「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news016.jpg

TGS2009:待望の「アサシン クリードII」、期待の「アバター THE GAME」が遂にお目見え!!――ユービーアイソフトブース

PS3とXbox 360で発売され、世界観や映像美でプレイヤーを釘付けにした「アサシン クリード」の続編、そしてさらに、映画「タイタニック」で有名なジェームズ・キャメロン監督が公開予定の「アバター」のゲーム版がユービーアイソフトブースにて、ついにユーザーの前に現れることとなった。

ユービーアイが自身を持って贈る、良質なタイトルの数々

wk_090926ubi01.jpg

 ユービーアイソフトブースでは、全部で5タイトルのプレイアブル出展が見られた。中でも注目のタイトルは大作映画「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年以上を費やした、12月18日公開予定の3D映画「アバター」のゲーム版だ。2010年1月7日発売予定の本作は通常の試遊台の他に、「ステレオスコピック3D」と呼ばれる、奥行きのある映像が楽しめる試遊台が1台設けられている。もう一つはイスラムの世界の暗殺者を描き、美麗なグラフィックとオープンワールド型のマップで一躍有名タイトルに上り詰めた「アサシン クリード」の続編、「アサシン クリードII」。筆者がブースを訪れた際、ユービーアイソフトブースで一番の待ち時間になるほどの人気だった。

 他には「レッド・オクトーバーを追え」や「レインボーシックス」などで著名な小説家トム・クランシーが監修するゲームシリーズの最新作「スプリンターセル コンヴィクション」。Wiiリモコンとヌンチャクを用いて、刀と銃を使って敵を倒すアクションゲーム「レッドスティール2」。コミカルなウサギたちが暴れまわるアクションゲーム「ラビッツ・ゴー・ホーム」といったタイトルが見られた。

wk_090926ubi02.jpg ビジネスデーだというのにこの順番待ち! ユーザーの期待度の高さがうかがえる
wk_090926ubi03.jpg 有名映画監督が手がけた作品のゲーム化ということもあってか、興味津々のユーザー達
wk_090926ubi04.jpg 紺のインナーとスカーフが特徴的なユービーアイソフトのコンパニオンさん


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping