- PR -

衝撃のホラーシューティングゲームが完全ローカライズされて日本上陸――「デッドスペース エクストラクション」 (1/3)

Wiiで登場する戦慄のホラーシューティングゲーム「デッドスペース エクストラクション」。恐怖のムービーに加え開発者からのメッセージをお届け。

全世界を震撼させた“最恐”のゲームがWiiで日本上陸

wk_090916dse01.jpg

 昨年、Xbox 360/プレイステーション 3/PCで登場し、そのあまりにも凄惨な描写で世界を震撼させ、スマッシュヒットを記録した「DEAD SPACE」。残念ながら日本では発売されなかったものの日本での発売を待望するホラーゲームファンも少なくなかった。今回、その続編にあたる「デッドスペース エクストラクション」が待望の日本上陸を果たす。今作はWiiならではの要素を組み込み、カジュアルゲーマーにも親切に作りこまれており、一味ちがったゲーム性とともに、プレイヤーにさらなる恐怖を堪能させてくれるだろう。

「デッドスペース エクストラクション」ストーリー

 遠い未来、地球の資源は枯渇し人類は宇宙へと資源を求め、宇宙開拓を進めていった時代。前作「DEAD SPACE」より少し時間をさかのぼり、植民星“イージス7”で資源の採掘を行っていた採掘船“UCG イシムラ”が発見した鉱石から発した衝撃波により、船員に奇病が発生するところから物語は始まる。誰が感染しているのかもわからず、誰がいつ敵となるか分からない船内に、もはや安全な場所など存在していなかった……。

wk_090916dse02.jpg


Wiiタイトル最高クラスのグラフィックで表現された恐怖のムービー

 薄暗く、恐怖心を煽り立てられるような船内で、突如襲いかかるクリーチャー。あたりには悲鳴、うめき声、ありとあらゆる狂気が充満している。だが奴らは、慌てふためくプレイヤーにも容赦はしない。こうなれば、もはやあるだけの武器を駆使して奴らに立ち向かうしか道は無く、必死さの中に生き残るための冷静さを見出さなければ、状況の打破は不可能だ。そして、この惨劇を切り抜けた先、プレイヤーを待ち構えているものとは……。

       1|2|3 次のページへ

提供:エレクトロニック・アーツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Gamez 編集部/掲載内容有効期限:2009年9月30日

Copyright(c) 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.