「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news078.jpg

日々是遊戯:お盆休み特別企画! 2009年、紹介しきれなかった小ネタ・没ネタをまとめて供養 (1/2)

今回は特別企画。諸事情により「日々是遊戯」では扱えなかった、扱わなかった没ネタをサルベージして紹介します。

今年もいろんな没ネタがありました

 気付けば世間はもうすぐお盆休み。そこで今回は、お盆休み特別企画として「2009年上半期、日々是遊戯没ネタ集」をお届けしたいと思います。

 毎回この連載で紹介するネタは、担当編集と「あれはダメ」「これはダメ」と打ち合わせを重ねながら決めているのですが、その過程では同時に、数え切れないほどの没ネタが生まれていっています。今回はその中から、「このまま眠らせてしまうには惜しいんじゃないか」というものをいくつかサルベージしてご紹介。まあ、お盆ですし、この際没ネタもまとめて供養しちゃいましょう、ということでひとつ。

新作ディスクを割り続ける「切り裂きジャック」?

wk_090810hibikore01.jpg 「モンハン3」は体験版も割られてました。というか体験版を割ってたのになぜ製品版を買ってるのかと

 画像掲示板の大手として有名な「ふたば☆ちゃんねる」のゲーム板に、どうやら新作ゲームソフトのディスクを割り、その画像を投稿し続ける“切り裂きジャック”がいるらしいというネタ。これまでに「ディスク割り」の被害に遭ったのは、「Wii Sports Resort」や「モンスターハンター3(トライ)」、「ギアーズ オブ ウォー2」など、筆者が確認できているものだけでも7タイトル。いずれもディスクの割り方や、背景に映っているフローリングの床などから、おそらくすべて同一人物の仕業なのではと見られています。

 単に目立ちたいだけなのか、それともWiiやXbox 360を陥れたいだけの愉快犯なのか、その行為に何の意味があるのかははかりかね、わざわざ取り上げることもないだろうということに。最近ではふたば内でも「またか」という声が大きくなってきており、適当にあしらわれている様子です。


「ラストガイ」ヒマラヤの宣伝マンの秘密に迫る

 「ニコニコ動画」のプレイステーション公式チャンネル「ぷれちゃ」にて配信されている、「『ザ・ラストガイBD版』発売! ヒマラヤの宣伝マンに密着」という動画が面白かった――という小ネタ。

wk_090810hibikore02.jpg こちらがラジャナム氏。「公式が病気」タグはこの動画のためにあるのだと思いました

 PS3で5月に発売となった「ザ・ラストガイ(BD版)」を宣伝するため、ヒマラヤから日本へと送り込まれた宣伝マン、ラジャナム氏が奮闘する様子を追った全9回のドキュメンタリーなのですが、天然なのか演技なのか、とにかくラジャナム氏のキャラが秀逸。ホテルでひたすら「ラストガイ」の書き方を練習したり、立ち寄ったスナックでママを口説こうとしたりと、とてもSCEJ公式とは思えない内容に終始開いた口がふさがりませんでした。「SCEどうしちゃったのwww」「ラストガイほしくなってきたわ」など、コメントも大盛り上がりだったのですが、なぜこの動画が伸びないのか今でも不思議。


「876プロ」ドメイン無償で譲ります

 「アイドルマスター」シリーズに登場する、架空の芸能プロダクション「765プロ」と「961プロ」。この2社にはちゃんとオフィシャルサイトもあり、それぞれ「http://765pro.jp/」、「http://www.961pro.jp/」というドメインになっているのですが、ではDS版で新しく登場する「876プロ」のドメインはどうなっているのでしょうか?

 実は現在、「http://www.876pro.jp/」にアクセスすると、表示されるのは「アイドルマスターDS 攻略wiki」という攻略サイト。どうやら「876プロ」の情報が出た瞬間、当の876プロよりも先に、ファンの一人が「876pro.jp」ドメインを取得してしまったようです。

wk_090810hibikore03.jpg 現在の「876pro.jp」のトップページ。さて、どうなる876プロ!?

 ただ、これで終わりではありません、「当ドメイン『876pro.jp』についてのお詫びとお知らせ」というページを見ると、サイト管理人はドメイン取得後、やはり「876pro.jp」は公式ドメインとして使用された方がいいのではと思い直し、メーカーに向けて「連絡いただければ無償でドメインを譲ります」との文章を掲載するとともに、ファンや関係者に向け「今回は、本当にごめんなさい」と謝罪しています。8月10日現在、まだドメイン譲渡などは行われていないようですが、今後「876pro.jp」がどうなっていくのか、ファンとしては気になるところです。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping