「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news088.jpg

TGS2009:体がコントローラーに MSの「Project Natal」を試してみた

コントローラーを使わずにゲームをプレイできるマイクロソフトのゲームシステム「Project Natal」を、ゲームショウで試してみた。

photo ゲームをプレイするMicrosoft Game studioのクドー・ツノダジェネラルマネージャー。ディスプレイの撮影は禁止されていた。ツノダジェネラルマネージャーの動きを見て、ゲーム画面を想像してほしい

 「東京ゲームショウ2009」(9月27日まで、千葉県・幕張メッセ)のマイクロソフトブースで、コントローラーを使わずにゲームをプレイできるXbox 360向けシステム「Project Natal」(プロジェクトナタル)の技術デモを行っている。

 「どんな年齢層でも、説明書なしでプレイできるゲームを」と考え出されたシステムで、赤外線カメラや深度センサー、マイク、顔認識システムなどを利用し、ユーザーの体形や体の動きを判断。動きをゲームに反映する仕組みだ。

 飛んできたボールを体を使ってはじき返すゲームを記者も体験してみた。ディスプレイの前に立つと、記者の全身シルエットがゲーム画面に映し出された。前後左右に動くと、シルエットもほぼ同時に動く。

 飛んでくるボールに手や足、頭などをうまく重ねると、ボールをはじき返せる。最初はタイミングを合わせるのが難しかったが徐々に慣れ、コツをつかめばはじき返すのに夢中になった。

 思い切り腕を振ってボールをはじくと、ボールの飛ぶスピードが上る。足や腰の細かい動きも反映され、ゲームの中に入り込む感覚を味わえた。

 体を使ってゲームをするため、いい運動になる。開発に携わったMicrosoft Game Studioのクドー・ツノダ ジェネラルマネージャーは、「このゲームの開発に携わって、たくさん動いていたら10キロもやせた」と話していた。

 Xbox 360用「BURNOUT Paradise」をカスタマイズしたレーシングゲームのデモもあった。ディスプレイにはフロントガラスから見た景色を表示。右足を前に出すとアクセルを踏め、胸元で手をハンドルを握るように構え、ハンドルを回すような動きをするとハンドルを切ることができる。

photo 左右に腰を振る動きも忠実に再現されていた。
photo ボールをはじき返すゲームをしている。腕を振ったり、けったりかなり激しく動く
photo レーシングゲームをプレイするツノダジェネラルマネージャー。ハンドルを握るポーズをとり、右足を出すことでアクセルを踏む

 「これまでコントローラーがあることで、細かな指の動きなどをゲームに反映することは難しかった。コントローラーが作っていた壁を取り払いたい」(マイクロソフト担当者)――細かい動きを追求するコアユーザーから、難しい操作を苦手とするカジュアルなユーザーまで楽しめるシステムだとしている。

 ゲームショウの体験デモは、メディアなど関係者限定。一般の来場者は、メディアなど関係者がゲームをプレイする様子を、壁のすき間ののぞき窓や、外部の様子を映し出すディスプレイからのぞき見ることができる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping