「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news115.jpg

日々是遊戯:PS3ソフトの最高記録を塗り替えるか!? 「FFXIII」は何本売れるか真剣に予想

12月17日に発売を控えた、プレイステーション 3のキラータイトル「ファイナルファンタジーXIII」。例によって「どれくらい売れるのか」をメディアクリエイトに聞いてみました。

ダブルミリオンはある? ない?

 「東京ゲームショウ2009」のパブリックデーでは、わずか20分で整理券配布終了になるなど、さすがの注目度を見せたスクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーXIII」(以下、「FFXIII」)。勢いに乗る新型プレイステーション 3の後押しもあり、この年末の最注目タイトルとなることは間違いなさそうです。

 そうなるとやっぱり気になるのが、「どれくらい売れるのか?」という点。同じスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」は先日400万本出荷を達成したばかりですが、さすがに今のPS3にそこまでのキャパシティがあるとは思えません。ということで、いつものように週間販売データでもご協力いただいているメディアクリエイトに意見をうかがいつつ、おおまかな販売予想を立ててみました。

 まず気になったのが、PS3というハードの普及台数。メディアクリエイトによれば、9月の時点でPS3の販売台数はおよそ350万台、さらに今のペースで普及が続けば、11月末時点で約400万台弱くらいまでは伸びるだろう、とのことでした。

 では、この400万人弱のうち一体どれくらいの割合の人が「FFXIII」を購入するのか? ここで参考になりそうなのが、2001年に発売され、やはりハードの牽引役となった「ファイナルファンタジーX」(以下、「FFX」)。「FFX」は最終的に約240万本を販売しましたが、このときPS2本体の普及台数はおよそ500万台弱。つまり、おおざっぱに言って当時のPS2所有者のおよそ半分弱が「FFX」を購入した計算となります。今回も比較的これに近い状況だと考えると、PS3の普及台数が400万台弱ですから、その半分と考えて「190万本」くらいが目標ラインと言えるのではないでしょうか。

 ただ、過去の販売本数を振り返ってみると、「FFX」は240万本、「FFXII」は225万本と、シリーズ作品としての販売本数は少しずつ落ちてきており、このあたりも考慮すると、実際には「12月中で150万本、累計で170万本〜180万本くらいくらいが現実的なラインになるのでは」(シニアアナリスト・千葉研一氏 )とのことでした。

 いずれにしても、これまでPS3用ソフトの最高記録が「メタルギアソリッド4」の約71万本ですから、この記録を大きく塗り替えるのは間違いなさそう。どうせなら一気にダブルミリオンまで行ってほしいところですが、ここから先は市場の勢いと盛り上がり次第、といった感じになりそうですね。

wk_090930hibikore01.jpg 9月8日に行われたカンファレンスで「FFXIII」の発売日を発表する和田洋一社長
wk_090930hibikore02.jpg 会場には「FFXIII」プロデューサーの北瀬佳範氏や、ディレクター・鳥山求氏の姿も
wk_090930hibikore03.jpg SCE代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏も登場し、乾杯の音頭をとりました

wk_090930hibikore04.jpgwk_090930hibikore05.jpgwk_090930hibikore06.jpg

(C)2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping