「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news097.jpg

Xbox 360 Media Briefing 2009:「Xbox 360 エリート」の新価格は2万9800円! 価格改定&充実のソフトラインアップで年末商戦に挑むXbox 360 (1/3)

マイクロソフトのメディア向け発表会「Xbox 360 Media Briefing 2009」が都内で開催され、Xbox 360本体の新価格や、来年までに発売予定の新作タイトルなどが続々発表された。

PS3に続き3万を切る――Xbox 360 エリートも2万9800円に

 マイクロソフトは9月2日、東京・渋谷区において「Xbox 360 Media Briefing 2009」を開催し、今秋から来年にかけての新作ラインアップおよび、ネットワーク、ハードウェアの施策を発表した。

 中でも注目を集めたのが、ハード施策の中で語られた、Xbox 360本体の価格改定について(「Xbox 360 エリート」新パッケージ、新価格に――その他のハードウェアラインアップも価格改定)。新価格への移行は9月10日より行われ、「Xbox 360 エリート」は新パッケージとなって現行価格よりも1万円安い2万9800円(税込)へ、また従来のXbox 360(60GBモデル)についてはオープン価格へと、それぞれ価格が引き下げられるとのこと(Xbox 360 アーケードは1万9800円のまま)。なお60GBモデルは在庫がなくなりしだい販売終了となり、今後はXbox 360 エリートとXbox 360 アーケードの2ラインが基本の本体ラインアップとなっていくようだ。

 またこれに伴い、単品の「Xbox 360 ハードディスク(60GB)LIVEパック」も1万1550円(税込)から9975円(税込)へ、また「Xbox 360 メモリー ユニット」も5250円(税込)から3150円(税込)へとそれぞれ値下げされる予定。明日9月3日には、2万9800円に値下げされた薄型プレイステーション 3が発売となるが、Xbox 360陣営もこれに追随した格好だ。これでPS3、Xbox 360 エリートいずれも「2万円台」というキラーゾーンに足を踏み入れた形となり、年末商戦に向け両ハードの激突は必至となりそうだ。

wk_090901ms01.jpg 発表を行った、マイクロソフト ホーム&エンターテイメント事業本部 Xbox マーケティング本部長の坂口城治氏
wk_090901ms02.jpg Xbox 360 エリートは2万9800円(税込み)へ。PS3に続き、3万円を切る新価格を実現

Xbox LIVEの累計ダウンロード件数は約3000万件

 Xbox LIVEに関する戦略の部分では、6月のE3で発表された、マイクロソフトのXbox LIVE アーケード用レースゲーム「Joy Ride」の映像も公開に。

 このゲームは、アバターを使って楽しむアクション要素満載のドライブゲームで、大ジャンプをはじめとする、ゲームならではのクレイジーなスタントが楽しめるのが特徴。またソフト自体は無料で提供され、コースなどの追加コンテンツで課金していく、初のアイテム課金形式を採用したタイトルになるという。発売日については今のところ未定。

wk_090901ms03.jpg コンテンツ数、利用率ともに順調な成長を続けているXbox LIVE

 ちなみに今回発表を行ったマイクロソフトの坂口城治氏によると、2009年上半期の時点で、Xbox LIVE上には合計7000点以上のコンテンツが存在しており、その累計ダウンロード件数はおよそ3000万件にものぼっているとのこと。また2009年上半期のダウンロード件数は、前年同期比で+30%の伸びと、順調に利用者は増加。この夏からは、ゲーム オン デマンドやインディーズ ゲームといった新サービスも投入されており、ますますXbox LIVEの重要性は高まってきていると言える。坂口氏によれば、今回Xbox 360 エリートや60GBモデルといった「ハードディスク付きモデル」を優先的に値下げした背景にも、Xbox LIVEをより身近にする狙いがあったとのこと。


【Joy Ride】

 ゲームでしか味わえないような、立体的かつトリッキーなコースが満載のレースゲーム。公開された映像では、ジェットコースターのようなスリリングなコースや、地面がかすむほどの大ジャンプなどを決めている様子が見られた。

wk_090901ms04.jpgwk_090901ms05.jpgwk_090901ms06.jpg 「Joy Ride」
ジャンル:レーシング
発売元:マイクロソフト
開発元:Big Park
発売予定日:未定
価格:無料
CERO:審査予定

(C) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

今後1年間で100タイトル以上を発売

wk_090901ms07.jpg さらに詳細なパッケージラインアップについては東京ゲームショウで発表予定とのこと

 坂口氏はこのほか、今秋から来年にかけマイクロソフトおよびサードパーティ各社から発売予定の新作タイトルについても発表し、さらなるソフトラインアップの充実を強くアピールした。

 坂口氏によれば、今年1月から8月までに発売されたタイトル数は合計61本。さらに今後1年間で、100タイトル以上のパッケージタイトルの発売を予定しているとのこと。ここでは発表会で紹介されたタイトルの一部をお届けする。

「Halo3: ODST」

 UNSC所属の軌道降下特殊部隊「ODST」にスポットを当てた、「Halo3」のスピンオフ作品。コヴナントに侵攻され、崩壊したアフリカの大都市「ニューモンバサ」を舞台に、ODSTの新メンバー「ルーキー」の戦いを描く。「Halo3」でも人気だったマルチプレイ機能はすべて継承しつつ、新マップや新モードも搭載。

wk_090901ms08.jpgwk_090901ms09.jpgwk_090901ms10.jpg 「Halo3: ODST」
ジャンル:シューティング
発売元:マイクロソフト
開発会社:Bungie, LLC.
発売予定日:2009年9月24日
価格:通常版 7140円(税込)/コレクターズ パック オープン価格
CERO:D(17歳以上対象)

(C) 2009 Microsoft Corporation. All Rights Reserved. 
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping