「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news106.jpg

もう一人のあなたが送るもうひとつの世界でのライフ――「ファンタジーライフ」

レベルファイブは一風変わった完全新作RPGを発表。2010年、ニンテンドーDSで発売する。そのスローライフな生活を基軸にしたゲーム内容とは?

世界は滅びる一歩手前ですが、スローライフを送ります

wk_090825fantasylife02.jpg

 レベルファイブは完全新作RPGとして、ニンテンドーDS用RPG「ファンタジーライフ」を2010年をめどに発売すると発表した。

 「ファンタジーライフ」は、「MOTHER3」に携わったブラウニーブラウンが開発を、音楽を植松伸夫氏が担当する。世界の中に存在するもうひとつの世界で、あなた自身が生活するという、“生きる”ことを目的とした本作では、モンスターとの戦闘などが主体とはならない。この世界では、農民として作物を作るもよし、一兵卒として門番を務めるもよし、武器職人として生計を立てるもよしの、自由な生活が待っている。


wk_090825fantasylife01.jpg

世界の名は「ファンタジール」。

空に浮かんだマーズと呼ばれる月を見ながら、その世界の人々は生きていました……。

あるとき、預言者は言いました。

「マーズに影が落ちるとき、世界はまもなく滅ぶだろう……」と。

そして今、空に浮かぶ「マーズ」には、くっきりと滅びの前兆が現れていました。

そんなことはつゆ知らず、

ファンタジールの住人たちはいつもと変わらない、自由で平和なのんびりライフを送っていたのです。


 プレイヤーは自分の分身としてアバターを制作し操作する。キャラクターメイキングで生まれた自分の分身は、この世界での役割(=ライフ)を選択し、その職業や役割によって発生するライフクエストをクリアしていくことになる。なお、ライフは20種類用意されている。

 自分だけのライフをある程度進めていくと、そのライフでの“小さなエンディング”を迎えることになる。エンディングには、植松伸夫氏による20種類のライフに応じたエンディング曲「ライフの歌」が用意されており、メインテーマと合わせて計21曲の歌入りテーマが堪能できるというわけだ。この世界で生きる人々とのコミュニケーションなどを通して、プレイヤーはたくさんの幸せを手に入れることも大事な目的となる。

wk_090825fantasylife03.jpgwk_090825fantasylife04.jpgwk_090825fantasylife05.jpg この世界では、物理的な豊かさを「リッチ」という通貨単位で表し、心の豊かさを「ハッピー」という単位で表わしている。ハッピーが上がることは人徳を得たこと、心が強くなったことを意味する。ハッピーが上がることによって、今まで話してくれなかった人々が話してくれるようになることも。立派なライフを送ることで、究極のハッピー「しあわせ」を手に入れることができるかもしれない

 世界は自分自身のアバターが仮想生活している「トリポッチ大陸」と、ほかの人たちが共有で入ることができる「ミンナーデ大陸」が存在する。自分が住む「トリポッチ大陸」には、DSワイヤレスプレイによって、友達を招待することができる。また、Wi-Fi通信にも対応しており、使用することで「ミンナーデ大陸」に赴き、まったく知らない人々と出会うことができるようになっている。

wk_090825fantasylife06.jpg

wk_090825fantasylife07.jpg

「ファンタジーライフ」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルRPG
発売予定日2010年
価格未定
(C)LEVEL-5 Inc.
※画像はすべて開発中のものです。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping