場面もあり、今回も相変わらずやり込む気まんまんのようでした。

 その後行われたコンサートでは、すぎやま先生は東京都交響楽団の演奏とともに「ドラクエIX」の全曲を指揮。またアンコール2曲目では、「ドラクエIII」のエンディングテーマ「そして伝説へ」も演奏され、すぎやま先生の口から曲名が発表されるや、会場から「おお〜!」という大きなどよめきと拍手が沸き起こる一面も。訪れた人も、まさか今日のコンサートであの名曲が聞けるとは思っていなかったようで、演奏が終わってもしばらく拍手が鳴り止まず、誰も席を立とうとしなかったのが印象的でした。

 なお今後のスケジュールとしては、8月29日に京都コンサートホールで「トーセ プレゼンツ ドラゴンクエスト スペシャルコンサート」が、9月21日には札幌コンサートホール kitara 大ホールにて「都響×すぎやまこういちがやってきた! 〜ヒット曲からドラゴンクエストまで〜」がそれぞれ開催される予定。またコンサートが行われた8月5日には、オリジナル版とシンセサイザー版の2バージョンを収録した「ドラゴンクエストIX」のオリジナルサウンドトラックも発売となっています。特にシンセサイザー版は、こうしたアレンジでははじめてすぎやま先生自身が実際に打ち込んだものだそうなので、ファンの方はお見逃しなく。

wk_090807hibikore03.jpg コンサートでは途中、すぎやま先生から客席の堀井雄二氏に「いつも発想のすばらしさに驚いています」と賞賛が送られる場面も
wk_090807hibikore04.jpg 会場ではあちこちで、DSを広げて「すれ違い通信」に興じるユーザーの姿が見られました。
wk_090807hibikore05.jpg ということで、筆者の宿屋にもすぎやま先生のキャラクターが!! コメントもいかにもすぎやま先生といった感じ

(C)2008 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVEL-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping