「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news015.jpg

杉田智和さん&柿原徹也さんのフリーダムさに今井麻美さんもたじたじ? BLAZBLUE「ぶるふぇす 2009 -RIOT SUMMER-」 (1/2)

アークシステムワークスは「BLAZBLUE」の発売を記念して「ぶるふぇす 2009 -RIOT SUMMER-」を開催した。当日は作中のキャラクターボイスを担当する杉田智和さん、近藤佳奈子さん、今井麻美さん、柿原徹也さんらも駆けつけた。

wk_090911blazblue01.jpg 左から今井麻美さん、杉田智和さん、近藤佳奈子さん、柿原徹也さん

 アークシステムワークスはPS3/Xbox 360用ゲームソフト「BLAZBLUE(ブレイブルー)」の発売を記念して、「ぶるふぇす 2009 -RIOT SUMMER-」を6月28日、渋谷シダックスホールで開催した。

 当日はニコニコ動画にて放送中の「ぶるらじ」の公開録音も行われ、ラグナ・ザ・ブラッドエッジ役の杉田智和さん、ノエル・ヴァーミリオン役の近藤佳奈子さん、ツバキ・ヤヨイ役の今井麻美さんといったいつものパーソナリティに加え、ゲストとしてジン・キサラギ役の柿原徹也さんも駆けつけた。

 ステージイベントはまず、近藤さんの歌う「Love so Blue 〜蒼の鼓動〜」からスタート。迫力ある歌声に、会場が一気にヒートアップする。近藤さんが歌い終えたところでキャスト陣が登場。

ラジオさながらのフリーダムぶりを展開

 顔をしかめながら登場した杉田さんに、今井さんが「挙動不審だよ(笑)」と呼びかけたり、今回のゲストである柿原さんを迎える際にも「テツハラカキヤ君ね」(杉田さん)とボケてみせたりと、キャスト陣はラジオそのままのフリーダムさで観客を笑わせる。

wk_090911blazblue02.jpgwk_090911blazblue03.jpgwk_090911blazblue04.jpg

wk_090911blazblue05.jpgwk_090911blazblue06.jpgwk_090911blazblue07.jpg

 しかし相変わらずの大人気ぶりで、350席用意された公開録音に2602通もの応募があったそうだ。これに杉田さんが「(今回の応募倍率の)7.4倍は俺が日大藝術学部の放送学科を受験した時の倍率だよ」と驚きの事実を暴露。観客だけでなく、他のキャスト陣もどよめく中、「落ちたけどね。7.4はちょっと多いわ(笑)」と笑って応える。

キャラクターデザインも担当した森プロデューサーが登場

 ここでBLAZBLUEの生みの親、森利道プロデューサーも登場し、公開録音への参加募集時に受け付けたキャラクター人気ランキングの投票結果を発表! ランキング表は写真の通りだ。

wk_090911blazblue08.jpgwk_090911blazblue09.jpgwk_090911blazblue10.jpg 森プロデューサー(左の写真の左から2番目)。ノリのいい森さんはステージで土下座しようとしたり、来場したコスプレイヤーと談笑したりとファンサービス満点だ

wk_090911blazblue11.jpgwk_090911blazblue12.jpgwk_090911blazblue13.jpg

wk_090911blazblue14.jpgwk_090911blazblue15.jpgwk_090911blazblue16.jpg ランキング表

 以下、コントのように賑やかだった、発表中のやり取りを抜粋。

杉田 9位がイケメンね。

今井 こらー! 仮面を外したらイケメンなんだろうけどさ。

柿原 中の人誰だろう。神谷浩史じゃねーの?

杉田 こら! 出てない人の名前を言うんじゃない(笑)


今井 (ノンプレイヤーキャラのツバキが4位という結果を受けて)私のぶるらじでの頑張りが評価されたってことだよね。これをきっかけに、ツバキでプレイできるようにするなんてことは……。

森P 次いきましょう!


今井 後でこっそり、チクチクゆすりたいと思います。

柿原 (ジンが3位だった結果を見て)もちろん兄さんは僕に1票入れてくれたんだよね?

杉田 ごめん、俺は別キャラに入れたわ。

柿原 264人よりも、あなたの1票のほうが僕のためになるのに!

杉田 嬉しいこと言ってくれるじゃない!


柿原 (2位まで発表されて)1位は中村悠一じゃねーの?

杉田 なんで本人なんだよ(笑)

柿原 声優さんはだめなんですかねー。

今井 それでは緊張の1位はラグナです!(1位は……でためることなく、即発表)


 ランキング発表の間、ぶるらじの良心である近藤さんや常識人の森さんは終始戸惑いを隠せないようだった。続いての制作秘話でも「声優さんが、みんないうこと聞かなくてすごく大変でした……」(森さん)と思わずポツリ。けれど、作品やキャラクターのイメージを守るため、スタッフとキャストによるたくさんの討論が重ねられたようで、その結果は確かにクオリティに表れている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping