「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



「ワンダと巨像」プログラミングチームなどにCEDEC AWARDS ニコ動も受賞

ゲーム開発者を技術面からたたえる「CEDEC AWARDS」に、「ワンダと巨像」のプログラミングや「大神」のビジュアルなどが選ばれた。ニコニコ動画チームも「広義のゲーム」として受賞。

 ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2009」(主催・コンピュータエンターテインメント協会)は9月2日、優れたゲーム制作技術をたたえる「CEDEC AWARDS」の受賞者を発表した。「プログラミング・開発環境」部門は、ソニー・コンピュータエンタテインメント「ワンダと巨像」(PS2)のプログラミングチームが受賞した。

 ゲーム制作の技術面から開発者を表彰する賞として昨年から実施している。ワンダと巨像プログラミングチームは「リアルタイム変形コリジョン」と描画表現技術が受賞対象。リアルタイム変形コリジョンが「巨像によじ登り、必死でしがみというゲームメカニクスの核になっている」と評価された。

 「ビジュアルアーツ」部門はカプコン「大神」(PS2)の墨絵表現が、「ゲームデザイン」部門はカプコン「モンスターハンターポータブル(PSP)の協力プレイをいかしたゲームデザインが、「サウンド」部門は任天堂「リズム天国ゴールド」が「音ゲー」を「リズムゲー」に昇華させた作り込みが受賞した。

 「ネットワーク」部門はニワンゴ「ニコニコ動画」開発チームが受賞。「いわゆるゲームとは異なるが、ネットワーク上でユーザー同士がコンテンツを提供し合ったり、それらとインタラクションを行うのは、広義のゲームである」として受賞対象になった。

 特別賞を「ドラゴンクエスト」シリーズでRPGゲームデザインの基礎を確立した堀井雄二さんに、著述賞を「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」をしるしたセガの平井尚さんと、C言語の普及に尽力し、3月に死去した石田晴久さんの2人に贈った。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping