「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news072.jpg

週間ソフト販売ランキング:ガンダムとラブ

ゲームはコストパフォーマンスのいいエンタメです。

週間ソフト販売ランキング

2009年8月31日〜2009年9月6日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PS3機動戦士ガンダム戦記(同梱版含む)バンダイナムコゲームス2009年9月3日8379円17万800017万8000
2NDSトモダチコレクション任天堂2009年6月18日3800円8万700097万7000
3NDSドラゴンクエストIX 星空の守り人スクウェア・エニックス2009年7月11日5980円5万384万4000
4NDSラブプラスKONAMI2009年9月3日5800円4万60004万6000
5WiiWiiスポーツ リゾート任天堂2009年6月25日4800円4万3000112万8000
6Wiiモンスターハンター3(トライ)(同梱版含む)カプコン2009年8月1日7340円2万200085万7000
7NDSスローンとマクヘールの謎の物語2レベルファイブ2009年9月3日3500円1万90001万9000
8NDS日本経済新聞社監修 知らないままでは損をする「モノやお金のしくみ」DS任天堂2009年8月27日3800円1万60003万7000
9PSPモンスターハンターポータブル 2nd G (PSP the Best)(同梱版含む)カプコン2008年10月30日3140円1万500094万
10PS3428 〜封鎖された渋谷で〜スパイク2009年9月3日7140円1万50001万5000

メディアクリエイト調べ


 8月31日〜9月6日の期間に集計したソフト販売ランキングです。ご覧のように「機動戦士ガンダム戦記」がもっとも売れたタイトルとなりました。

 「機動戦士ガンダム戦記」は、一年戦争終結後、地球連邦軍特務部隊とジオン軍残党部隊という立場の異なる2人の隊長の戦いを完全新作ストーリーで描いた、「機動戦士ガンダム」30周年を記念して制作された作品。70種類以上のモビルスーツの中から、作戦の内容にあわせて、自分と部下の機体を武器や強化パーツでカスタマイズ。1人では攻略が困難なミッションを、自らも戦いながら、リアルタイムに部隊を自在に操って攻略することができます。宇宙世紀0081年のオリジナルストーリーが展開するシナリオモードと、オンラインに接続することで、仲間と一緒にビグ・ザムを倒すといったオンラインモードを楽しめます。

 新型PS3との同梱版「機動戦士ガンダム戦記 GUNDAM 30th ANNIVERSARY BOX」も好調で、9月3日の発売日には同梱版はもちろん、ソフトと一緒に購入する姿も多く見受けられました。

wk_090910rank01.jpgwk_090910rank02.jpgwk_090910rank03.jpg

 また、KONAMIの「ラブプラス」も好調。電車内で縦持ちのDSを見かけたらほぼ間違いなく「ラブプラス」ユーザーと分かりやすい目印(?)でも話題となっています。24時間DSを開くとその時々のリアクションやイベントが発生するライブ感も、四六時中手放せなく要因となっているようです。まさに「おはようからおやすみまで暮らしを見つめる」といった、どこかのキャッチフレーズを体現しているかのようです。今後もこうした時間と機種を占有するタイトルが増えていく傾向にあるようです。

 ちなみに、9位にランキングしている「日本経済新聞社監修 知らないままでは損をする『モノやお金のしくみ』DS」について。編集部のある隣のビルがまさに日本経済新聞社なのですが、誰でもはいれるエントランスを抜けて2階の売店には、ソフトの宣伝ブースが設けらており、手にとることもできるようです。

(C)創通・サンライズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping