「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



「DQIX」と「DQMBII」が9月11日より超連動――「大魔王の地図」獲得のチャンス

wk_090831dq01.jpg 「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII」の筺体はこちら

 スクウェア・エニックスは、7月11日に発売したニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」と、全国のアミューズメントスポットなどで稼動中の「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII」において、9月11日より“超連動”と銘打ったサービスを開始すると明らかにした。

 “超連動”とは、ニンテンドーDSソフトと業務用カードゲーム機という、まったくプラットフォームが異なるふたつのコンテンツを、通信機能によって連動させる機能のこと。「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」のすれちがい通信機能を利用して、「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII」の筺体そのものとすれちがいできるようになる。

 稼働開始は「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII」の新章・第五章開始の9月11日より。すれちがい通信を行うと、同ゲームに登場するドラゴンクエストシリーズ歴代のボス「大魔王」を、特別な「宝の地図」として「ドラゴンクエストIX」上で入手することができるようになる。ただし、すれちがい通信ができるのは、「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII」をプレイ中に、「大魔王」戦まで勝ち進むことが条件となる。筐体上部にある「ドラゴン」の目が点滅するので、この時をねらって「ドラゴンクエストIX」ですれちがい通信を開始しなくてはならない。成功すれば、「大魔王」がゲーム内に登場する「大魔王の地図」として降臨する。大魔王を討伐できれば、貴重なアイテムを入手するチャンスも。ちなみにふたり協力プレイの「チャレンジバトル」でも超連動は可能だ。また、大魔王が、ニンテンドーDSの画面に降臨すると、その時点で呼び込んでいた「お客さん」はキャンセルされる仕様になっている。すでに3人呼び込んでいる状態でも、大魔王は降臨するようになっているので注意。

wk_090831dq02.jpg ドラゴンの目が光ったらチャンス
(C)2009 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVEL-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) 2008,2009 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping